FC2ブログ

本日の日記

朝6時半に起きて、7時半頃に出発して、フリーマーケットへ。
スーツケース1つと、リュック1つと、貴重品を入れた小さい肩掛けポーチ1つです。
10年ぶりくらいにリュックを背負いました。
予想通り、スーツケース持ちのときはリュックが楽ですね。
お昼ごはんもすでに購入済みなので、会場に着く時間を早めることができました。
前回はもっと遅かったので以外と混んでいたんですけど、さすが日曜の朝7時半~8時半では道も電車も空いていて、移動が楽でした。

ブースの展示方法は、前回は全面に敷物を敷いて、靴を脱いで過ごしていましたが、今回は敷物は半分だけにして、靴のままにしてみました。
靴を脱いでいるとブースより外側に行くのが面倒になりますが、履いたままなら敷物をまたぐだけでいいので、行動しやすくなりました。
今日はずーっとブースに居ましたが、いずれはブ自由にトイレに行ったり、飲み物を買ってきたりしようと思います。

帽子掛けには、前回は看板商品の青い退廃柄を中心にしていましたが、今回は中高年に人気の洋風タグ柄を持ってきてみました。
日本人の中高年だけでなく、欧米人の男性にも好評でした♪
横の床面には、ロンドン地図柄を広げて置いて、たもとにチラシをはさんでおきました。
帽子掛けの洋風タグ柄と、床面のロンドン地図柄の浴衣がお客さんの目に入るので、白人の男性さんが英語で「いい柄だね。ストリート・ジャパネスクか。」と言ってくれました。

前回は商品を眺めていたお客さんたちにはこちらからはほとんど何もしなかったんですが、今回はチラシを渡しまくりました。
気候が良くてお客さんも心が緩んでいたせいか、比較的受け取ってくれました。
20枚くらい渡しましたかね。
チラシは夏への布石になりますからね。
もらってくれた枚数が多いほど将来の可能性が増えると考えています。

帽子掛けの上部にもチラシを1枚貼ってみました。
男性でも視線に近い位置にチラシがあって目に入りやすいのと、スタイリング案の写真が3種類載っているので、イメージをつかみやすくなったようです。

浴衣と、その帽子掛けのチラシをきっかけにして、ステージ衣装をオーダーメイドしたい、という女性と出会いました。
中年の日本人女性で、アメリカのライブ喫茶で歌を唄っているそうで、何か日本らしいものを一つ取り入れたいと思っているそうです。
そこのステージでは落ち着いた曲がウケるそうですが、ずーっと落ち着いた曲ばかりではクライマックスに向けての盛り上がりに掛けるので、ロックなどのテンポのよい曲を若干入れるんだそうですが、衣装が落ち着いた曲調に合わせてアロハ色のそでなしワンピースやロングドレスなどを着ているので、ロックの曲調が合わなくて困っているそうです。
そんな折、ふらっと寄ったこのフリーマーケットで、ストジャパの浴衣と、ハードロック風のライブステージ衣装写真を見て、ヒントをつかんでくれたようです。

中年体型になってお腹が出てきたのを隠したいので、丈はひざくらいまで、そで無しで、ストジャパよりも女性らしい柄で、着物や浴衣のような衿があるもの、という話になりました。

私からはチラシと名刺を渡したので、あちらからは容易に連絡がつくんですけど、あちらからはお名前とメールアドレスをいただいたので、私から連絡するには今のところはメールしか手段がありません。
で、そのメアドも、@のうしろはホットメールだから、と言われて、うっかり最終尾を確認しそこなってしまいました。
テストメールを送った結果、少なくとも .com と .ne.jp で同じメールアカウントが存在するようですorz
確実に本人へ連絡できる手段がない状態です。。失敗したわ~。。

カタカナ表記とアルファベット表記の本名を頂いたのと、フェイスブックと LINEと Skypeのアカウントを持っているそうです。
アメリカでの活動拠点はアトランタだそうです。
お互いスマホで写真を撮ったので、顔もわかります。
スマホからの検索では見つからなかったので、パソコンで調べまくるしかないですね。
あちらから連絡がくれば幸いなんですが、こなければこの案件は無くなることでしょう。
次に同様の機会がきたら確実に連絡手段を1つ以上確保して、予備の連絡手段も聞いとくようにしよう。

