本日の日記

9時過ぎに起床。

着物散歩イベントの下見へ。
池袋に行ってきました。
今日の気温は26度~28度とあって、日差しがめちゃくちゃ暑かったです。
胃が荒れているみたいで、昼ご飯をたいらげると若干の気持ち悪さが(^_^;)
午後2時に解散。

午後3時頃に帰宅。
パレード羽織の縫製。
緑と白の生地を使うんですが、緑の生地はロックミシンの糸の色を変えたいので、身頃と襠(まち)だけロックミシンのまつり縫いをほどいて、再度別の色でロックミシン掛け。
続いて縫製へ。

コンビニで軽食を買ってきて夜ご飯。
疲れたのでプリンのパフェをデザートに食べたんですが、ここでもやっぱり、気持ち悪さが(^_^;)
夜7時過ぎになりました。

お風呂に入って、そのあとも縫製。
夜12時頃に羽織の縫製が完了。
この製品は、このあとチュール生地でポンポンと、フェルト生地で背中に大きくマークを作って追加する必要があります。
依頼主さんに、土台の羽織が出来たことを報告。

さて、寝よう。
スポンサーサイト

本日の日記

10時に起床。
この1週間の怒涛の縫製作業で、指先の皮が厚くなった(°Д°)

パレード羽織に使う、チュール生地でのポンポンの作り方を確認。
必要な生地の量や、材料の候補を算出。
買いに行こうと家を出たものの、やっぱり糸の色を見るために家にある糸駒を持っていくことにし、一旦家に戻りました。

ポストを見たら、カバンの口金がようやく届いていました。
口金を交換して、通し口を縫製。
これでカバンも縫製の対応が完了!
検品表や材料の領収書を追加して、納品書を修正。
梱包して、荷札を印刷して貼り付け。
これで発送準備が整いました!
午後2時になりました。

パレード羽織の材料を買いに行きました。
チュール生地の量を間違えたけど、そのほかは色味がまあまあ良さそうな材料がそろいました。
帰りに食事。


帰宅してネットから集荷依頼を出してみると、本日分の集荷受付は終了していて、明日以降となっていました。
明日は外出するので、あさっての月曜日に集荷依頼を申請。
依頼主さんに配送日と発送番号を連絡。
夕方5時になりました。

買い物の経費を会計処理。
パレード羽織の生地を裁断。
ロックミシン掛け。
夜9時になりました。

お風呂に入って、パレード羽織の縫製を開始。
羽織はめちゃくちゃ楽だな~。
作ったことあるものを作るのは気楽でいいですね。
軟らかいので、硬いカバンみたいに生地を力ずくで押さえなくていいもんね。
するする縫えるよ~(*´∀`)
夜12時半で仕事終わりにしました。

本日の日記

11時半に起床。

ミシンをどけて、床をほうきで掃いて、カバン2個目の写真を撮影。
発送する物品を梱包。
納品書、請求書、量産価格表を作成。

1個目のバックの口金を交換したいそうですが、その口金がまだ届かない。
口金の到着を待って、交換してから発送することになりました。

メールを2通返信。
夜12時に仕事終了。

本日の日記

9時に起床。

正面の裏地をもう1枚縫い合わせ。
次に表地の正面も縫い合わせ。
底を縫い合わせ。

ここまでは順調だったんだけど、芯地が浮いているので、形が整わないことが判りました。
刺繍がある表地には金糸が使われていて、アイロンで変色してしまうので、芯地を表地へアイロン接着することはできません。
裏地なら接着しても大丈夫なので、正面を半分くらいほどいて、裏地へ芯地をアイロン接着。
うむ。やはり、芯が張られるとしっかりして高級感が出るなぁ。

ほどいていた正面を再縫製。
しかし、裏地が硬くなったのと、表地の刺繍の渡り糸がミシンに引っ掛かって、縫製の難易度が凄まじく上がったorz
渡り糸を保護するシートみたいなのが欲しいなぁ。
さっきは貼る前の芯地を使っていたんだけど、それの替わりになるものを。。
縫うときに型紙を当てて糸を押さえてみたんだけど、型紙を縫い込んでしまったので却下。
いいアイディアがひらめいて、オーガンジーを切って縫い当ててみました。
ばっちり!虫かごみたい(笑)
透けて糸の状態もわかるし、糸に触れなくて済むようになって、これは縫製が楽そう!

