本日の日記

10時半に起床。

黒い羽織のえりを縫い付けました。
えりは芯貼りしたおかけで固さが増して、以前よりも曲がりにくくなったので、ホックの位置が高すぎる状態になりました。
加えて見栄えも悪かったので、白羽織・黒羽織ともにホックを除去しました。

えりの終端部分に、本を見ながら「飾りしつけ」というのを施しました。
遂に!遂に!3ヶ月掛かった羽織が完成しました!

ミシンや材料などを片付け。
価格表に載せるための商品写真を撮影。
最近届いて未開封のままだった展示会関係のDMを開封して整理。

夜は、パソコンでPOPの作成を行いました。
展示会の主催者さんが配布している「新製品」「デザインのご相談承ります」のPOP原稿をダウンロードして印刷。
そのほかに、私も同じようなデザインでオリジナル版を作成。
「ゆかた」「はおり」「リース承ります」など。
紙は、余っていた写真用の L版用紙を流用。
周囲の余白には、昔買ってほとんど使っていなかったマスキングテープを貼って飾り付け。
夜10時までやりました。

羽織が完成したので、かなり気が楽になりました(*´ω`*)
スポンサーサイト

本日の日記

10時に起床。

羽織のえりに付ける、乳(ち)という紐掛けを作りました。
白い羽織は細いリボンを使いました。
黒い羽織のほうは色が無かったので、やや太めの縁取り用リボンを使いました。
本を見ながら初めて作ってみました。
男物の羽織の現物を持っていないので、細部が合っているかあんまり自信ないですけど、見た目はキレイに付けられました。

そのあとは、ホックとスナップを手縫いで付けていきました。
途中、夜ご飯を作って、また縫い付けして、夜7時にホックとスナップ付けが完了。

先ほど作った夜ご飯を食べて、7時半頃から、えりを身頃に縫い付ける作業を開始。
フィギュアスケートを流しながら、日本選手の演技の時だけ観て、あとはひたすら作業。
夜12時過ぎまでやって、白い羽織はえり付け完了、黒い羽織のほうは表側が付け終わりました。
眠~い。

本日の日記

10時に起床。

羽織のえりの部分の表地と裏地をしつけ留め。
そのあと、えりに芯地を貼ります。

未縫製の試作品用のえりを使って、芯地を試し貼りしてみました。
どの生地でも、芯貼りすると、下敷きとして使っているツルツルの薄い生地に糊が移り付くんですけど、その下敷き生地についた糊が、えりの生地を傷めることが判りました。
この糊を下敷きから落とせるか、ティッシュで試してみました。
この糊は長年の悩みの種でもあります。
アイロンの鉄板面にも付いてしまうんですけど、80℃以上でないと取れないので、安全に取り去る方法を見つけたい。

糊の上にティッシュ敷く。
アイロンで押さえて、糊を熱で軟らかくする。
スチームを吹きかけつつ、アイロンでティッシュを糊にこすりつけて、糊を拭い去る。
ボロボロになったティッシュくずを捨てる。

この方法でかなり糊が落とせることが分かりました!
何年も前に付いた糊も、数年ぶりにほぼ落ちました♪

下敷きがきれいになったところで、本番の生地へ。
おととい買ってきた芯地を裁断して、貼り付けました。
縁の余った部分の芯地を切り落として、芯貼り完了。

買い物と食事をしたあと、テレビでフィギュアスケートを流しながら、ホックやスナップを付ける位置に糸で印をしていきました。
夜9時半に印付け完了。

日記を書いて、夜10時になりました。
お風呂入ろう~。

本日の日記

10時に起床。

今日の羽織 縫製は、ポケットにめくれ防止用のひもを仕込む作業です。
ポケットの縁に、適当なリボンを縫い付けて、身頃の縫い代に止めていきました。

そのあと、そでの底や、肩などの部分で、表地と裏地の縫い代を留め合わせます。
これも身頃の裏地がめくれ上がったり浮き上がったりするのを防ぐものです。
今回は中途半端な長さの余り糸がいつくもあったので、それらを使って手縫いで留めました。

そのあとは、そで口の裏地が浮いているのを、しつけで留めておきました。
展示会までの数日間でしつけ留めしておけば浮きが抑えられると思います。

午後4時になりました。
食事して、だらだらとスマホでネット閲覧してしまいました。
夜7時からはサッカー観戦。

羽織のえりは明日にしよう。。
あとちょっとで完成なのに、最後の最後の締めの作業に入る前にダレ始めるという、駄目な空気が漂い始めています(^_^;)
ヤバい…まだダレちゃ駄目だ!