ちなみに、隣のブースは、パラグアイ出身の中高年女性でした。
名前や連絡先はもらっていませんが、私が勝手に商品の配置をいじらせてもらったら、その再配置した商品が売れて、喜んでいたので、今後もお会いしたら覚えてくれていると思います。
例によって私からは名刺を渡しておいたので、何かあれば名刺が役に立つでしょう。

てゆーか、本業の仕事のとき以外では名刺を持ち歩かない人って多いんですね。
フリーマーケットとか、懇親会とか、仏事とかで名刺を渡すと、相手側の名刺が出てこないことが多いです(笑)

さて、こういう感じで、4月のフリーマーケットは前回よりずっと良かったです。
暴言も無かったですし、お客さんの反応が温かいか冷たいかは気候に比例するのかなと思いました。
とりあえず、これでフリーマーケット恐怖症にならずに済みそうです(*´.`*)

やはり、家にこもってネットだけで宣伝するのは限界があるし、東京ビッグサイトでのイベントとは違って「偶然イベントを発見してふらっとのぞいてみた」客が多数を占めるし、お客さんや近隣のブースとの心の距離も近くて人脈を広げやすいので、ここの東京国際フォーラムでのフリーマーケットは出る価値がありますね。

本日の日記

旅行会社さんが航空券の案と見積りをメールしてくれたので、パリを経由してなるべくジャパンエキスポ用のツアーに沿う形の案を採りますと返信しました。

そのあと法事へ。
夕方に帰宅。
帰りがけにコンビニで明日の昼ごはんも買ってきたので、明日のフリーマーケットの準備も万端。
今日は神社の寄席がありますが、さすがに行かないことにしました。
ゲームして遊んで寝ます。

04/08のツイートまとめ

Ko_Oogi

ドルもユーロも安くなっちゃって値札作り直しやんけ
04-08 14:58

本日の日記

昨日の外出の交通費と、回収したスカート修繕代金などを会計処理。

そのあと、フリーマーケットの荷造りをしました。

ジャパンエキスポに発送しているので、手元にある在庫はかなり少ないです。
浴衣は3種類、風呂敷は1種類だけです。

フリーマーケットでは机を用意していないので、ポストカードの販売には向きません。
先月の時にはスタイリングを紹介するのにほんの少しだけポストカードを利用したので、ポストカードのサンプルと、製品版を各1枚ずつだけ持っていくことにしました。
前回の5分の1の量です。

たまたま在庫の浴衣が1月の頃とだいたい同じラインナップだったので、1月のイベントで使った商品一覧の看板を持っていくことにしました。
その看板にポスター商品の事が載っているので、ポスター製品も持っていくことにしました。

この1ヶ月間で円高が進んで、ドルは 10円、ユーロも 5円くらいレートが変わってしまっているので、再計算して値札を作り直しました。
前回はレンタルについては円表示しか書いていませんでしたが、外貨の分も書きました。
サイズの在庫を書いていたのはやめました。
文字の量も減らして、値段を大きくしてみました。

床置きだし、中高年は大きい文字でないと金額が見えない、とのことですが、うちの浴衣はフリーマーケットで売るには1ケタ多い金額なだけに、値段を大きく書くのが果たして吉と出るのか、凶と出るのか、まさに実験ですね。

看板類は、前回は重りを持っていって倒れないようにしていましたが、風が吹かなければ倒れないし、軽いし小さいから、倒れてもまた起こせばいいや、と思ったので、看板用の重りは無くしました。
そのかわり、帽子掛けはスタッフさんが重りを置いていたので、帽子掛け用の重りとして、水の入った 2Lペットボトルを1つ持ちました。

前回は空の状態で持っていって、会場のトイレで水を入れていましたが、洗面台がそんなに深くなくて半分くらいしか入らなかったので、今回は充分な重さを確保するために、始めから満タンの状態で持っていくことにしました。

最終的に、フリマ荷物は前回の3分の2程度の重量になりましたかね。
先月はいろいろ辛かったので、身軽になって気楽にこなせるようになりたいですね。

それから、大きめの肩掛けカバンを持っておらず、コンビニで買うお昼ごはんが入らなくて毎回面倒なので、海外旅行も見据えてカバンを買いに行きました。

先月にカバン売り場を見たときは少ししか種類がありませんでしたが、4月になって行楽シーズン商戦になったらしく、カバン売り場が店頭に来ていて 2.5倍くらいに拡充されていました。
ちょうどいい時期に来たわ~。

