11/29のツイートまとめ

Ko_Oogi

デザフェスかあ。このままいくと忙しくて春のデザフェスは出られそうにないな
11-29 18:19

スポンサーサイト

本日の日記

10時に起床。
商談で話したい項目がたくさんあるので、付箋に書き出しました。
テーマごとに配置して、それを商談事項の記入シート形式にまとめました。

12月から洗濯表示が変わるので、浴衣の材質や取り扱い方法を紙にまとめた物を商品と一緒に添えたほうがいいなと思ったので、ドライクリーニングの手法を調べながら、表の形にまとめました。

昨日貼ったサイズ表のシールも、透けない紙シールのほうが良さそうなので、紙シールに改めて印刷して、透明フィルムシールの隣に貼ってみました。
うむ、やはり透けない紙シールのほうが見やすい。

午後4時半に書類の印刷が完了。
ここまで万全に準備できるのは珍しいです。
あとは荷物を入れるだけ。
カートに入りきるといいなぁ。
スーツケースは広い場所で広げないと取り出しづらいので、狭い所でも出しやすいカートにまとめたいなあ。

ポケモンGOを持って夜ご飯。

本日の日記

起きたら朝9時でした。
もう郵便局は開局しているので、朝ご飯を食べずに、荷物を持って自転車で本局へ。
ネットショップさんに送る生地見本をゆうパックで発送。
特許印紙を買って、昨日作った台紙に貼り付けて、書留で特許庁へ発送。
帰り道にスーパーに寄ったときに、隣にホームセンターが併設されているので、印刷用紙の売り場を見てみました。
ちょうど使いたかった印刷用紙や、両面用紙、さらにはラベルフィルムなんていう物もありました。
個包装した浴衣の裏側にサイズ一覧表を貼り付けたかったので、ラベルフィルムはすごく良さそう。
あと喪中ハガキも売っていたので、それらを購入。
食品スーパーのほうでアッサム紅茶を買って帰宅。

洗濯機を回して、昨日作った卸価格表をさっそく買ってきた紙に印刷しつつ、朝ご飯。というか午前11時なので昼ご飯?
卸価格表をホチキス留めして、洗濯物を干して、サイズ表の作成へ。

各サイズと対応する身長の表を作成して、ラベルフィルムに印刷。
カッターで大きさを調えて、見本品の裏に貼ってみました。
透け過ぎていて見づらかったので、表のセルを色付けして、再度印刷・貼り付けしてみました。
今度はまあまあいい感じ。
透けないほうが見やすいということが判ったので、普通の白い紙ラベルでもいいかなと思いました。
商談相手の店舗さんにどちらが好きか聞いてから決めよう。

注文を受けた時に記入する発注書をサクッと作って印刷。

ライバルとなる原宿のメンズ着物ブランドさんの商品一覧と店舗地図などをブランドさんのホームページから印刷。
商談相手の人たちに商品やサービス体制を比べてもらって、彼らの販売戦略に活かしてもらうための情報提供です。
ライバルブランドさんが出しているアクリル樹脂の透明下駄なんかはうちでは製造不可能だしね。
小売り価格帯ではうちのほうが商談相手さんに近いので、浴衣はうちで仕入れてもらい、そのほかの装具はライバルブランドさんから仕入れるとかでもいーと思う。

来年8月いっぱいまでの簡易カレンダーを書いて、週単位の大雑把なスケジュールを記入。
製造日程などを相談するためのものです。
商談相手さんが見たがっている迷彩柄の浴衣は縫製済みの在庫がほとんどないので、注文が入ったら縫製に明け暮れることになりそう。
冬物を出したいというネットショップさんや、春の展示会の準備などとの折り合いを上手くつけなくてはいけないかもしれないな~。

思いつく限りの商談用品がすべてそろったので、ポケモンGOを持って夕食へ。
食事して店内で日記を記入。
あと何が必要で、何からやるかをじっくり考えよう。

本日の日記

9時半に起床。

審査が終わった商標を登録してもらうための印紙貼り付け台紙を作成。
これは紙っぺら1枚で、今までの出願書類の書式をほぼそのまま使い回せるので楽勝。

そのあと、商談用の価格表を作成。
これまでジャパンエキスポ用に作ったやつを使い回していたんですが、ユーロの行を無くして、商品写真を紙面3分の1くらいまでデカデカと拡大して、生地の柄が分かる画像も追加して、全体的に見やすくしたものを作り直しました。
それと、帯が追加されているので、帯の原価と卸値・小売り値を算出して価格表に追加しました。

丸1日格闘して、かなり見やすくて紙面デザイン的にも良いものができました。
やっぱり、見てテンションが上がってくれるような資料のほうが商談も多少成立しやすくなるだろうし、お客さんに「良い買い物をした」と思ってもらうことがその後につながるだろうし。

フィギュアスケートのエキシビションも少しは見たいなと思ったですけど、放送時間を間違えていて観られませんでしたw

本日の日記

朝9時に起床。
冬物用の見本生地に裏地を縫い付ける作業を進めて、午後は創業セミナー。

帰宅したら夜ご飯を食べて、見本生地の作製をしながら、フィギュアスケートを垂れ流し。
本当は酒を片手に全部観戦したかったんですけど、作業にいそしんで、羽生選手のところだけ観ました。
午後9時頃に見本生地が完成。

お風呂に入ったあと、見本生地を梱包して、夜12時に発送準備も整いました。
ちなみに、特許庁から郵便が来ていて、ついに商標出願の審査を通過したとのことです。やった!
明日登録のための書類を作成しよう。
日記を書いて、ミシンを片付けて寝ます。

本日の日記

10時に起床。

商談の準備をやろうかと思いましたが、冬物開発の生地見本をさっさと送ってネットショップさん側で実用化するかじっくり考えてもらうほうがいいなと思ったので、今日は生地見本を作ることにしました。

生地を半分に折って、折り目に沿って、しつけ糸でざっくり波縫いして、生地の中心線が引けました。

次に、3柄5種類の生地のそれぞれの大きさと、わた、裏地の大きさを方眼紙に書いて、わたと裏地をどのような大きさで切るかを設計。
定規で測りながら、設計図に沿って、わたを裁ち鋏で裁断。

わたは片面に接着剤が付いているので、アイロンで表地の裏側にわたを貼っていきました。
生地を広げて置けるほうが配置ずれが少なくていいので、床にアイロン下敷きを敷いて接着作業をしていたんですけど、アイロンの熱でフローリングの塗装が傷んでしまいました。
またやっちゃった…。