本日の日記

9時に起床。
朝ご飯を食べたあと、床屋さんへ。
3月末なせいか、雨の月曜日の割には混んでた。
私の番は40分後から、とのことなので、スーパーに寄って牛乳やグラノーラなどを購入。
一旦帰宅して、冷蔵庫にしまったら再度床屋さんへ。
ちょうどぴったりの時間でした。

黒い根本を脱色して、ひと冬のあいだ伸び放題にしていたのを5センチくらいカットしてもらいました。
散髪が終わったら、電車に乗って生地屋さんへ。
生地を買って、午後2時頃に地元駅へ戻ってきました。
近所のファミレスで昼ご飯を食べて、午後4時頃に帰宅。

買ってきた裏地を裁断して、ロックミシンを掛けて、糸始末をして、芯地にする布テープを貼って縫製。
そで口に縫い付けて、アイロンで少し整えて、夜10時にそでが完成しました。

展示会まであと1週間か~。
羽織は明日かあさってには仕上がると思います。

本日の日記

10時に起床。

羽織の後身頃のすそを補正。
思いのほか手間取って、午後4時に補正完了。

そのあと、そで口の表地と裏地を縫い合わせてみました。
まずは当初の計画どおり、別布無しで。
かなり、くたくたな見た目になりました…。
そで口は、すそよりも視線に近い高さにあるので、くたり具合が目立ちまくりです。
これでは駄目だな、と思ったので、ここも別布式に変えます。

すその補正に使った別布が余っていたのでそれを再利用。
再利用品でまかなえるのは、そで片方分だけでした。
とりあえず先ほど縫ったそで口をほどいて、片方だけ別布を入れてみました。
やっぱり断然見た目がキレイに仕上がりました!

で、ここで問題が…。
黒羽織に使うオレンジの裏地が、もう余分が少なくなってしまい、別布の大きさを採れません。
縫い合わせて継ぎはぎすれば採れるんですけど、本来ない縫い目が入るの微妙。。
92cmの幅なので、買い足すとしたら、必要な長さはたった10cmです。
その10cmの為だけに片道1時間くらい掛けて買い物しにいくのはなぁ。。

おととい試着てみて、えりには芯を追加したほうがいいかなと感じているので、その芯地も一緒に買いに行くかな。
家にある芯地は、軟らかいものと、中肉で少しコシがあるものとがあります。
どちらの硬さがいいか、切れ端の生地に接着して確認しました。
その結果、中肉のほうに決定。
この芯地は黒色しか持っていないので、白い羽織用に白色のものを買い足す必要があります。
ちょうどよかった。
これでオレンジの裏地と、白の接着芯地を買うのをまとめてやりに行けます。

ということで、夜11時頃まで仕事していました。
今朝、残り日数を数えてみたら、あと9日でした。
もう展示会まで10日を切ったんですね…。
来週前半には羽織は仕上がるだろうと思っていたけど、品質を上げるために別布補正をしたから、来週後半の月末まで掛かりそうだなぁ。
価格表を作る時間はギリギリ取れるとは思うけど、頒布物までは用意できないかも知れないなー。

本日の日記

10時に起床。

羽織の縫製。
昨日、前身頃のすそ補正が巧くいったので、後身頃のすそも補正することにしました。
裏地を裁断して、ロックミシンを掛けて、糸の始末をして、芯貼りしました。
午後3時になりました。

おやつを食べたあと、立ち疲れたのでゲーム休憩。
午後6時に夜ご飯を作って、冷ましている間に、先ほど用意した別布の端を縫製。
食事して、夜7時半になりました。
このあとはゲームの続きをして過ごします。