理想的なカバンを見つけることができました!
肩掛け、手持ち、リュックと3通りの持ち方ができるカバンです。
販売イベントのように、日本国内でスーツケースを押しながら移動するときはリュックがいいですね。
海外旅行ではリュックはナイフで切られると聞くので、肩掛けで前面に持つ予定です。

04/07のツイートまとめ

Ko_Oogi

国際商標登録出願の助成金説明会に行ってきた。ちょっと元気でた。
04-07 17:43

本日の日記

肩はちょっとずつ良くなっているので、あともうちょっと。
朝は肩をほぐしながら、午前11時頃に起きました。

そのまま外出着に着替えて、ごはんを食べて、外出。
国際商標出願の助成金説明会に行ってきました。
私は応募資格を満たしていることや、商標の場合は助成の申請が却下される事例は少ないことを聞いて、少し元気が出ました。
助成金申請の前に事前相談が必須だということや、商標登録が行われたあと、国を追加するときにもこの助成金が使えることなども知りました。

夕方5時に説明会が終わり、近隣で夜ごはん。
そのあと、実家に行くついでに、秋葉原を末広町まで歩いてみました。
秋葉原の中央通りを散歩するのは久しぶりです。
外国人がすごく増えましたね~!
見た目で判りやすい欧米系だけでも3割くらいいますかね。
そして見た目では判りにくいアジア系の人たちもいるので、歩いている人の実に5割くらいが外国人なんじゃないでしょうか。

カメラを片手に、街を散策しながら、時折、秋葉原のまちの風景を写真に撮って歩いている外国人旅行者がいたり。
スーツケースを脇に置いて道端の地図を見ている人がいたり。
地下鉄で駅員さんに英語で尋ねたあと、流暢に「ありがとうございます」と言って、来た電車に飛び乗る人がいたり。
微笑ましいです(*´ω`*) 観光立国っていいですね。

実家に行って、修繕したスカートを置き、代金を受け取りました。
妹は残念ながら帰宅が遅くなるとのことで会えませんでしたが、父母や弟と楽しくしゃべりました。
実家の猫も食欲が落ちて痩せたと聞いていたんですが、キャットフードをシニア用に変えたら食欲が戻って、体重も戻ってきたそうです。よかった。

母が渡航費用をカンパしてくれました!
イスラエルは商談に持ち込める可能性が薄いので、お金を掛けて旅行する価値があるのか自分でも疑問があったんですが、これで自信を持って行くことができます。
神様からイスラエルに来なさいと言われているんじゃないかと思うと泣けますね。

申し訳ないけど、今は、どんなに温かい言葉よりも、どんな励ましの言葉よりも、収入が一番自信になります。
今回はお小遣いだけど、今年中にちゃんと売上による収入を得たいですね。

本日の日記

午前10時頃に起きて、洗濯して、ミシンを片付けて、机の上がすっきり。
3月のフリーマーケット以来、自信をなくしているので、新作の浴衣を縫製して自信を取り戻したいんですが、月曜まではまとまった時間が取れないので、別の作業を。

5月のイベントでは夜に名刺交換会があり、自分の活動を紹介する冊子(ポートフォリオ)を持参すると良い、と言われました。
私にとっては、フランスのジャパンエキスポの期間中にも出展者同士の交流会があるので、いまポートフォリオを作っておけば、フランスでも役に立ちます。
イスラエル旅行中も、相部屋だった人に自己紹介するのに使えますね。

今日はそのポートフォリオの構成を考えました。
名刺交換会は立食パーティー形式だそうなので、その最中に回し読みしてもらえるよう、B6 サイズの冊子にして、文字での説明はほとんど入れず、写真を中心とした、ストジャパのカタログにしようと思います。

原寸大の紙でデザインの下書きをして、ページ数を振ってみたら、26ページになりました。
片面印刷で山折りのページでは分厚くなってしまうので、両面印刷ですね。
ホームセンターの文房具売り場を見たら、冊子を綴じられるホチキスがあったので、購入しました。
紙も買って、あとはイラストレーターで原稿を作るだけ。

なんですけど、午前中からどんどんやる気が下がっていって、買い物から帰ってきて昼ごはんを食べたあとは、完全にやる気がなくなりました。
こんなふうにポートフォリオをがんばって作っても報われないんじゃないかという気分になってきてしまいました。
3日前に寝違えて肩が痛いので、それでネガティブ思考に陥っているんだと思われます。