途中から、こたつの上に場所を変更。
ウチのこたつ天板は塗装無しの木材なので、浴衣を作るときなどはここでアイロン作業をしています。
ちなみにこたつを点けることはほとんどありません。
マンションの2階の部屋なので、こたつに掛かっている毛布に入るだけでも冷えずに済んでます。

夜7時半からフィギュアスケートが始まったんですけど、見本生地のわた接着作業が終わらないので、ほとんど見ずに接着作業をしていました。
接着作業が終わったら、裏地を裁断。
普通の裏地ならちょっと切れ目を入れて引っ張れば自然に裂けてくれるんですけど、今回はニット生地の裏地で、裂いたら斜めに裂けてしまいましたorz
仕方なく、反対側の端から、定規で測りながら裁ち鋏で裁断していきました。
たまたま多めに買ってきていたおかけで、斜めに裂けた部分を除いても、必要な分量を採ることができました。セーフ。危ないわ~。
夜10時に作業終了。

明日の午前中で裏地付けが終わるかな?
午後はセミナーだし、夜はフィギュアスケートだしで、あんまり作業やる時間無い…。
日曜からは商談の準備に専念したいから、明日中に生地見本を完成させて発送できるようにしたいんだけど、無理げ。。。
フィギュアスケートをまたBGM同然にして作業を進めるかなぁ。

11/24のツイートまとめ

Ko_Oogi

明日からNHK杯フィギュアとは。。。ペアやアイスダンスもテレビで観られる唯一の機会とあって楽しみにしてたのに、今年は忙しくて観てるヒマないかもorz
11-24 22:20

本日の日記

10時に起床。

創業セミナーの宿題の続き。
事業活動でのお金と商品・サービスの流れを描いた相関図を作成しました。

図を描いてる最中に電話が掛かってきました。
電話に出てみると、なんと某大手の小売店さん。
先日の展示会でうちの浴衣を見て、配布していたスタイリングカードを受け取ってくれていたそうです。
商談の申し込みの電話でした((((;゜Д゜)))
来週の水曜日に私が先方へ赴いて浴衣の商談をすることになりました( ; ゜Д゜)( ; ゜Д゜)( ; ゜Д゜)( ; ゜Д゜)

大金を費やしたスタイリングカードを無料で100個も配りまくった効果が着実に出ていますね…。
着実に販路開拓につながっているあの展示会の威力も凄いなぁ…。
釣糸にかかった相手が大物すぎて頭の中が真っ白です。。

宿題の相関図を完成させて、商談の準備へ。

見本として持っていく浴衣を押し入れから出しました。
たたみ方の説明書も内容と紙質を刷新して、見本品を印刷。
小売店さんの店頭に並べるときの商品状態を再現するため、1着だけ、たたみ方を変えて、印刷したばかりのたたみ方の説明書も入れて、袋詰めをしてサイズシールを貼りました。
スタイリング関係の書類は展示会で使ったものをそのまま持っていきます。

夜8時半になったのでお風呂に入って日記を記入。
明日は商談用の価格表と、製造日程表を作ります。
小売店さんにライバル商品との比較をしてもらうために、先日うちが営業を掛けたメンズ和服ブランドさんのホームページも印刷しよう。
商談日まで5日間あるおかげでいろいろ準備ができます。

11月の展示会に出てから、ものすごく運が良くなりました。
引き合いを受けたり、情報を獲得したりすることが増えましたが、なんと言っても、それらを受け取るタイミングが絶妙すぎる。
ある日に1つヒントを得たら、そのヒントの使い処が翌日に来る、という感じです。
女32の後厄が終わったのかなー(笑)

11/23のツイートまとめ

Ko_Oogi

え、明日雪なの?
11-23 11:55

11月に雪なんて記憶にないんだけど
11-23 11:56

書籍に載せませんか、という営業がきたんだけど、企画書として差し出してきた資料に初回刊行予定冊数すら載っていない。ありえない。Vol.2 だと言うんだから、Vol.1の時の実績くらい書けるでしょ。
11-23 15:38

本日の日記

10時に起床。
昨日の交通費と購入品を会計処理。

昨日ホームページからハンドメイド作家紹介本への招待メールが着ていて、企画書をくれるというのうで、くださいと返信。

創業セミナーの宿題を進めました。

開業に必要な経費と、6ヶ月間の経費を算出。
うちの場合はすでに開業済みなので、開業設備については今年新たに購入したものを記載。
6ヶ月の経費は今年の変動費を2で割った内容を書きました。
交通費や展示会用の事務用品費は数万円で、思ったほどには高くはなかった。
材料費がそれらの倍くらい掛かっていました。

ところで、今日の新聞で知ったんですが、洗濯表示マークが新しくなるのは今年の12月からだったんですね。
もうあと1週間じゃん!
12月から縫製品には新しいマークのラベルを取り付けなければならないことに気がつき、ラベル製造業者さんへ発注をおこないました。
業者さんからはメールマガジンなどで切り替え対応の件が話題に上がっていたんですが、私が忙殺されていた6月・7月頃のメールだったので、まともに確認をしていませんでした。

洗濯表示ラベルはこれまでサイズごとに用意して、それぞれ着丈などを記載していたんですが、今後はポリエステル生地や、羽織・はっぴなど商品の種類が増えそうなので、サイズ分けをやめるラベルデザインに変えました。
浴衣用のラベルとして、すべてのサイズの着丈を羅列。
綿生地用とポリエステル生地用の、2種類に集約しました。

午後5時になり、お腹が空きました。
カレーが食べたい!
食べに行くほうが楽なんですが、明日はなんと雪だそうなので、カレーで籠城できるようにスーパーへ行って食材を買い、家でカレーを作りました。
自炊するの久しぶり!

