ファッションデザイナー生活 225日目

浴衣の縫製に入る前に、裁断したまま何ヵ月も放置しているメールンドレスの試作部品がいい加減邪魔くさいので、メールンドレスの部品を縫製して片付けやすくしておくことにしました。

どけた時に引っ張られたり、重力で引っ張られたりしていそうなので、寸法が狂っているかな?と覚悟していたんですが、それほど狂いは発生していなくて、思ったよりもすんなりときれいに縫製が進みました。

部品が小間切れすぎて狙いどおりの仕上がり寸法になるのか全く不明なんですが、部品同士が正しい位置で縫い合わさっていくと、縫製が楽しいです。

昼間は、旦那のお婆さんと叔母さんに会いに行きました。お婆さんは耳が遠いのであんまり会話できませんでしたが、叔母さんとは楽しくお話しできました。

先週旦那の実家でお義母さんから言われたことが刺さっているんだという話もして、お互いの人柄も聞いたり話したりできたので、かなり気が楽になりました。

自由を求めて自営業を始めたわけではなく、ブラックな会社で苦労の会社員生活を送った末に起業したんだということも少しですが話すことができました。

叔母さんとお義母さんは姉妹だけあってちょくちょく連絡を取り合っているようなので、今日私と話した内容の一部や、私の印象が、叔母さん経由で、お義母さんにも伝わっていくと思います。

脱サラしてファッションデザイナーをやることに対するお義母さんの心配を拭い去るのは今は無理ですが、この人生を選んだ経緯をちょっとずつ知ってもらって、少しでも不安が緩和されるといいなと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示