03/24のツイートまとめ

Ko_Oogi

珍しくこんな時間からサッカー観るる。
03-24 00:24

良い試合じゃった(*´∀`)
03-24 02:37

本日の日記

10時に起床。

羽織のすそ補正。
裏地を1センチ見せるための別布を裁断して、端をロックミシンでかがり縫い。
アイロンで折って、まずは黒羽織から。
前身頃のすそをほどいて、別布を縫い付けて、再度、別布が付いた表地と裏地を縫い合わせました。
ヨレは少し軽減されましたが、まだふにゃふにゃしていて頼りない感じ。
ポケット口みたいに、芯地を貼って生地にコシを出すことにしました。

白羽織で試してみます。
別布は細長いので、芯地の換わりに伸び止めテープで代用。
アイロンで貼ったら、良い感じのコシになりました。

午後6時から食事とお風呂を挟んで、夜8時頃から再開。
白羽織の前身頃をほどいて、芯貼りした別布を縫い付けて、表地と裏地を縫い合わせ。
バッチリです!
すそがついに製品にできるレベルの仕上がりになりました。

そのあと、芯貼りせずに別布を付けた黒羽織のほうのすそを分解して、芯貼りをし直しました。
再度縫い合わせて、前身頃のすそが完成しました。
夜12時まで掛かってしまって目がシパシパです(>_<)

本日の日記

9時頃に起床。

テレビを点けてWBC決勝戦を流しながら羽織縫製。
黒いほうの羽織のそで付けです。
午後2時に試合が終わったあと、午後3時頃にそで付けも終わりました。
しつけで閉じたままにしていた脇ポケットの口を開けました。
これであとは、えりを付けて、スナップなどの小物を付ければ完了となります。
普通に進めればあと2日かな。
展示会に向けては商談書類の作成などもあるけど、まだ1週間以上あるし、すそから見せている裏地部分がヨレていてだらしないので、すそを別布式へ補正しようかな。
とりあえず午後3時になってお腹空いたので、今日はここまでで作業終了。

WBCが終幕して、実況席の解説者たちがWBCの意義として、野球の良さを次の世代の子供たちに見せる機会になる、と話していました。
試合の途中で流れるテレビCMのなかで、競艇(ボートレース)が、桜花爛漫な感じの和風の演出で宣伝していましたが、あれではボートでレースを行う醍醐味が全然伝わらないなぁと思いました。
私がCM制作者だったら、ボート側面にカメラを取り付けて、水面スレスレを爆走して水しぶきがガンガン掛かってくる映像を使ったり、ガチのファン達(のフリでもいい)が各選手の特徴や今季の試合に向けた調整ぶりと勝敗の予想を熱く語り合っている光景を使いますね。
競艇の選手にしても、競馬の騎手にしても、競輪の選手にしても、野球選手にしても、どれでも同じなんですけど、「どんな魅力によってその道にハマったのか」という醍醐味の部分を見せることが必要です。

で。
我に返れば、和服の良さとはなにか、和服の良さをどのように見せるのか、というテーマに対して、展示会にしてもSNSにしても十分に伝えきれていないなぁということを改めて感じる。
洋服とは異なるシルエットができることや、日本の文化を体験しているという気分になれることが良さなんですけど、もっと直感的に訴えたいですよねぇ。
そもそも私は、自分で着ることよりも、服を作って他人の体を借りて表現を実現することにハマって今に至ります。
しかも、作りたい服は、洋服でも和服でもどちらでもかまわないんですよ。
単に、今までにないものを作って、日本の文化がより自由で懐が深くなるように貢献することが目的なのです。
そういうわけで、型に囚われすぎて死滅している和服を現代風に作り替えるべく選んだだけなので、着る人が和服にハマる理由を探すのが大変です。。
むしろ、どうにかして和服をカッコよく見せて、ハマる理由を無理矢理作り出しているという状況(^_^;)
とりあえず、私自身も和服を着た経験はあんまりないので、何が良いのか探すために、羽織の試作品をはおって30分ほど過ごしてみました。

