ファッションデザイナー生活 139日目

今日は新聞が休刊日だったので朝8時から開始。

あさってに撮影の件でモデルさんと衣装・ウィッグなどの合わせを行うので、確認したい事項を載せて決めた事を記していくための書類作成を行いました。

服が着られるか、ウィッグはどんな色でどんな髪型にするか、当日履いてきてもらう靴とズボンの確認、メイク、ポーズ、カメラアングルなどの項目と案を記入。

それと、衣装合わせのときに、着替えの所要時間も算出しておきたいので、アイテムごとに着脱の時間配分を予想した表も作成。

この表が見やすいようになかなか作れなくて、かなりの時間が掛かってしまいました。

明日は、今後のスケジュール案を説明する書類を作ります。

ウィッグの色を打ち合わせするのに、色見本帳を持って行くか悩む。
フルセットで持つとかなり重いので、カート必須になる。

しかも色見本帳から色を探すのもそれなりに時間を食うので、打ち合わせの場で本当に開くかも怪しい。

基本色のセットだけにするか、ミニサイズの物を持っていくか、捨ててもいいものだけ持っていくか。

色を選んだらその場で切り取って渡したいので、切れないミニサイズではなく、捨ててもいいやつにしようかな。

打ち合わせまで明日1日しかないのは辛いな…。やるべきことについてはやり漏らすことはないだろうけど、やったほうがいいこと は何かやり忘れそうだな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示