気分転換が必要ですね。今日はもうきっぱりやめて、遊ぶことにしました。
そういえば2月3月忙しくしていたので、休日らしい休日は2ヶ月間取っていなかったのか。
理想は月一で休日を設けることなんですが、なかなかそうはいかないですね。

本日の日記

営業の電話が掛かってきました。
商工会の広報サイトを見て電話して回っているそうで、ホームページの開設サービスや、ホームページの反響を向上させるサービスなどを扱っている業者さんだそうです。

私の事業所はホームページからの問い合わせはまだないですけど、ホームページ自体を大々的に打って出るのではなく、イベントや展示会にこちらから出向いて行って、興味を持ってくれた人にホームページを見てもらう、という導線にしている、という旨を話したら、出る幕はないなと察してくれたようで、すんなりと引き下がってくれました。

さすがに商工会のリストから連絡していると告げているだけあって、やりすぎると商工会からクレームが行くのかも知れませんね。
今日の業者さんは、品格のある応対で柔らかく引き下がってくれたので、不快な思いをせずに済みました。

とはいえ、経営は手探りなので、こういう営業がくると、ホームページの集客力を向上させないと行けないのかな、でもそのために毎月1万円も支出するべきなのか?と、不安になります。。

ネットの発信力にお金を掛けるかどうかは、今年のジャパンエキスポの成否次第ですね。
販売イベントや展示会の出店費用と、ネット宣伝の費用と、どちらがコストパフォーマンスがいいのか、今年の成果を踏まえて来年に考えていこうと思います。

スカートの修繕はなんとか出来ました。
直すのって難しいんですね。思ったほど巧くできませんでした。
いわゆるお直しやリフォームって、一から作るのとは異なる技術なんだなと解りました。
お客さんに修繕の分野でも満足してもらうには、自分はもっと修行が必要だなと実感しました。

本日の日記

旅行会社さんに日程をFAXしました。

スカートの補修。
レース生地を表地に縫い付けて、裏地も縫い付けました。
しかし、ウエストにゴムが入っているんですが、生地を縫い付けた縫い代が伸びないため、ウエストのゴムが伸びず、履けなくなってしまいました。
伸びる糸で縫えば解決するかも?
ということで、伸びる糸を買いに行きました。

そのあと夜ごはんを食べて、ベルギーの友人に、フランスとイスラエルに行く日程が決まったことを伝えました。
そしたら、もし旅行中に何かあったら連絡して、と電話番号を教えてくれました。優しい!
彼はベルギーのリエージュという街に住んでいますが、ブリュッセルもテロに遭って、ブリュッセル空港がほとんど閉鎖されてしまっているし、私が行くパリも昨年テロに遭っているので、ストライキやテロなどで突然立ち往生する可能性がないとは言えません。

もともと、彼とは共通の知人を介して知り合ったのですが、その知人が彼と出会った経緯も、知人がリエージュを訪れた際にストライキで交通機関が止まり、途方にくれている日本人がいるのを見かけて、ベルギーの友人が助けてあげたのがきっかけだったそうです。

交通や治安の件だけでなく、フランス語が解るので、その点でもありがたい存在です。
彼は日本語はほとんど話せませんが、現地語が英語に訳されるだけでも、受け手はずいぶんと楽になります。

フランス語はまだアルファベットなので調べやすいですけど、ヘブライ語で使われているフェニキア文字とか、ロシア語のキリル文字とか、アラビア語とか、それこそ日本語とか、アルファベットじゃない言語では本当にお手上げなので、そういう国に行くと英語のありがたみが染み入ります。

ベルギーの彼いわく、日本の田舎を旅行しているときは平仮名とカタカナが読めないとどうにもならないそうなので、日本の田舎巡りでは相当苦労していそうだなと思いますw
それでも懲りずに毎年田舎巡りに着ているので、日本はどこにでもたくさん魅力があるんでしょうね。

夜はフィギュアスケート。
今日はエキシビションでした。
これで世界選手権が終わりましたね。
自宅周辺も都心も桜が満開ですし、名実ともに新しい季節になったなと感じてきました。

04/03のツイートまとめ

Ko_Oogi

今日の女子フリー凄かった!!そしてメドベージェワさんのセーラームーンで今日一番の鳥肌が立った…(((°Д°;))) ありがたいけど変な汗が出たw
04-03 21:56