羽織は浴衣よりも丈が短いから、浴衣と比べてトイレが圧倒的に楽ですね!
それと、洗濯物をベランダから取り込むとき、洗濯ばさみを幾つも、そでのたもとに入れて運べるので、便利だなと思いました。
そでのたもとは大きいので、試したら、ティッシュ箱も入った!
「ティッシュ箱もそでに入れて持ち運べます」は衝撃的で良いアピール方法だな(*´∀`)
あと、予想していたとおり、前が開いていると寒いですね。
ホックやスナップで前を閉じると、少し温かくなりました。これは想定どおり。

白いほうの羽織(銀色の羽織)はステージ衣装のようなド派手さなので、さすがにスーパーに着ていく気にはなれず、脱いで買い物へw
ただでさえ金髪で目立つので、金髪で銀色の羽織を着ている人が平日に住宅街を歩いていたら、すごーくシュールな光景になるだけで、どうやってもカッコよくは成れないw
黒いほうの羽織ならそこまでは目立たないので、着ていってみてもいいかなと思いましたが、試作品の黒羽織はまだそでとえりが付いていないのょ(^_^;) 残念。

帰宅したら午後5時半でした。
眠くなってきたので、布団を敷いて昼寝。
夜8時半までゴロゴロしていました。
起きて、夜ご飯。
歯磨きして、日記を書いて、夜10時になりました。
深夜のサッカーを観ることにしたので、それまで羽織の型紙のすそを改造しました。

03/22のツイートまとめ

Ko_Oogi

@PatrikBatAAr めっちゃおもしろそう!\(^o^)/
03-22 22:20

本日の日記

8時に起床。
朝から昼過ぎまで野球観戦。
これまでWBCやサッカーW杯などで平日昼間の試合は会社で仕事をしていたので、Webニュースやニュースメールなどで結果だけ知る、という形でした。
自宅で自営業になって、平日昼間でも自由にしっかりと観ることができるようになったのは複雑な気持ちです。
観戦できる喜びと、主婦になってしまったかのような不満と。

日本は負けてしまいましたね。。。
スポーツ観戦は勇気をもらうことも多いけど、無念な姿で落ち込むこともあります。
再来週の展示会で私も思うような結果にはならないかも知れないな、と悲観的な想像が沸いてきました。

午後2時から羽織縫製開始。
アイロンで、そでの丸みを作って、手縫いで縫い代を留めました。
そでの底の縫い代をアイロンで整形。

表地、裏地、それぞれの身頃とそでを縫い合わせ。
ファスナーがある部分は数ミリ開いてしまっているので、手縫いで閉じてから、そでを縫い付けました。
午後8時まで作業して、白いほうの羽織にそでを付け終わりました。

本日の日記

8時半に起床。

銀行に行って、縫製工場さんへ縫製代金を振り込み。
帰宅して振り込みした旨の連絡をメール送信。

テレビを点けて WBC中継を流しながら、羽織縫製の続き。
昨日の夜寝ていたときに、すその改良アイデアをひらめきました。
見せたい部分を別布にする、という構造です。
今回の試作2回目ではやらないことにしましたが、3回目でやれるように、別布の型紙を描きました。
身頃や襠の型紙もすその部分を直す必要があるんですが、時間が掛かりそうだったので、こちらは展示会終了後へ後回し。

表地と裏地のすそを縫い合わせて、表に返して、形を整えて、アイロンで折り線付け。
あんまり巧くできませんでしたが、別布式にすればもっと巧くやれると思います。
3回目を作る機会があるかどうか不明ですが、次回はもっと巧くやれる自信があるので、これはこれで良し。
もう展示会まで2週間しかしないしね。

夜8時に作業終了。

本日の日記

10時に起床。

羽織の縫製。
黒いほうの羽織で、両脇のファスナーに裏地を縫い合わせました。
昨日は出掛けていたとはいえ、平日も休日も仕事してると嫌気が差してくるわー。
でも自分がやらないとほかに誰もやってくれないのが個人活動の辛いところ。
展示会までのなるべく早いうちに新作の羽織が完成しないと安心できないし。
イライラしながら作業を進めました。