11/22のツイートまとめ

Ko_Oogi

新宿駅のホームで久しぶりに再会したらしい欧米系の外国人3人がまるで日本人のようにペコペコおじぎしてた(笑)
11-22 12:42

本日の日記

明け方に何やら地震が…。うちでは震度2くらいでした。
朝7時半頃に起きてテレビを点けてみたら、津波警報やら原発の冷却停止だとかになっててドキドキしました。

郵便物には切手を貼って、朝9時に家を出てポストに投函。
今日もそのまま生地屋さんへ出発。
ゼブラ柄のボア生地があったので在庫のメートル数をメモ。
片面接着キルト芯(いわゆる中わた)の値段もメモ。
退廃柄があったのでついでに購入。

2軒目に行ってみたけど、ここはめぼしいものは置いてなかった。
初めて下北沢に来たので、商店街の端まで歩いてみて、また戻って3軒目へ。

1軒目では接着キルト芯はパック売りしかなかったんですが、
3軒目では巻物状の反物売りされている物を発見できました。
長い距離が必要な時は巻物じゃないとね。

いったん自宅へ帰宅。
昨日、見本生地を買ったお店に電話して、生地が残り何メートルお店にあるのかを聞きました。
そのあと、今日と昨日に買ってきた生地たちを撮影。

さすがに午後3時になってお腹が空いたので、お昼ご飯へ。
がっつり食べて、すぐ帰宅。
さっき電話で聞いた在庫メートル数と、今日メモったキルト芯の値段を見積もり表に記入して、
あとはひたすら冬物製造費用の見積もり書として編集。

途中、昼に撮った写真に追加するため、人形に見本生地を当てて追加撮影。
見積書とメール文が出来上がったあとに、撮影した画像のサイズを調整して、夜中1時にメールで送付。

やっと今日の日記を記入です。
ごみ出しだけやって寝よう。。。(現在深夜1時半)

本日の日記

朝8時に起床。
昨日作った郵便物を持って9時に郵便局に行き、レターパックで発送。
そのまま日暮里へ。

冬物用の生地を見て回りました。
今の時季は冬物用の生地がたくさん出ているのは助かるんですが、やっぱりストジャパでメンズ風の羽織にするのに適したものはなかなか無い…。
ウールでは派手な柄は少ないんですが、ニットなら派手なものが結構あることが分かりました。
とはいえ、外套として着るにはニットはちょっと寒いかなあ?
わたを貼って裏地を付ければ、冬の東京で晴れた日の昼間だったら着られるかな?

光沢のある起毛生地でクラッシュベロアというものがあるんですが、そのクラッシュベロアで、タータンチェックが斜め方向で配置された、良い感じのニット生地がありました。
黒と白と紫の3色があって、どれもストジャパ向きだったので、見本として30cmずつ購入。
日暮里は遠くて何回も来るの嫌だから、写真を撮るだけでなく見本を買っておきます。

ウールでもギリギリ候補かなという物があったので、これも見本として1メートル買いました。
輸入品のウールだったので、1メートルでも2400円。ぐぬぅ。
ウールは日本製のものはほとんど無かったですね。
日本の畜産は食肉と牛乳用ばかりで、繊維のための羊とかウサギとかは飼われてないから、しゃーないわな。。

午後3時に地元に戻って食事。
ついでに日記もある程度記入。

帰宅したら、創業セミナーの参加者から手紙が来ていました。
ペット用品の販売店を計画している人で、ネコ袋という物を縫えるか?という相談でした。
ネコ袋って初めて聞いたんですけど、寝袋みたいな物で、診察などのためにネコを入れて、暴れないよう手足の自由を制限する袋なのだそうです。
医療用語ではこのように器具を使って自由を制限することを「保定」と言うそうで、保定袋と呼ばれたりするらしい。

楽天などでネコ袋を販売している人が何人かいました。
形は様々で、爪切りをするときには手足を出せるようにファスナーが付いているものが多いらしい。
ただの巾着タイプならともかく、ファスナーが沢山付いたものをまともに作るのは大変だ…。

この仕事は受けたくないので、「ミシン設備的には縫製できるけど、うちで作るとネットショップさんたちより高くなるから、ネットショップさんたちから仕入れるのをお勧めします」と書いて、ネットショップ4軒を印刷した物を添えて、「特にこのお店がいいんじゃない?卸販売があるか尋ねてみたら?」と付箋を貼って、返送してやる♪

昨日今日とこの日記を読んだ人ならピンとくるかも知れませんが、ビジネスだって人付き合いなのは一緒です。
狙った獲物は相手も得するような交換条件を携えて狩りに行き、手を引きたい誘いからは自分の替わりとなるヒントを差し出してヒラリとかわすんです。
狩りに行く場合も、手を引く場合も、手みやげが大事ということですね。(*´∀`)

夜9時からは交通費と生地見本の購入代金を会計処理。
そのあと、先日やっていた、冬物用に染色工場を使う場合と候補の生地にワタを貼ってキルト化する場合の金額見積りを作成。
夜12時まで粘って、今日買ってきた見本生地の分まで見積りに盛り込めました。

本日の日記

午前10時に起床。
洗濯して、来週の創業セミナーまでの宿題をやろうとした矢先、セミナースタッフの人からメンズ着物をやっている会社を教えてもらったことを思い出しました。

検索してみると、ウチととてもよく似たコンセプトでメンズ和服のブランドをやっていました。
しかもあちらは、原宿に店を持っていて、資本金はうちの3倍、商品も浴衣だけでなく着物や羽織、帯や下駄まで展開していました。
コーディネート、価格、写真を使った見せ方はウチのほうに分がありますが、まともにやりあったらアッという間にウチが潰されかねないし、あちらにとっても痛いはず。
そもそもメンズ和服は市場がまだ小さいので、少ない牌を奪い合うよりも、共に盛り上げて市場を拡大して牌を増やす方向で共同戦線を張ったほうか良いでしょう。

原宿にお店があるのは非常に魅力的です。そこにウチも乗り込みたい。
そちらの商品をウチがSNSと展示会ブースで紹介宣伝するから、代わりにお店にウチの商品を置いてよ、委託販売料も払うからさ、という内容で手紙を作成しました。

メールにしたかったんですが、スタイリング写真は半分くらいしかネット上になく、商品写真とは別の場所にあったりしていて、たどりづらいので、紙に印刷してまとめて郵送で送り付けちゃうことにしました。
うちの商品画像やスタイリング写真などをA4サイズの写真用紙に印刷。
先日の展示会で配布したものはハガキサイズでしたが、今回は何としても協力引き出して営業成果を勝ち取りたいので、A4サイズです。
やはりこのくらいの大きさで見せられると迫力も3倍増になりますね。

スタイリング写真では、浴衣をどうやって着ているのかも開示しました。
これであちらも同じ着方でスタイリングを作れるようになります。
ライバルにコツを提供するという手法を取るのは、相手が和服の応用的な着方を知っても、ほかの服と混ぜてコーディネートを作るセンスは私のほうが上だという自信があるからです。
こちらの売りを提供することで、あちらの警戒心を解いて、見返りを引き出す狙いがあります。
一言で言えば、外交力です。