RT @AlexAbian: Blooming Sakura in Shakujii river (石神井川) 03-04-2016 #tokyo #japan #sakura #news https://t.co/WoFG2daIqP
04-03 21:57

本日の日記

旅程のエクセル化がすんなり終わりました。印刷して完了。
続いて、飛行機の便や宿泊するホステルの名前などを、旅行会社さん向けにまとめました。
FAXしようとしたら、日曜だったので旅行会社さんはお休みだったらしく、送信失敗していたので、明日再送します。

次は、修理を頼まれた妹のスカートの修繕に取り掛かります。
アメリカで買ったスカートだそうで、レース生地を裏地として使っているという、日本では見掛けないような構成のスカートです。
レースが摩擦に負けて、ウエスト周りから何ヵ所か破けています。
修繕方法としては、レース生地を一旦外して、ちゃんとした裏地の生地で「見返し」という部品を作ってレースのウエスト部分を補います。

ほつれ止めのロックミシンがほとんど施されていなかっため、縫い代からほつれた糸がかなりの量で絡みついていました。
幸い、慎重に糸を抜いて、レース生地をきれいに外すことができましたが、もっとほつれ止めがしっかりされていれば、もっと楽に外せたのにな、と、修繕する側としては不満です。

夜はフィギュアスケート観戦。
今日の女子フリーは素晴らしい出来栄えの演技だらけで、今週末一番の見ごたえでした。
男女共に3枠を確保できてよかったですね。
女子も日本勢は順位ではもう一歩ではありますが、みんな今までで一番良い演技をしていて、晴れやかな笑顔をしていたので、温かい気持ちになりました。
アメリカ勢、ロシア勢も素晴らしくて、何度も感動しました。
いい試合でした。

04/02のツイートまとめ

Ko_Oogi

RT @mishageofficial: Meet Shoma in corridor after his FP and gave him a hug with words "good fight" ✊🏼
04-02 21:37

本日の日記

イスラエル旅行の日程のラスト2日と帰路の飛行機などを調べて、ついに旅行の行動日程案の第一稿が完成!
使う航空会社や経由地などは候補を2つずつ挙げて、旅行会社さんと相談しながら決めようと思います。

シャーペンでずっと手書きしていたので、エクセルに起こし始めました。
バスに乗ったり、食事したり、その都度必要になる経費も最大限に書き込んできましたが、 やはりフリーフォーマットで手書きしているとあちこち抜けてます。
エクセルにすると行と列と升目があるので、あ、ここの金額の部分が埋まってなかったか、というのが判って良いですね。

地名もその都度つづりを確認しながら書いているので、ふわふわした字体になって読みづらかったので、パソコン文字になって見やすくなりました。

バスの部分や鉄道の部分なども、バス会社ごとに色分けできるので、圧倒的に見やすい!

旅程の3分の1ほどエクセル化できました。

夜はフィギュアスケート観戦。
男子フリープログラムですね。
開催地の地元、アメリカ勢が今日も好演技を繰り出してきましたね。
羽生選手は今年も銀メダルとなり、我々観戦側も悔しい気持ちを今年も味わいました。

でも、羽生選手以上に、そのあと滑走した宇野選手の茫然とした表情と涙のほうが印象的でした。
「今まで頑張ったときは思った以上の成果が出てきたんだけど、頑張って結果が出なかったのは今回が初めて」とのことで。
フィギュアスケートに限らず、人生には往々にしてあることだと思います。
私もこれまでの自分の人生で、頑張っても結果が出なかったり、みじめな思いをしたことが何度か思い当たります。
初めて体験するなら戸惑うのは当然だと思います。

現代人は映画やマンガなどで、苦しんでも頑張って最後に報われるというストーリーを見馴れていますから、現実はそうではなく、頑張っても報われるとは限らないという出来事に出くわすと、平常心と自信を取り戻すのに非常に苦労します。
それを何度も繰り返していくのが人生なんだとこの一年で悟りました。

04/01のツイートまとめ

Ko_Oogi

デザインフェスタ5月14日(土)の夜に開催される名刺交換会に参加します。どうぞよろしく。金髪なので比較的探しやすいかと思います。
04-01 13:36

RT @Gotomi_fw: 【Street Japanesque】 4月10日ベストフリーマーケットin東京国際フォーラムに参加します。ブース番号は 10です。有楽町駅側ですね。 3月は寒かったから暖かいといいなあ。
04-01 13:54

