ファッションデザイナー生活 159日目

ロックミシンの糸調子を調整。意外と時間が掛かってしまいました。

糸調子の調整が終わったら、壁ペイントを隠す用の生地をロックミシンでほつれ留め。

ロックミシンが終わったら、縫い始めと縫い終わりにある糸を始末。

そしてアイロンで縫い目を割りました。
ロックミシンを掛けた所も糸に引っ張られてしわが寄っていたので、アイロンを掛けて引っ張ってみましたが、これはあまり改善しませんでした。残念。
ま、たかだか覆い布なので、縫製品質にはさほどこだわらずに、これで完成にしました。

すでに夕方6時過ぎていて、明日はダンスドレスの修行に行くため、浴衣の生地の裁断は後日に回しました。

夜ごはんまで中途半端に余った時間をどうしたものか。とりあえず、思いつくまま、浴衣用にミシンの糸を交換して糸調子を調整。今度はすんなり終わりました。

まだ時間が余っていたので、撮影計画のうち、ポーズと照明の未定になっている部分を考えることにしました。

まずは比較的簡単に考えられる照明から。
青は浴衣の色味と被るので使わない。
ほかのポーズで、赤、白、黄色を使うことが決まっているので、照明未定だったポーズでは緑を使うことにしました。

次はポーズ。
一つは画像準備中で、もう一つは全く未定になっています。

まずは、画像準備中のほうについて、イラストを描きました。
絵を描くのは一年半ぶり!色鉛筆で着色するのは
3年ぶり?!!

縫製も上手に出来ると楽しいですが、絵を描くのも楽しい♪ もともと服を作り始める前はイラストを描いていただけあって、描いているとかつての自分の時間が戻ってきた感じがしました(゜▽゜*)

筋肉の描き方も思い出してきて、未定のほうもおおむねポーズの案がまとまってきました♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示