FC2ブログ

本日の日記

昨日は夜1時に寝て、そのまま夜中や明け方に起きることなく、朝起きたら午前10時でした。
熟睡できるのはいいことだけど、もう少し早く起きたいな…。
じゃないと仕事開始がいつも午後になっちゃう。

洗濯して、午後1時から仕事開始。
机と椅子を居間に移動して、床にカッターマットを敷いて、2着目となるスタンドカラーシャツの裁断をおこないました。
今度は間違えないように生地は常に上表で、袖など左右2枚採るものは型紙のほうを裏返して裁断しました。

演奏会用のシャツは前身頃が3分割だったから、裁断の手間も3倍だったけど、書生コス用のこのシャツは、通常どおり前身頃が1枚ずつなので、すんなりと終わりました。

両袖、右前身頃、左前身頃、衿2枚、カフス2枚、後身頃を裁断。

午後4時過ぎになりました。
夜ご飯。
疲れたので休憩。

午後5時半から再開。

大きなものを裁断し終わったので、机を戻して、机の上で、剣ボロ2枚、下ボロ2枚、残りのカフス2枚、衿の芯地1枚、カフスの芯地2枚を裁断しました。
夜のニュースを見ながら、衿とカフスに芯地を貼りました。
夜7時過ぎに仕事終わり。

お風呂に入って、そのあと日記を執筆。

Facebookで、先々週に参加した新しいほうの着物散歩イベントの、参加が投稿した写真に自分をタグ付けしたら、コメントが投稿されるたびにプッシュ通知が来ます。
コメントは投稿者に向けたものなので自分は関係ないですが、コメントへの返信で、投稿者さんが「年を追うごとに自分が日本人に生まれてきて良かったなと感じています」と書き込んでいました。
10年前、自分が服を創作しようと考えたときに目指したもの、ストジャパが目標としているもの、それが着物散歩イベントで実現していることを目の当たりにしました。

(この参加者さんとは話したことがほとんど無くて、自分は顔も覚えていません。
ストジャパの購入者ではなく、オーダーメイドとして服を作製して納品したお客さんでもない、というところが何とも言えない…。)

着物散歩イベントは、ほぼボランティアで収入源にはならないし、自分1人だけでは成し得ないので、何をどこまで荷担するかは考える余地がありますが、スタッフや一般参加として、忘れ去られることがない程度に参加して、関わり続けるべきかな…。

11年前、24歳だった自分は、今ならまだ父母は元気で親の介護は当分ないから、自分の可能性に挑戦するなら今だと思ってストジャパを始めました。
あれから10年経って、両親は還暦を迎えました。
自分は、会社員を辞めて、貯金を食い潰す生活をしています。
そろそろ、いつかは来るであろう父母の介護や葬儀に備えて、貯金ができる生活にするために、もう自分への挑戦は終えて、服作りを休業して、違う業種のアルバイトで生活するフリーターに転職するべきか?という考えがよく頭の中をよぎる昨今です。
なので、ストジャパを愛してくれるお得意さんの存在、納品した服をイベントに着てきてくれるお客さんの存在、それと、この件も加味して、自分はどうするべきかをじっくり考えたいな。

素案としては、注文服の値段を10万円~の所要時間従量制にして、受注がない期間は異業種でアルバイト生活しようかと思っています。
ちなみに異業種にこだわりがある訳ではなく、アパレル業のアルバイトというと、店舗での販売担当ばかりで、製作関係の職種では見つけるのが難しそうだな、というだけです。

あぁ、そういえば、インターネット上にある縫製業者のマッチングサイトに、うちは登録してないんだよね。
登録して様子を見るべきかなー。

これまで新規の個人客を開拓して、そのうち2割~3割くらいがリピーターになってくれているとはいえ、それだけで生活を支えようというのは無理があるのかな。
異業種フリーターとか考える前に、下請けの仕事を増やして、縫製技能や価格算定の研鑽を積むほうが大人の対応かなぁ?

下請けの縫製は昨年に2件やって、1件は成功したな。
安めの値段にしたけど、お客さんが満足してくれて、値上げに理解をもらえたしな。

色々書いていたら、もうすぐ夜10時だな。
早寝・早起きしなきゃな。
プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになったゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなくデザイン画を描いていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後、メンズ向けのカジュアル和服ブランド「ストリート・ジャパネスク」を始めました。

2015年にIT業の会社を退職し、個人事業主のファッションデザイナーになりました。起業後2年ほどはブランド運営をメインに活動していましたが、現在は、ブランドのほうはほぼ在庫発送のみです。

現在のメイン業務は、オーダーメイドでの衣服の作製です。和服・洋服・メンズ・レディース問わず対応しています。デザイン/型紙(パターン)作製/縫製を1人でやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示