再度、表地と底面を縫製。
しかし、裏地や芯地が大きいのか、内側がぶよぶよな仕上がりに( ノД`)
時間があれば再挑戦したいけど、オーダーメイドの依頼がバンバンきて、2ヶ月は手をつけられそうにない。
上手く作れなかったことを依頼主さんに報告。
私の連日の努力を大いに感じ取ってくれたそうで、優しくねぎらってくれました(。´Д⊂)
涙が出ました。
丸1週間、寝る時間を減らして、遊ぶ時間も休日も無くして、指先の痛みを感じながら、手のあちこちに切り傷や刺し傷が生まれながら、ひたすら作り続けたのに、2個目の完成度を上げられなかった。
神様が与える試練は厳しい。

持ち手を付けて、明け方4時に2個目のカバンが完成。
これで一眠りしたあとは、ミシンの片付けと撮影と発送作業に取り掛かれる。

本日の日記

10時に起床。

帯の表地、裏地、それと芯地3種類を裁断。
ポリ芯という、プラスチック板みたいな一番硬い芯地は、型紙を作ってなかったので、型紙も作製。
パッケージに書いてあったポリ芯の使い方を見て、1個目のカバンで苦労した硬質芯地もポリ芯と同じように使えば楽に縫製できることに気がつきました。
硬すぎる芯地は、無理に表地と縫い合わせずに、表地と裏地の間に入れるだけでいいんだな。

裁断した生地のロックミシンに掛けて、生地端をまつり縫い。
刺繍が施してある表地の、裏側の渡り糸も、ロックミシンの縫い目にきれいに入れ込むコツをつかみました。
これで刺繍の耐久度が上がる!

一番軟らかい芯地はアイロン接着。
襠(まち)とファスナーを縫製。
2個目のカバンはほとんどの部品が長方形になったので、すんごく縫いやすい!
私が忙しいのを汲んで、形を変更してくれた依頼主さんに感謝です。

一面に刺繍が施されている帯の表地をつかってカバンを縫うとどうなるのかが1個目の試作で判ったし、芯地の扱いのコツもつかめたし、縫いやすい形だし、ワイヤーとかの面倒な小物も無いし。
1個目に比べて、4分の1くらいのスピードで縫い上がりそうだな。
納品日の金曜日に間に合わないかも知れないと思っていたけど、この分なら充分に金曜日に発送できそうだな。

夜6時から夜ご飯へ。
今日も、お店に着いて席に座ったら、どっと疲れがorz
しかも今日は、ご飯を食べても元気は沸いてこなかった。
夜7時半に帰宅。

ファスナーを縫い付けた布は、幅の寸法を間違えていたことに気がついたので、型紙を修正して、要らない部分をロックミシンで切り落としました。

日記を書いて、お風呂へ。
夜10時半になりました。
疲れていて今すぐ寝たいんだけど、できるだけ作業を進めて発送を前倒ししたいから、このあとも深夜まで作業がんばる。

襠(まち)とファスナーを縫い合わせ。
正面の裏地1枚と、側面を縫い合わせ。
もう1枚あるんですが、夜1時になったので、今日はここまで。

本日の日記

9時半に起床。
昨日の深夜の手縫い作業で、指先が圧力疲れしてるわー。
ものを指で押したり、つまんだりすると、じーんと痛みが。

ファスナーの開閉を試して、昨日の夜に縫い付けて継ぎ足した布は、無いほうがいいなと感じたので、取り去りました。
私の夜中の作業時間2時間分が無に帰したけど、開発段階の試作だから、そういうこともある。
依頼主さんに継ぎ足し布をやめたことを連絡。

手順に沿って、ファスナーの端に小布を縫い付け。
持ち手を1ヶ所縫い直して、完成。

白い壁のところに、白っぽい布を敷いて、スマホで製品写真を撮影。
ラインのアルバムで、依頼主さんへ画像を送信。

カバンを透明袋に梱包。
散らかっている型紙・布くず・ミシン・撮影で移動した物品を片付け。
このカバンの試作に掛かった時間を計算してメモ。
昼夜丸3日、18時間でした。

次のカバンの型紙を机の上に用意。

休憩を兼ねて食事へ。
座って、ドリンクバーから持ってきたオレンジジュースを飲み始めると、どっと疲れが。
久しぶりの6時間睡眠だしなー。

食後に日記を執筆。
うわ、雨が降ってる!
家を出てくるときは降ってなくて、道も濡れてなかったから傘を置いて来ちゃったよ。
今日は寒いし、疲労体だし、濡れて帰ると風邪ひきそうだな~。
でも作業時間が足りないからここでのんびりしている訳にもいかないな。
走って帰るかorz

夕方4時半に帰宅。
小雨に濡れながら1キロくらい走ってきたけど、意外と元気w
むしろ、朝より夜のほうが元気にww
食事のメニューが良かったのかしら?