今回は、地銀さんをきっかけにして知り合ったことも追い風です。
あちらの登記住所はウチの隣の市で、あちらは地銀さんに補助金申請書類のブラッシュアップをしてもらったそうで、地銀さんに恩があるはずです。
創業セミナーのスタッフをやっている地銀さんが、あちらの存在を知らせてくれたので、それらの経緯に触れながら、「あなたがたは地銀さんが教えてくれた先輩企業です」と持ち上げておきました。
これであちらの着物会社さんから格別の計らいが得られたらいいな。

夜8時過ぎに郵送物の準備が完了したので、夜ご飯へ。
久しぶりにポケモンGOを同伴しました。
最後にプレイしたのは高円寺フェスの時だったので、1ヶ月近く遊べていませんでした。
やっぱり楽しいので、時々プレイして息抜きしていきたい。

本日の日記

9時半頃に起床。
冬物商品を開発する上で、京都の染色工場さんで生地にプリントするとどれぐらいの値段になるのか、エクセルで価格表を作ってみました。
まだ作成途中ですが、午後からは創業セミナー。

今日のセミナーでは、宿題だった競合店との差別化一覧表を使って参加者同士で意見交換したり、財務・会計などを勉強しました。
午後5時にセミナーが終了して、セミナー参加者の懇親会へ。
夜9時頃に帰宅。お風呂入って日記。

体は疲れているんだけど、久しぶりにたくさん会話したせいで頭がまだ興奮状態なので、たまにはゲームして寝ようかな。

本日の日記

8時半過ぎに起床。

明日の創業セミナーで使う宿題をやりました。
競合他社とのサービス比較表の記入と、商品の売上金額表の記入です。
それと、市場規模に関する調査結果をネットで探してみました。
着物の市場規模を調査した結果があったので、ダウンロード。

あと、グーグルで着物関係のキーワードを入れると何件ヒットがあるのかも調べてみました。
「着物」「kimono」「きもの」「男」「女」「men」「ladies」「浴衣」「ゆかた」など…。
着物市場では婦人服が圧倒的に多いのに、「着物 男」と「着物 女」ではヒット件数ではそこまで差がなかったり、
卒業式での需要が大きいのか、「浴衣」よりも「袴」のほうが多かったり、
ひらがなの「きもの」よりも「kimono」のほうがはるかに件数が多かったりと、いろいろ予想外でおもしろいw
あんまりこの調査にハマりすぎると他の作業が遅れるので、ほどほどに・・・w

セミナーではグルーブに分かれて宿題の内容を話し合ったりするので、
競合店のホームページや、うちの洋服混合スタイリングの写真などを印刷しておきました。

さて、セミナー受講の準備が完了したので、ネットショップさんと新規開発する冬物用の生地を見に行きました。
地域ごとに3回くらいに分けて行こうと思っているので、今日は西側の地域を見てきました。
始めて行くお店もあって、見かけないメーカーの生地や、レースのようなフチ加工がされているファスナーなどが置いてあったので、今後また来る機会があるかも知れません。

やはり、ウール生地では派手な柄はないですねー。
そこそこよい柄のフリース生地があったんですが、1メートルずつに切り売りされていました。
羽織は3メートルくらい使うから、切り売りではちょっと・・・。

綿の生地にアイロン接着用のワタを貼り付けて、
キルト生地を自分で作ってみる、という方法があることも分かりました。
ググったら、接着剤が付いているタイプのワタなら、ミシンで格子状に縫わなくてもよいそうです。
あの格子ステッチが入るとダサくなるから、接着剤に頼るか、あとは
ダウンジャケットのような横方向のステッチを数カ所かに入れるか、かな。
好きな柄の生地を、厚さを気にせずに使えるのがいいですね。

ゼブラ柄のフェイクのボア生地を見つけました。
グレーのグラデーションの上にゼブラ模様が乗っているので、かっこいい柄になってました。
ボア生地なので、表側が人工毛でおおわれています。
ポリエステル100%の人工生地で薄手だからか、びっくりするくらい安かった。
これの裏にワタを貼って、裏地を付ければ、フリース生地くらいの温かさは確保できるかも?
巻物の状態で置いてあって、切り売りではなかったので、長さもたぶん大丈夫だと思う。
試作してみる価値はありそうですね。

あとは服としての形をどうしようかなぁ。
浴衣やはんてんのような形だと、首周りと手首が寒いと思うんだよね。
マフラーや手袋に頼る手もあるんだけど、服のほうでいくらか対応させたい。
前が開いていると同様に寒いと思うんで、前はボタンかファスナーであわせる形にするかなぁ。

そで口はファスナーですぼめることが出来るようにするかなぁ。
ワタが貼ってある毛の生地でファスナーなんて縫い付けできるのかなぁ。。。
縫えたはいいけど、毛を噛んじゃって上げ下げできない!とかなったりして…。

やってみないと分かんないっすなー。

とりあえずボア生地は写真だけ撮って、キルト見本と裏地だけ買ってみました。
夜ご飯を食べて、夜8時半に帰宅。
お風呂に入って、交通費を清算。

生地を見ているときに染色処方の人から電話が着て、染色工場をまた1軒教えてくれました。
ホームページはありませんでしたが、タウン情報サイトをいくつか見て、基本的な情報は分かりました。

日記を記入して、夜11時になりました。寝ますー。

本日の日記

撮影は夜のほうが適していることが判ったので、昼はコーディネートをつくることにしました。
うちのマンションは雨戸が無いので、カーテンを閉めても若干の明るさが入ってくるらしく、昼間は被写体が暗くなってしまうのでした。

黒のタンクトップ+緑のチノパンと合わせるスタイルと、白のタートルネック+茶色のミニスカートのスタイルを編み出しました。

写真を撮って画像調整が終わればメールで送信するので、メール文も昼間のうちに書いておきました。

今の時季は日が沈むのが早くて撮影に適していますね。
夕方5時にはすっかり暗くなったので、撮影開始。
楽勝でスパスパ撮って、人形に着せる服を取り換えて、もうひとつのスタイルも撮影。
浴衣として普通に着るスタイルも写真が不足していたので、再度撮影しました。
あとは、もしかしたら使うかも知れないので、折り畳み式の着物ハンガーの写真も撮りました。
どこに掛けるかしばし迷ってましたが、帽子掛けがここでも役に立ちました♪

画像処理ソフトで調整して、夜7時半頃に送信完了しました。
お風呂に入って、ただいま夜9時です。
このあと撮影に使った帽子掛けなどを片付けて、浴衣をアイロン掛けて、ミシンを片付けよう。

