ファッションデザイナー生活 169日目

やることいっぱいあって何からやろうか迷いましたが、24日の衣装合わせで着てもらうYシャツのそで口カフスの改造をやることにしました。

もともと装着されているカフスのサイズを計り、5cm×28cm であることが判りました。
そでを長くしたいので、カフスの幅を 10cm、15cm、20cm の3種類作ります。

どの長さがちょうどいいかは衣装合わせの時に着てみて確認するのです。

紙にフリーハンドでイラストを描き、カフスのデザインを決めました。

カフスの上に装飾のベルトをいくつか付けたいので、ベルトの幅や配置する間隔をいろいろメモして試行錯誤しました。
その結果、2cm幅のベルトを 5mm間隔で並べて、上下に余白を 1.5cmとる配置に落ち着きました。

型紙を描き上げて、生地とベルトに付ける飾りを買いに行きました。

生地はポリエステルと判っていて黒だったこともあり、同じような物をすんなり発見できました。サテン売り場の隣にありました。

テトロンという生地だそうです。比較的、光沢があって、柔らかくて手触りのよい生地です。

ベルトに付ける飾りは、どんなのがあるかをあまり詳しく知らないので、特に決めずに行ったこともあり、かなり悩んでしまいました。

見た目の違いや、付け方の違いが沢山ありすぎて、必要な工具も難易度も違うので、部品を眺めただけでは結局どれがいいのか判らず、片っ端から1つずつ買って試してみてから再度必要な分量を買いに来ることにしました。

買い集めた物はおおまかに分けると、下記になります。

宝石のようにキラキラするラインストーン
ラインストーンを貼る接着剤
アイロンで貼るタイプの飾り金具
ラインストーンや金具を貼るためのこて型アイロン
生地に穴を開けて挟み込むタイプの飾り金具
生地に穴を開ける工具
ホチキスのように生地に刺して曲げ留めるタイプの飾り金具
一般的な工具(ニッパー、ペンチ、ピンセット、木槌)
ラインストーンをつまむためのペン
部品を小分け収納するためのプラスチックケース
飾り用の金属チェーン
普通のボタン

ベルト飾り用品は、しめて 12,800円でした。

今回の撮影準備はあんまり時間取れないのが辛いところですけど、装飾金具の取り付けはいつかやる機会が来るだろうと思っていたので、工具をそろえて部品を知る機会が得られたのはよかったです。

改めてスケジュールを組み直したら、9月は余裕ないな…。やりたいことを100%やりきるには、かなり頑張らないといけない状態になってきました。が、頑張ります。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示