FC2ブログ

ファッションデザイナー生活 110日目

今日ももりもり書いてます。

カラー印刷をするたびにコンビニに行って数百円~千円ほど費やしているので、自宅の複合機を修理したほうがいいかなぁと思って、修理の案内を見てみたら、機種が古くて修理対象から除外されていました。

家庭用のインクジェット複合機は2万円程度ですが、SOHO用のレーザープリンターが欲しいなと思って値段を見たら、7万円程度なんですね。

自分が行うカラー印刷の頻度に対して、SOHO用レーザープリンター、SOHO用インクジェット複合機、家庭用インクジェット複合機の値段と性能を鑑みてみました。

その結果、残念なことに、カラー印刷をする頻度がときたま程度で少なかったので、このまま白黒印刷は自宅の複合機を使って、カラー印刷のときだけコンビニに貢ぐスタイルが一番安上がりでした…。

紙媒体をたくさん使う職業なら真っ先に買うんですけどねえ。なにせファッションデザイナーですからねえorz すごくすごく残念です。

さて、縫製手順書は、今日は身頃の部分を書いてました。

身頃の表地と裏地、そでの表地と裏地、背中のファスナーをどの段階で合体させるのか、通常の手順を思い出しながら、それに則して書いています。

が、このドレスは形状が複雑なので、通常の順序でやれるのかどうか、時々はっと気がついて考慮に加えています。

そういえば、総裏地付きのトップスって、私はほとんど作ったことがなくて、服飾の学校に行ってたときにコートを1着作っただけだわ。

ジャケットやコートの作り方は自信ないんですが、少なくともこのドレスで裏地付けの訓練ができそうです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになったゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなくデザイン画を描いていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後、メンズ向けのカジュアル和服ブランド「ストリート・ジャパネスク」を始めました。

2015年にIT業の会社を退職し、個人事業主のファッションデザイナーになりました。起業後2年ほどはブランド運営をメインに活動していましたが、現在は、ブランドのほうはほぼ在庫発送のみです。

現在のメイン業務は、オーダーメイドでの衣服の作製です。和服・洋服・メンズ・レディース問わず対応しています。デザイン/型紙(パターン)作製/縫製を1人でやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示