本日の日記

9時に起床。
人形に浴衣を着せて撮影。
背景の布をカーテンにしたおかげで白背景と黒背景の入れ替えもすごく楽だわー。

普通に着せて撮るのが完了したら、次は洋服と合わせたスタイリング。
昨日のうちに候補の服を選びだしておいたので、いくつかを人形に着せました。
人形がメンズ体型なので、きつめのレディースの服だと人形の肩やお尻を通すときに
力ずくで引っ張りながら無理やり押し込んでいる状態ですが、まぁ服が破れなければよしw

上から羽織った浴衣の形を整えるのに苦労しました。
こりゃお客さんが買った後に、本人1人きりで同じ形に着るのは無理だなw

さて、撮影を開始してみると、浴衣の明るめな色合いと、黒の洋服のコントラストが強いために、
カメラの光量設定を調整するのにとんでもなく苦労しました。
数時間かけて撮った後、パソコンで画像調整に入ってみると、段々とテンションが下がってきましたw
スタイリングが出来たときはチョーいいスタイリングだと思っていたんですが、
撮り終わって改めてパソコンで見てみるとイマイチ感が。

何度か人形のスタイリングを調整して撮影してを繰り返してみましたが、サムライっぽさが抜けてくれないww
若者向けの原宿系のレディース服のお店で扱ってもらう商品だから、サムライに成っちゃ駄目なのよww
派手なネックレスを2本追加して、ようやくサムライを脱出してくれました!
なんていうか、今度はファンタジーゲーム界の海軍の提督みたいになりましたw イイのか?これで?ww

本日の日記

8時半に起床。
ひたすら浴衣の仕立て直し。
夕方5時に完成しました!

ネットショップさんが、小規模事業者向けの補助金があることを知らせてくれました。
明日かあさってに時間があれば見てみよう。
国際商品出願の補助金のほうも放置になってるから進めたいなぁ。

本日の日記

土曜に見学した染色工房を紹介してくれた人にお礼の電話をしました。
感想やお礼を言うだけだったので冒頭に電話してても大丈夫か聞き忘れてしまい、会議中なのでと言われて、しまったと思いました。
最近自分、失言とかの軽い失敗が多いので気をつけないとなぁ。

続いて、近所の刺繍工房に電話。
展示会で知り合ったマレーシアの腕時計ブランドさんが、腕時計のベルトに和柄の刺繍を入れたいと言っていたので、刺繍のプロに聞いてみようと思います。
午後に訪問して、尋ねてみました。
そこの工房に有った工業用の刺繍ミシンは、縫い位置のガイド線や、生地の固定具などがほとんどなく、細いベルトへの刺繍は難しいそうです。
生地に刺繍してもらってからその布をベルトに仕立てる方法もありますが、腰用のベルトならともかく、腕時計のベルトでは細すぎて、刺繍して盛り上がった生地を縫製するのが難しそうだということも分かりました。
ということで、腕時計ベルトの件は断念しました。
ずっと前からいつかは訪問してみたいと思っていた刺繍工房さんとついにお知り合いになれたので、これはこれで良し。

そのほかの時間は浴衣の仕立て直し作業をしていました。
身頃とおくみを Sサイズに裁断して、再縫製。
6割くらいまで来ましたかね。

本日の日記

押し入れの中を整理して、浴衣、余りの布、テーブルクロス用の生地、ジャパンエキスポ代理店からもらった額縁などを収納しました。
ずっと出しっぱなしにしていたけど進める時間が取れないメールンの型紙や、メンズ教本なども棚にしまいました。

部屋がやっと広くなりました!
いよいよ委託販売用の浴衣を一番大きな 3Lから一番小さな Sサイズへ仕立て直します。
初めての仕立て直し。
ひたすら糸ほどいて分解し、Sサイズの型紙を置いて裁断。
未裁断の大きな生地から裁断するよりも、作業範囲が狭くて済むので楽ですね。

夜は野球を観ながら仕立て直し作業をこなして、4割くらい進みました。

本日の日記

9時半に起床。
昼の12時まで浴衣のアイロン掛け。
12時半頃に家を出発して、染色工場の見学へ。

想像をはるかに超えるボロ工場で、バラック小屋のような工房でした(笑)
しかし、社長さんは思ったより若かった(笑)
自己紹介して、浴衣とチラシとスタイリング写真を見せました。
価格表をもらいたかったんですが、そのようなものは先方は作っていなくて、その都度見積りをしているとのことでした。
機械もあるそうなんですが、ここの工房では基本的に手作業でやっているんだそうです。

今日は工房で染色体験教室が開かれていて、生徒さん15人くらいが脱色と着色の作業をしていました。
社長さんのところに別のお客さんがいらしたので、私は生徒さんたちの作業の様子を見学しに行きました。

シルクスクリーンの技法を手作業でやっていて、生地に塗料を塗っている列と、Tシャツに塗料を塗っている列に分かれていました。
縫製が終わった服に印刷できるのはいいですね!
浴衣が縫い上がったあとに半身に巨大な柄を入れることができますね!

生地の列の一番奥に行ったら、塗り終わった塗料が乾くのをのんびりと待っている男性が居たので、作業の様子を聞いたりしました。
この男性は浅草で衣装用の生地の販売を行っている店舗の方でした。
生徒さんの多くは趣味で染色しているそうで、この方のように、ここで試作しながら商品開発の業務に生かしているというビジネス目的の人は少数派だそうです。
私も事務所部屋から名刺と浴衣とスタイリング写真を持ってきて、自己紹介とストジャパ製品の紹介をしました。

社長さん同様にストジャパのことを凄く驚いてくれました。
ゲームピース柄いいなあと気に入ってくれていました。
以前40代の男性がゲームピース柄を気に入っていましたが、この方も多分40代男性なので、その世代にこれは受けが良いんだなと確信できました。

衣装の世界の着物は、身頃とおくみが分かれていなくて、身頃に入れる内上げという折り畳み部分もないんだそうです。
そでの裏側や、内上げの折り畳み分量など、ウチが洋裁のやり方を取り入れて普通の和裁とは違う処理をしている部分を紹介したら、興味津々で聞いてくれていました。
名刺をいただくことができたので、もし舞台衣装用の浴衣等の案件が来て衣装生地が必要になったらこの方に相談しに行けますね♪

事務所部屋に戻ってみたら、生徒さん1人が食事している横で、お客さんと社長さんがお話していました。
お客さんは美大を卒業して間もない女の子で、この工房に就職活動しに来たんだそうです。
社長とお客さんと私と3人で、一時間ほど談笑しました。
お互い社長から聞きたいことを話題に出すんですけど、話が面白おかしく何度も脱線するので、もはやただの雑談同然でした(笑)