2個目のカバンの型紙を転写。
依頼主さんの仕様変更メモを確認。
メモをもとに、型紙を描き変え。
夜8時頃からは依頼主さんとラインで直接相談して、認識合わせと細部調整。

描き上がった型紙は依頼主さんにも送るので、転写して、もう一部を作製。
1個目のバックで、寸法を変えたいファスナー布の型紙も描いて複製。
夜中3時過ぎに仕事終わり。

本日の日記

9時に起床。

カバンの縫製の続き。
ファスナーを縫い付け。

もう一つのカバンのほうは、形が変更になりました。
時間足りるのか焦りがつのる。。

芯地が固くてミシンの押さえ金が入っていかないのと、ファスナーの付き方を勘違いしたのとで苦労しました。
本体部分の縫製が終わりました。
夜6時になりました。

食事へ。
銀行で記帳して、夏物羽織の入金が来ていることを確認。

夜8時少し前に帰宅。
カバンに持ち手を縫い付け。
これも結構難しい。。

ワイヤー口金を挿入。
しかし、収まってくれず、端が飛び出てしまいました。
口金を入れる部分に布を継ぎ足して内包してみたけど、そうしたらファスナーの端が閉まらなかった。
夜中3時になって、今日はもうギブアップ。

本日の日記

9時半に起床。

カバンの生地端にロックミシンを掛けました。
刺繍の裏の渡り糸が若干固定されて、少し安心。
今回は芯地をアイロン接着しないので、芯地と表地の周りを縫い合わせて張り付けました。

夕方に材料第2弾が届いたので、依頼主さんに連絡。
届いたファスナーや取っ手は複数の色があるので、どれを使うか、写メを撮って選んでもらいました。

依頼主さんがくれた縫製の手順書に沿って、マチの部分にも芯地を張って縫製したんですが、芯地が固すぎて、あとで裏返す作業ができなさそう。
そのことを依頼主さんに連絡。
マチの部分は、私の手元にある、柔らかい芯地に替えることになりました。
縫製をほどいて、固い芯地を剥がして、柔らかい芯地をアイロン接着。
再度縫製。今度は裏返しできそう。

夜11時に今日の仕事を終わりにしました。

本日の日記

8時半に起床。

カバンに使う、中古の着物帯2本を、使う長さまで分解。
帯を分解したのは初めてです。
刺繍の渡り糸が何十本も走っているんですね~。
片方は芯地が入っていて、もう片方は入っていませんでした。
なるほど、そういう仕様の違いがあるんですね。
芯地は汗が染みたらしく、黄ばみがたくさんありました。
ほほう。芯地が入っていると着ていて暑いだろうから、黄ばみになりやすいんですねぇ。

片方の帯で、裏地を裁断。
同じ帯で、表地も裁断。
表地は、柄の位置と型紙の大きさのバランスが悪くて、予定とは異なる場所で採ることになりました。
それについて依頼主さんにラインで確認を取りながら進めました。
また、渡り糸の処理をどのようにすればいいかも依頼主さんに聞きながらやりました。
幸い、返信がすぐに来るので、ほぼリアルタイムに作業と確認を進めることができました。

昼間、カバンの材料 第2弾 が届きました。
夜に芯地を裁断し始めてから、芯地の量が注文した内容と違っていることに気がつきました。
依頼主さんに写メを送りながら、届いた物品をひとつひとつ確認。
芯地以外の材料は合っていました。

芯地は、材質は合っているので、このまま裁断を続行。
夜11時に、カバン1個分の芯地裁断が完了。
今日の仕事はここまで。

夕方に、夏物羽織のお客さんから、製品を受け取った連絡が来ました。
出来栄えをすんごく喜んでくれました\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
会社員の頃に、作業を無事に成功させて、お客さんが大喜びしてくれたときのことを思い出したけど、そのときよりも、今回のお客さんの喜び方のほうが段違いに大きくて、この仕事は幸せだなと感じました。
喜びのあまり、もう代金の振り込みまで済ませてくれたんだそうです(笑)

本日の日記

8時に起床。

夏物羽織の納品書、請求書、取り扱い表示書、配送荷札を作成。
撮影をもう一度やって、梱包して、発送。
集荷サービスを使おうか迷いましたが、受け取り日時までさほど時間がないので、営業所へ持ち込みにしました。
自転車で往復40分で行ってこられました。
営業所で梱包用の袋も買い足して、いい感じ。
依頼主さんに配送番号を連絡して完了。

カバンの型紙修正。
依頼主さんからもらった型紙の、仕上がり線を転写して、縫い代を記入。
その作業のさなか、依頼主さんから業務連絡の長~いメールがきました。
読んで、返信。
このメールの対応に2時間くらい掛かりました(^_^;)

夜6時に帰宅。
カバンの依頼主さんがラインで連絡をくれたので、縫い代のことや、生地の向きなど、仕様を調整。
型紙の修正を行って、夜9時に仕事終わり。

これからお風呂に入って、のんびりします。
プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示