RT @Gotomi_fw: [Street Japanesque] I will participate at The Best Frea Market in Tokyo international forum, on April 10th. My booth numb…
04-01 13:54

RT @Gotomi_fw: 【Street Japanesque】 5月14日(土)-15日 デザインフェスタのブース番号は C-211です。西2ホールです。
04-01 13:54

RT @Gotomi_fw: [Street Japanesque] My booth number is C-211 at The Design Festa 43 on May 14-15, Sat-Sun. It is in the west hall 2.
04-01 13:54

本日の日記

今日から新タイトルです。
味気ない感じもするけど、日常のなかの一日なんてそんなもんです。

昨日の夜に5月のデザインフェスタの通知が着ていたので、さっそく展示備品のレンタル手続きをして、知人にブース番号を連絡しました。
ツイッターやフェイスでもブース番号を投稿。
3月は忙しくて広報作業をほとんどやれていなかったので、久しぶりの投稿でした。

立川に行き、妹のスカートを補修するための裏地を購入。
レストランでおやつを食べたかったんですが、ちょうどお昼時で行列ができていたので、あきらめてささっと帰りました。

帰宅後は、イスラエル旅行の行動日程作成を再開。
イスラエル国内では鉄道や路面電車はあまりなく、バスが主な移動手段になります。
旅行ガイドブックにはバス路線図が付いてないので、グーグルマップでバス停とそこを通るバスの系統番号を探して、バス会社のホームページからその系統番号で路線図や時刻表を探しながら、移動ルートを決めています。
このバスの経路を探すのにけっこう手間が掛かるので、半日かけて日程作成をしても 1.5日分くらいしか進みません。
それでも、残り3日分くらいになってきました。
長い旅程だなと身に染みてきました(笑)

夜はフィギュアスケート観戦。
ミスが少ない好演技が多かったので、見ごたえがありました。
ようやく自分にも、普段のフィギュアスケート観戦をしている週末の感覚が戻ってきました。

ちょうど1年前の今日からフリーランサーとしての生活が始まったわけですけど、感慨深さとかは意外とないですね。
1年前がずいぶん昔のことのように感じます。
フリーランサーになってから「拘束されている時間」がほとんど存在しなくなっているので、会社員をやっていた頃よりも、時間の進み方が遅くなりました。
会社員の頃は、1週間も、1ヶ月も、1年も、あっという間に過ぎていて、お金の心配が少ないかわりにクリエイターとしては大して活動できないまま時間が過ぎてたんですけど、今は1年が当時の5年分くらいの濃さで進んでいるかな。

すでに来年度の予算を半分くらい使ってしまいそうな勢いなので、このまま来年の末くらいにお金が尽きてフリーター生活になるのかなという予感がしている今日この頃です。
イスラエルを旅行している場合なのか?と思うこともあります(^_^;)

中高年になって身体的な理由でファッションデザイナー業がやれなくなったら神主になろうと思っているので、イスラエル旅行はそのときに何かの役に立つだろうと考えています。
ただ、わざわざ収入がない今の時期にやらなくても、という考えもちょいちょいよぎります。
私は猪突猛進タイプなんですかね。昔は臆病タイプだったので、勇気が持てただけ成長しているけれども、思い込んだら修正が利きにくい不器用な人間になったのかなとも思います。

特に、お金の使い方が下手です。
ご縁という見えない付加価値があるだろうと期待して、価値の安い手段ではなく、あえて高いほうの手段を使ってしまいます。
商人の素質はないですねぇ。
素質ないですけど、それでも、できるだけ賢く、できるだけ自分のそういった性格に素直な形で、自分らしい経営をやってみるしかないなと思っています。
プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになったゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなくデザイン画を描いていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後、メンズ向けのカジュアル和服ブランド「ストリート・ジャパネスク」を始めました。

2015年にIT業の会社を退職し、個人事業主のファッションデザイナーになりました。起業後2年ほどはブランド運営をメインに活動していましたが、現在は、ブランドのほうはほぼ在庫発送のみです。

現在のメイン業務は、オーダーメイドでの衣服の作製です。和服・洋服・メンズ・レディース問わず対応しています。デザイン/型紙(パターン)作製/縫製を1人でやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示