脇の裏地縫い合わせが終わったら午後3時になりました。
昨日実家から庭木に成ったザボンという大型の柑橘類を4個もらったので、ひとつむいて食べました。
品種改良されていないワイルドな果物なので、皮をむくのがとても大変。
外皮の厚みがなんと2センチもあるし。
1時間半も掛けて、1個分をまるごと食べ終わりました。
結構おいしくて、ひまつぶしにもなる良いおやつだけど、お腹一杯だ…。

食休みしながら日記を執筆。
これから午後5時になります。
両脇ファスナーの始端と終端の余分を切り落とす作業までやっておこうかな。

終端はそでが付くのでそんなに問題なし。
ファスナーの務歯(むし)上に、かんぬき止めと呼ばれる縫い目を入れて、終端金具をペンチで固定。
余りの部分をはさみで切り落としました。

始端のほうは、すそになるんですけど、思い描いた通りになるか心配だったので、ファスナーの余分を切り落としたあと、すそを少し縫ってみました。
まぁまぁいい感じで、すそが作れることが確認できました。
夜6時になったので、今日の作業はここまでにしよう。

本日の日記

9時頃に起床。

11時頃に父が車で来て、一緒に祖母の入院している療養施設へ。
昼1時~2時くらいまでお見舞いして、父と一緒に実家へ。

祖父が生前に使っていたデスクトップパソコンや、祖母の古い着物を譲ってもらいました。
パソコンは私が今使っているものと、いずれ入れ替える予定。
着物は縫い方などの見本として持っておこうと思います。

実家で夜ご飯を食べて帰宅。

03/18のツイートまとめ

Ko_Oogi

う~ん、花粉が…ふがふが(>_<)
03-18 11:54

本日の日記

9時に起床。

羽織の縫製。
白いほうの羽織で、両脇のファスナーに裏地を付けました。

昼過ぎに父親から電話が来て、明日祖母のお見舞いに行きながら実家に遊びに行くことにしました。

夜7時頃、夜ご飯を食べていたら何やら宅急便が。
大きな箱で、荷札を見たら、縫製工場さんからでした!
縫製を依頼していた浴衣と角帯を納品してくれました。
開封して、納品物の個数や縫製状態、請求書などを確認。
自分で生地を選んでおいて言うのもなんですが、黒のロールサイン柄はやっぱりカッコいいな。

浴衣3着、角帯13本を依頼したので税込で4万円くらいだろうと思っていたのですが、3万円でした。安いな~。
たぶん日本国内の和装品縫製ではここの工場さんが一番安いんじゃないかな…。
各部の縫製仕様と寸法を図面で指示して、材料を送るだけでいいので、自分で縫製するより楽だな~と感じました。
お金に余裕ができたら日常的に在庫作製を依頼したいなぁ。

日記を書いて、夜8時になりました。
ゲームしよ~。

本日の日記

10時に起床。

羽織の縫製。
黒い羽織の表地で、襠付け→脇ポケット付け→肩縫い→そで作成→両脇にファスナー付け までやりました。
昼11時半~午後2時半、買い物と料理と食事をして、午後5時~午後7時半まで作業しました。

日記を書いて、これからお風呂に入って、ゲームして寝ます。

03/16のツイートまとめ

Ko_Oogi

需要は「○○が無くて困っている」から始まる
03-16 09:51

本日の日記

9時に起床。

羽織の縫製の続き。
白いほうの羽織で、表地の両脇にファスナーを縫い付けました。
試作のときよりも印を増やして、前よりはきれいに付けられたかな?
終わったら午後2時半でした。

おやつにバナナを2本食べて、眠かったので緑茶を飲みました。
ゲームやりたくなったのでしばしゲーム休憩。
しかーし、全然眠気が覚めない。
たしか土日も作業していたような気がするので、今日はもう仕事は諦めよう。
午後5時に夕食を食べて、夜もゲーム。