結局ここの工房とほかの染色工場との値段比較ができるような価格情報は得られなかったんですが、機材を有料で自由に使っていいから、自分でプリントしに来ちゃえば?と勧められました(笑)
ホームページに設備利用料金が載っていた気がするので、そこを参考にして他工場と比較してみるかなー。
ここの工房はシルクスクリーン式のみで、インクジェット式はやっていないので、そこも案件によって工場選定していく際の留意点ですね。

夕方5時頃に工房さんを出ました。
帰り道で夜ご飯を食べて、夕方6時半頃に帰宅。
お風呂に入って、野球を点けながら浴衣のアイロン掛けを再開。
野球が延長戦になったおかげで午後10時半の試合終了と共にアイロン掛けも全部終わりました。

本日の日記

9時に起床。
洗濯して、月曜からの実に5日分の新聞を読了して、紹介してもらった染色工場さんへ電話しました。
見学にうかがう日は明日になりました。
私が縫製をできるということをご存じないのか、「うち浴衣やってないんだよね・・・」と困惑されていました。
ま、そこは明日、浴衣の現物を見せながら直接説明すれば解ってもらえるはず。

ネットショップさんからのメールに返信しました。
Instagramで宣伝することをお奨めされました。
夜のメールで判ったんですが、ライブハウスで撮ったスタイリング写真の出来がすごく良いから、
インスタに流してフォロワーを獲得しないのはもったいない!と感じて推奨してくれたようです。

午後から、散らかっている部屋の中を片付け。
展示会期中に作っていた商品カードの資材や、搬出してきた物品で満杯のスーツケース、
書類やら私服やらも散乱している状態でした。
夜6時頃にはすっかりきれいになりました!

今晩は野球とサッカーがあるので、それまで浴衣のアイロンかけ。
展示し終わった浴衣にアイロンをかけて、きれいにたたみ直す作業です。
3着やったところで腰が痛くなったので、終了してテレビ観戦へ。

お風呂に入った後、夜10時からネットショップさんのメールに返信。
このあと会計処理をして寝ます。

本日の日記

午前9時に起床。
もらった名刺をファイルに移して、委託販売をしてくれるネットショップさんにメールを送りました。
ゲームピース柄の浴衣の商品写真と、サイズの参考写真、コーディネートの参照写真を添付。
本文には、製品を仕立て直しに伴う今後の段取りと、冬物商品開発の展望を伝えました。

午後は誘われていたムスリムのファッションに関するセミナーに行ってきました。
セミナーで扱われる地域はインドネシアだけで、女性のベールの歴史話と、ムスリムとは関係ないインドネシアのアパレル販売の話、でした…。
セミナーの趣旨と講演内容がズレていて、参考になる話はあんまりありませんでした。
時間を無駄にしました。
唯一の収穫は、インドネシアは衣類の輸入をほとんど禁止しているそうなので、メンズ浴衣を輸出して成功できる可能性はなさそう、ということでした。
ま、日本に注力すると決めたばかりだから、むしろ好都合。

帰宅する途中で、委託販売ネットショップさんへのメールに、商談内容を覚え書きとして記載しておくのを忘れました。
夜6時に帰宅して、2通目のメールを作成。
商談内容、送料の補填の相談を書きました。
ネットショップさんは海外対応・貿易にも興味を持っていたので、参考情報として、洗濯表示ラベルの対応言語や、将来に海外発送するときには発送手段や関税などを改めて相談する必要があること、ブランド名に商標登録を出願中なこと、ジャパンエキスポでの売上実績を紹介しました。

昨日会った染料の配合を指南している人から電話があって、八王子の染色工場さんに電話で私を紹介してくれたそうです。
冬物開発で各染色工場の価格やラインナップの情報収集しないといけないので、近日中に訪問してお話をうかがおう。
ということで、明日アポ取りの電話をしよう。

午後8時過ぎに先のメール2通目を送信し終わったので、それから夜ご飯。

フェイスブックで展示会のときに撮った写真を皆がタグ付けしてアップしたりシェアし合ったりコメントし合ったりしていて、しかも自分が友人の記事にタグ付けされていると、友人の友人からのコメントでも通知が来るので、一日中ケータイがピカピカ光りっぱなしでした。
こんな体験は初めて。
いいね!が3ケタ来て、コメントが2ケタ来たりする友人もいるので、発信力の大きな人に便乗できるのはありがたいw

本日の日記

朝7時半に起床。
ブースには10時ちょうどに着いて、もう開催時間だったw
急いで見本コーディネート服に着替えて、ブースを準備。
主催者さんの社内に小学校の同級生がいて、会いに来てくれました♪
10年ぶりくらいの再会(*´∀`)

生地を染めるときの染料の配分を染色工場に提供しているという、染料処方という職種の人と会いました。
もう高齢なので退職しているそうですが、染色工場さんたちと長年のお付き合いが相当あるようで、昨日の京都の工場さんとも長い付き合いのようです。
東京の八王子にある染色工場さんを教えてくれました。
そこの「社長に電話しとくからー」だそうです(笑)
近くの工場を知ることができて助かる~。
お金があればカッコいい赤をやりたいし。
八王子なら交通費も助かる!
最小ロットがいくつか次第かな。

新ブランドのホテルを立案中の人とも会いました。
ホテルのスタッフに着せる制服をどうしようか考えている最中だそうで、なんと「浴衣いいな」「普通のスーツじゃつまんないし」「ネームプレートもこだわりたいな」「制服がカッコいい・かわいいと、スタッフさんのやる気が向上する」「東京など各地での展開を考えていて外国人もたくさん泊まる。外国人にとって日本のイメージはいまだに着物ベースなので、宿泊した外国人も浴衣を着たがるよね。部屋着として宿泊客へのレンタルもしたい」「スタッフにこの浴衣で外を歩かせたい!お昼買いに行ってきます、とかで六本木を歩かせたい♪」と。。。
旅館ならともかく、ホテルから需要がくるとは思わなかったwww
うちの浴衣を滅茶苦茶気に入ってくれて、社内で話がまとまったら案件を持ってきます!と言っていました。
一斉導入するか、特定の店舗でやるか、などはこれから考えるんだそうです。
これ実現したらチョー楽しそう!!

