ファッションデザイナー生活 215日目

新聞を読んでいたら、夫婦別姓の意見や体験談を募集していました。

日々の記事に対していちいち文章を書いて反応してると作業時間がどんどん無くなるからやりたくないんですけど、今年自分も苗字の変更で非常に苦労したし、しかも普通はなかなか体験しないような境遇になっていたので、自分の体験談を書いてメールで送りました。

もし海外のお客さんから、商品の代金を納入してもらうとき、クレジットカードを使わずに日本国内の銀行口座へ海外送金で振込してもらうとしたら、住民票と事業活動名が違うとどんな影響があるのかについて分からないところがあったので、ネットで海外送金について調べながら改姓の問題点を整理しました。

その調べもののおかげで、海外送金に関するそのほかの疑問点も解消しました。

海外送金を受けるのに使う口座は外貨建てである必要はなく、むしろ受け側が日本円でないと銀行に払う手数料が大幅に上がるんですね。

なので銀行側も、送金用に外貨建て口座を用意するという使い方は想定していなくて、外貨建て口座は為替を利用して資産運用するためのものでした。

また、銀行に海外送金の処理をしてもらう手数料というのがATMとは比較にならなくて、2000円とか 5000円とかのレベルでした。そんな状態では商品の運送料も含めたら浴衣の販売利益はほぼ0になるぉ…。

現在用意しているほぼ無料のネットショップでは海外からの決済を受け付けできるのかもよく分からないんですけど、早めに予算を確保してPayPalみたいなクレジットカード決済が使える有料のネットショップサービスに移るのが筋だな、ということも改めて実感しました。

12時過ぎに投書が終わって、それからスーパーに食材を買いに行き、昼ごはんは寄せ鍋を作りました。

午後はまた浴衣の型紙作製。おくみが出来上がりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示