本日の日記

9時に起床。

金曜に郵便物を受け取り損ねたときに、不在票ではなく居住確認ハガキが入れられていました。
日曜の夜にその居住確認ハガキの存在に気がついて、必要事項を記入してポストへ投函してからもう3日目になるのに、局で停まっている郵便物が届かないので、郵便局へ電話。
集配課へ取り次いでもらい、事情を説明。

確認して折り返してくれました。
昨日の配達で届けているとのこと。
郵便受けを見に行ったら、ありました!
封筒の宛名にはうちの屋号しか書かれていませんでした。
私は自宅で事業をやっていますが、普通のマンションなので、屋号の掲示はしていません。

宛名に屋号が書かれているときは、いつも一緒に私の氏名が併記されているので、郵便受けや表札の名字を見て配達してくれていたようですが、屋号だけの宛名では配達員さんにとっては「ここでいいのか分からん!」ということのようです。

郵便局では世帯ごとの名簿を持っているので、居住確認ハガキの回答内容によって、その名簿に居住者の氏名や屋号などを追記しているのだそうです。
確認ハガキに書かれていた指示では氏名を書けとあったので、私と旦那の氏名だけを書いて投函してしまったんですが、ここに屋号も書くのが正しいそうです。
今回は局員さんが気を利かせて、確認ハガキから名簿に屋号も追記してくれたそうです。
これで次回からは屋号だけの宛名でも、日本郵便さんなら確実に配達してくれますね。

応急処置として、表札の下に、油性ペンで屋号を書いた紙を貼っておきました。
いずれは事業所のロゴを印刷して郵便受けにも貼ろうかな。
展示会の新作縫製が終わって余裕があればやろう。

さて、やっと受け取った郵便物は、展示会で借りる展示用備品の請求書でした。
先日メールでもらった別会社にからの請求書と合わせて、振り込みに行ってきました。
昼11時に帰宅。
振込金額を会計処理。

そのあとは羽織の縫製。
白い羽織の表地を縫います。
前身頃に襠付け→脇ポケット付け→後身頃と前身頃の肩を縫い合わせ。
午後3時に軽食で休憩。
午後5時までやって、本当はこのあとファスナー付けがあるんですけど、眠たくなってきたので作業終了。

夜ご飯を食べて、日記を書いて、夜6時を過ぎました。
このあとは野球を観ます。

03/14のツイートまとめ

Ko_Oogi

@karikarikoume 写真をアップしたのでメールしました~。メールは共有通知システムから配信されるから、件名とか送信者名とかはいつもと違ってて、ちょっと探しにくいかも。送った時間は今日の昼1時くらいです。よろしく~(^-^)/
03-14 18:18

@karikarikoume お!了解です(^-^ゞ 中野と渋谷の公演もがんばってね~(^-^)/
03-14 19:06

本日の日記

10時に起床。

昨日の友人のライブでは写真撮影係をやったので、ストレージサービスに写真をアップロードして、友人にアドレスを送信。
昼1時頃になりました。

羽織の縫製の続き。
今日は白い羽織の裏に付けるオレンジの裏地です。
胸ポケット→襠→脇ポケットに向布付け→そでの底 と進めて、ここまで4時間でした。

買い物に行って、料理して、食事して、お風呂に入って、日記を書いて、夜7時からは野球を観ます。

本日の日記

9時に起床。

羽織の縫製を開始。
今日は白い羽織に付けるほうの水色の裏地を縫います。
ボビンに下糸を巻いて、まずは胸ポケットを付ける作業から。
もう5個目・6個目なので、キレイに作ることができました♪
襠を前身頃に付けて、脇ポケットに向布(むこうぬの)を取り付け。
そでの底を縫い合わせ。

今回は伸びに対応できるように縫い目の幅を大きくしています。
縫い目の幅が大きいと、ひと針で布地がたくさん進んでいくので、縫製が速く終わることが判りました。
縫い目が大きければ、失敗したときにほどくのも楽だし、これからは大きめの縫い目でやろう。