旅館用の浴衣を製造している人とも会いました。
うちの柄に好感を持ってくれていました。
旅館では洗濯回数が半端じゃないので、100回洗っても色合いが変わらない特殊なインクを使うんだそうです。

京都の別の染色工場さんとも会いました。
こちらもインクジェット印刷をやっているそうです。
染める前の生地を基布(きふ)と呼ぶそうで、基布の見本帳を送ってくれるそうです。

午後3時前にはスタイリング写真セットを配り終えてしまいました。
減らしたかったので嬉しい!が、ちょっと時間が早いなw
そのあと数人渡したい人がいたんだけどもw
京都の染色工場さんには配布できなかったので、名刺だけ渡しておきました。

昨日来た貸し仮店舗の人も来ました。
今週中に無料で貸すから出店しないか、と勧められたんですが、日本では夏物商品である浴衣を着る時期ではないので、お断りしました。
出るとしたら5月~7月、というのをお伝えしました。

腕時計の人のブースにも行ってみました。
ポリエステルの編みベルトなどの時計もあって、ほっと胸をなでおろすも、刺繍で和柄を入れたいということが判明。
和柄を描ける刺繍ミシンは持ってないので、刺繍ミシン関係の展示ブースさんに相談したほうが良い、と提案しました。

夜6時に閉会して、展示物を撤収して、夜ご飯を食べて帰宅。

本日の日記

朝7時過ぎに起きて、展示場へ。
起きられてよかった。

近接ブースの畳生地の小物をやってるニィちゃんが設営日からずっと浴衣を買う買うと言ってくれていて、昨日どれにするか心が決まったので、ついに今日、代金を渡してくれましたw
最終日の展示が終わったらその浴衣はトルソーから下ろして直接彼に渡します。

午前11時くらいに昨日来てくれたネットショップさんがまた訪れてくれました。
こちらからは卸価格を提示。
羽織を新規作成するのは需要の点からリスクがあるので、現在展示している 3Lサイズの浴衣を、羽織って合わせやすい Sサイズに仕立て直して、先方が持っているヤフーショッピングのページに委託販売で掲載してもらう、ということで商談がまとました。
品物はうちで保管しておいて、注文が入ったら私から消費者へ発送して、ネットショップさんから仲介手数料と銀行振込手数料を引いた金額を受け取る、という流れです。

それと、今後は冬物のコートとして着られる商品があるとよりお客さんが洋服と合わせやすい、という要望をいただきました。
厚地を使うほかに、イベント主催者の営業さんに相談したら裏地を付ける、というアイデアをもらいました。
展示会後から来年は冬物衣料の勉強をしながら開発ですね。

フランスと中国に和風アイテムを輸出している人とも出会いました。
ちょうど洗濯表示ラベルをフランス語・中国語・英語で付けているので、バッチリですね。
狙い通り、各国対応の洗濯表示ラベルが付いていることで、このまま輸出できるんだそうです。
実際にパリで売り上げている実績があるのはとても良いアピールになったと思う。
ロット数を気にしているようでしたが、うちは1着から卸販売しているので無敵。
あとは卸価格が最後の壁ですかね。
小売り価格の半額にしているので、ぜひとも乗り越えて欲しい。
海外の展示即売会への参加は費用が掛かりすぎて今後は無理なので、自前のネット販売で海外発送するしか輸出手段がないとあって、輸出業者さんと組みたいところ。
もし取引が実現すれば初の卸し。

マレーシアの腕時計デザインをやっている人とも会いました。
うちの生地のチョイスが気に入ったらしく、腕時計のベルトを和風のものにしたい、と言われました。
えー…。腕時計のベルトなんて作ったことないよ…。
見せてくれた時計には金属のベルトが付いていたので、どれぐらいの堅さを所望しているのか不安だ。。
速攻であちらからフェイスブック友達申請がきたので、本当に開発が決まったら腕時計ベルトの研究もしなきゃ…。

生地にプリントをやっている人とも会いました。
私は赤系の浴衣も作りたいんだけど、男性が着られるようなカッコいい赤系の生地がなくて困っているので、プリントには興味があります。
とはいえ、生地の柄を自分でデザインするのは私は向いてなさそうなので、テキスタイルデザイナーさんにやってもらいたい…。
そこの印刷業者さんにはテキスタイルデザイナーさんは居ないとのことなので、紹介してもらうことになりそう。
まぁ、どのみち生地まで特注できるほどのお金はないので、将来の話になりますね。
夕方にヒマができたので先方のブースも見てきました。
私があげた浴衣スタイリングカード類を全部見てくれたそうで、「凄い」と驚かれていました。
プロ歴の長い方々に凄いと言ってもらえるのは光栄ですね。
あちらの展示品で染料や絹の生地への加工例などを見学してきました。
化学的な分野なので、ちんぷんかんぷんなんですけど、話題に触れて見本を見せてもらうだけでも勉強になる~。

車椅子の人とも会いました。
うちのカッコよさを気に入ってくれて、「車椅子でどうやって着ればいい?」と聞かれました。
ストジャパで障がい者向けのはまだ考えていなかったので四苦八苦しましたが、私も椅子に座って着てみながら思いつきであれこれアイデアを出してみました。
車椅子を使っているとトイレが大変とのことなので、丈は短めが良いようです。
浴衣ではなく、法被サイズが良さそう。
帯では幅がありすぎて邪魔だと思うので、洋服のベルトを法被の上に使うことを提案してみました。
座っていると、立っている人よりも腰周りが目立っていたので、派手めなベルトを使ったり、何本か併用したりして、ベルトを楽しむのも良さそう、と提案してみました。
うちはまだ浴衣しかないので、今後は羽織や法被もあったほうがいいなと感じました。

車椅子の彼は最初は俺じゃ着れないという感じて悲観的な空気があったんですけど、最終的に法被丈+ベルトという案を気に入ってくれたようで、私との会話も含めて明るくなってくれました。
今日は話すことしか出来ませんでしたが、いずれは品物を提供できるようになりたいものです。

貸し店舗の人とも会いました。
1日とか1週間という単位で借りられる、駅前立地の販売活動用の仮店舗スペースです。
なんと、地元でよく食事しにいくときに見掛けていた仮店舗さんでした。
都内にたくさんスペースをお持ちで、うちのターゲット層ならば下北沢がお勧めとのことでした。個人的には実家のある高円寺もやりたい場所で、そこもターゲット層に見合う良い場所とのことでした。
隣の浴衣ブースさんとシェアして出店してもオッケーとのことなので、そうすると東京ビッグサイトでの大型展示即売会に出るよりも安いわ。
隣の浴衣ブースさんも都内で活動しているとのことなので、来年の春~夏に一度シェアで出してみてもいいかもしれない。
写真付きの資料ももらったので、隣のブースさんにも声を掛けておきました。