水色の糸でやる部分は一段落したので、次のオレンジの裏地のために、ボビンにオレンジ糸を巻いて、糸調子を確認。
これですぐにオレンジの裏地にも取り掛かれます。

夕方4時過ぎになったので今日の作業はここまで。
軽く夕食を食べて、友人の出演するライブハウスへ出発。
数ヶ月ぶりにポケモンGOをやりつつ、ハウスに到着。
偶然にも、このライブハウスは、2年前にストジャパで撮影させてもらった場所なのです。
事務局の人にごあいさつ。
私のことを覚えていてくれました!嬉しいo(^o^)o
友人とも再会。
始まるまでの時間で日記を執筆。
あとはのんびりと過ごします。

本日の日記

10時に起床。

羽織の表地の生地端にロックミシン掛け。
そのあと、これまでにかがり縫いした各部品の糸端を始末。
夕方4時頃に完了。

スーパーに行って、おつまみを購入。
夜は野球を観ます。

本日の日記

10時に起床。

裏地でポケットなどを裁断。
胸ポケットの口の部分に使う芯地も裁断して、口にする布にアイロンで貼りました。

ロックミシンを出して、生地の端をかがり縫い。
特に裏地にしているサテン生地はほつれやすいので、ロックミシン掛けが終わると安心します。
裏地の各部品をロック掛けし終ったところで、夜6時くらいになりました。
疲れたので今日はここまで。

今夜は野球はないので、ゲームして過ごそうかな。

本日の日記

10時に起床。

先週FAXで申込書を提出した、展示会でレンタルするメンズ人形やハンガーラックについて、反応がないので電話して確認。
メンズ人形のほうは、請求書がそのうち届くらしいので、しばらく待ち。
在庫は確保できているとのことでした。
ハンガーラックのほうは電話したらメールで請求書を送ってくれました。
こちらは私が振り込みに行けばオッケー。
今日は生地の裁断をやるので、振り込みは月曜にでも行こう。

ニュースを見たあと、午後1時頃から、白い羽織の裁断。
後身頃1枚、前身頃2枚、襠2枚、えり1枚、そで2枚。
午後4時に終わりました。
あえて防寒着などを着込んだまま、汗ばみながら作業しました。
身体が温まっているせいか、腰痛はほぼなくて、太ももの筋肉痛も消えて、スイスイ作業できました。
腰痛があるかないかで作業効率が大きく変わってきます。
けさ起きたときはヨタヨタ歩いていたほど腰が痛かったので、消えてよかった。
ちなみにメンズパンツはまだ履いていないので、腰痛はそれのせいではないです(笑)
白い表地の裁断も今日中には終わらないかなと思っていたので、終了できてスッキリです。

料理して、夕方5時半頃に夜ご飯。
夜は野球を観ます。

本日の日記

8時に起床。
チョコをほんのちょっと口にして、新聞を読んで、食品業の展示会場へ出発。
途中駅で母と合流して、一緒に展示を見て試食品をいただきながら廻りました。

やっぱり私のような繊維業の人がふらつく雰囲気ではないので、来月のうちらの展示会の招待券を配るのは諦めました。
招待券の束でカバンがけっこう重いのと、あちこちで試食をいただくと聞いていたのであえて朝ごはんを食べずに来たのと、昨日までの裁断作業で足腰が筋肉痛なのと、会場内が暑くて冬装備では辛いのと、、、というクアッドパンチで、入場直後からげっそり。
母から「次どこ見に行く?」と聞かれても足取りが重すぎて何も答えられず、椅子を見掛けたらそっちをめがけて進むしかない、という有り様(^_^;)

収穫はというと、ヨーロッパ地域のブースで、蹄(ひづめ)が付いたヒツジ?の脚をまるごと1本熟成させたハムを賞味させてもらったことですかね。
ひづめがお客さん側、ももが出展者側、という向きで台の上に置かれていて、その場で上から薄く削って試食が提供されていました。
ああいう風にして削って食べるんですねぇ。
ひときれ食べてみると塩味がとってもマイルドで、塩からほのかな甘味すら感じるのが、いかにも岩塩っぽいなと思いました。
脂身の部分も濃厚でした。
日本では獣食品では脚とか頭とかが付いているものはなかなか見る機会すらないので、良い人生経験になりました。

あとは、飲料エリアでは、モヒート風味のワインというのを見掛けました。
爽やかなミントの味と、ワインにしては甘めのブドウの味が良く合っていました。
ワインだと知らされなければ普通のモヒートだと思ってグビグビ呑んじゃいそうだなと思いました(笑)
新しい味に挑戦している食品業界も楽しそうですねぇ。

いちおうブース配置には、生鮮・食事・飲料・菓子などのジャンル分けがあるようでしたが、繊維業の展示会と違って、ジャンルごとというよりも、地域ごとにまとめられている感じでした。
繊維業界よりもずっと、その土地の風土との関わりが密接で、地域の顔を担っているブランド品が多い、ということなんですかね。

母の予定に合わせて、昼1時半過ぎに離脱。
外が涼しくて(12℃)気持ちいい~\(^o^)/
途中で母と別れて、地元駅でのんびりと食事。
帰りの電車ではずっと座れて、それなりに寝ていたし、しっかりと食事も摂れたので、やや元気を取り戻しました。
帰宅したら、すぐにスーパーに行って明日の食料を購入。

メンズ用のボクサーパンツも買ってみました。
自分で履く予定なので、~100cm以上まで対応のLLサイズです。
レディースショーツとは構造も全然違うし、そもそもレディースショーツでは「ウエスト」と「ヒップ」の2箇所で寸法表示されているのに対して、メンズボクサーパンツでは「胴囲」という寸法表示しかないんですね。
どこの高さで測るのか、という違いによるものかと。
そういった採寸や、各部品の構造や、縫い方まで、いろいろと勉強になります。
メンズアンダーウェアもデザインしてみたいなーと思ってはいるんですけど、ストジャパでは実現は難しそうだよね(笑)

そーいや、当然といえば当然なんですけど、メンズパンツにはレース飾りが付いてないですね。
脇のほうにしておけば、別段、動きづらくなることはないと思うので、蜘蛛柄とか恐竜柄とかでレース飾りを付けたらそれなりに喜ばれそうだよね。
とはいえ、オリジナル柄のレース作製は超絶に高そうだなぁ。
やっぱ印刷でやるのが筋かね。

買い物が終わったら夜7時になりました。
ニュースを視て、お風呂に入って、日記を書いて、夜10時になりました。
寝ますー。

03/08のツイートまとめ

Ko_Oogi

@karikarikoume まじで!ショーボート来んの!おととしショーボートを昼間ホールレンタルしてうちの浴衣ブランドのモデル着用写真を撮影させてもらったんだ。以前あげたチラシとかのあの写真はショーボート産ですw 思い出の場所(*´∀`) 3月13日、観に行くよ!!
03-08 13:35

@karikarikoume かつて生活圏が近かったご縁だね~!(笑)タブラは楽器自体初めて見るし、楽しみにしてるよー!練習頑張ってね~\(^o^)/
03-08 13:45

メガネをかけているピッチャーが多いの新鮮
03-08 21:21

本日の日記

9時頃に起床。

羽織の裁断2日目。
黒の表地で、前身頃と襠、そでとえりを裁断。
柄合わせは型紙に描いた位置に沿って、肩の部分はすんなりと出来ました。
この伸びる生地は、床に置いた状態は縦方向の柄の間隔が狭くなったので、型紙に描いた柄位置では、すそのほうの柄合わせが出来ませんでした。
無理やり生地を引っ張れば合わせられるかも知れなかったんですけど、後身頃は伸ばさすに裁断しているので、前身頃だけ引っ張りまくると、すその高さが前身頃だけ数センチ上がってしまいそう。
ということで、前身頃も伸ばさずに裁断したあと、襠は型紙に描いた柄の位置は無視して、前身頃の生地と襠を採る生地を使って、柄の位置合わせをしました。
そでとえりは型紙に描いた柄位置を使用。

夜6時頃に作業終了。
今夜も野球観戦。
プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示