さて、今回の展示会の営業さんの営業トークに負けて、春の展示会にも参加申し込みしました。
会計的には出展は赤字になりそうなんですけど、彼いわく「獲得した販路との長い付き合いを考えればお得だ」と。
今回委託販売してくれるお客さんは秋冬物を買い求めていましたが、春の展示会では春夏物を求めている人が来る可能性も多分にあるので、浴衣には向いてるじゃんと言われました。

仲良くなった各地の和風アイテム作家さんたちもすでに参加を決めているので、春に私が参加すれば同窓会のように再開できることになります。
今回、この近接した6ブースの仲間との展示活動は非常に楽しいので、楽しみを増やしてストレス発散するという点でも参加したほうが良いかなと感じました。
普通の展示会と違って営業さんがブース配置を配慮してくれるので、恐らく次回も和風エリアとしてメンバーを固めて配置してくれるはと思います。

夜6時の閉会と共に、会場を即刻離脱して、地元で夜ご飯を食べて、夜8時過ぎに帰宅。
また今日も商品カードを印刷。
ちょうど3日間で約100セットを配り終えることができそう。
途中でハガキサイズの紙が無くなってしまったので、今日の印刷の大部分はL版サイズで代用しました。
12時半までには寝られると思う!

本日の日記

朝7時に起きて、展示場へ。
久々に通勤電車でつぶされながら、午前9時過ぎにブースに到着。
スタイリング写真と同じ服装に着替えて、来場者を待ちます。
10時を回って、来場者は結構多かったです。

原宿系の服を通販している2人組の男性から、展示してあったゲームピース柄の浴衣が欲しいとのことで商談に入りました。
しかし、値段表は7月のものをそのまま持ってきていたんですが、7月以降に作った新作の卸価格を載せていないことに気づき、明日かあさってに卸価格をお知らせすることになりました。
あっはっは。見本製品を作るので手一杯だったので、価格表まで手が回らなかったのが落とし穴になりました。
まあ、たまたまお客さんが明日もあさっても来場するとのことでセーフかね。

うちのブースも含めて、和風の小物や衣類を扱っているブースが6軒寄せ集められているので、昨日の設営日から6軒まとめてすっかり仲良しになりました。
お互いの物品を組み合わせて展示してみたり写真を撮ってみたりして遊びました。
想像以上にお互いの服やアクセサリーとの相性が良くて楽しかったです♪

6軒のうちの1人がうちの浴衣のどれかを欲しがっていて、今日、夜森と呼んでいる8月の撮影で使った柄に確定しました。
金額も小売り価格で了承してくれているので、あとは本人からの入金を待つのみ(笑)

みんな作品の出来栄えや活動実績がすごいんですけど、驚くことに6人のほとんどは活動を始めてから1年ちょっとでした。
しかも、転職したり退職したりして製作活動を始めた人ばかりで、そこも含めて私とほとんど同じだった…(笑)
ここのエリアに出展する人たちはフリーランスの人たちなので、自然とそういう人たちが集まるんですかね?w
それぞれの居住地域は、千葉(木更津)、福岡、山口、そして私が東京と、実にバラバラです。
英語力もバラバラで、私はトラベル英語程度しかできませんが、しっかりビジネス英語が出来る人が1人いて、全然できない人も多いので、外国人来場者に話し掛けられたときは助け合ったりしていました☆

外国人来場者もかなり多くて、4割くらいいたかな。
韓国、中国、アフリカの人たちも結構いました。
うちのブースにも、多分、西アフリカだと思うんですけど、リベリア大使館の方々という4人組が通り掛かりました。
そのうちの1人が、生地を自分で選んで浴衣を作ることはできるか?と聞かれたので、できますと答えたら、あとで連絡しますと言われました…。
私の英語力が足りなくて口頭での英語のやりとりはちょっと大変だったので、連絡が来ると心配だな…(^_^;)

夕食を食べて、夜9時に帰宅。
ポストカードを配りきってしまったので、追加で25セットを作成。
夜中3時過ぎになってしまいました。寝ます。

11/06のツイートまとめ

Ko_Oogi

明日の展示会は8時から開催と聞いていて、特に何も感じてなかったんだけど、路線検索したら8時までに展示ブースに着くためには6時25分の電車に乗らなければならないことが判明。。。うおーーん(;´Д`)
11-06 20:08

RT @Gotomi_fw: ファッションワールド東京の設営が終わりました!デザイナーズゲートでお待ちしてます!I finished setup in the Fashion World Tokyo in Tokyo Big Sight. I will stay the Des…
11-06 21:44

あ、違った。書類を再確認したら、展示者の入館が8時~10時で、展示会の開催時間は10時からだった。ふう、よかった。
11-06 23:05

本日の日記

9時に起床。
手早く朝食と新聞読了をして、縫いかけだった帯の叩き縫いを再開。
上糸が絡まるなぁと思っていたら糸繰りのバーから糸が外れていました。
外れていた糸を通したら信じられないくらい快調に動き出しました。
11時に叩き縫いが完了して、帯の見本が完成しました。

その帯を荷物に入れて、展示場へ出発。
午後1時にブースに到着しました。
周りのブースさんたちと名刺交換しつつ、設営開始!
今回は広さがそこそこあって、背面パネルもパイプ椅子も机もトルソーもハンガーラックも付属しているので非常に楽でした。
照明も暑くないし、招致してくれた主催企業の営業さんが設営中も巡回してくれて、気軽に話したり聞いたりしながら進められるので、安心感がありました。

すごくいい展示会だなー。
ファッションに特化した企業向けなだけある。
しかもアマチュア向けの趣味即売会とブースの値段変わらないし。
なにより、主催企業さんが「出展者にもうけてもらう」ために、あらゆる手段を尽くしてくれていることと、その姿勢が営業さんとか全てのスタッフさんまで徹底して共有されているのが素晴らしい。
さらに、昨日は資材搬入とブース施工が目的の日だったらしく、出品製品を搬入するのは今日、と書類に書いてあったことに昨日の夜に気がつきました。
趣味向けの展示会では日時などのルールを破ると展示禁止になることもあるだけに、特に指摘もなく、むしろ「どうぞどうぞ」と営業さんに言われました。
こんなにおおらかな展示会は初めてです…。(笑)
それと、設営作業時間がとても長いのも助かります。
おかげで、心行くまで展示調整をすることができました。

ブースが完成して、会場を離脱。
午後6時近くでした。
近隣で夜ご飯を食べて、地元駅のスーパーで明日の昼食を買い込んで帰宅。

11/05のツイートまとめ

Ko_Oogi

設営日が2日間あると楽だわ~(*´∀`)
11-05 11:56

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示