ファッションデザイナー生活 248日目

昨日は新聞が休刊だったのでフィギュアスケートの結果は載らないなとあきらめていたら、今日の新聞に載っていました!
やっぱりおとといのグランプリファイナルの羽生選手は何度見ても元気が出ます。

新聞広告やチラシでとても気に入った写真があれば切り抜いて取っているんですけど、大きいものは折らざるを得なくて、しかもファイルにしまいっぱなしになってしまうので、壁に貼って飾ることにしました。

これまでの数年分の写真スクラップを持ち出してきて、両面テープで壁3面に貼っていきました。
小さいものは目線の高さにして、退色を避けるために日射しが当たる場所を避けて、なおかつ普段部屋のなかで自分が向いている方向も考慮して、どこに何を貼るかを吟味しました。

写真や記事のジャンルはいろいろです。ガラス細工、アクセサリー、時計、生け花、能面、バレエ衣装、フィギュアスケート選手の言動記録、野球の侍ジャパンのユニフォーム、野球の前田投手の力投ポーズに、猫のいる風景など。そしてストジャパのポスターとチラシ。

部屋作りに時間を取られて、ファスナー縫いの続きをやれませんでした(笑)

メールを確認したら、来年5月のアートイベント、デザインフェスタへの応募に当選しました!さっそくツイッターで報告して、参加代金を振り込み。

ついでに英字新聞の契約も一年間継続でカード支払いしておきました。
昨日家から徒歩12分のところに英会話学校があるのを発見して、ネットで料金を見てみたんですが、1ヶ月で1万円はするので、1ヶ月で千円程度で済んでいる英字新聞を今まで通り活用していくのが、自分に取っては学校行くより良い方法であるという結論に達しました。

いつも英字新聞では見出しだけを音読しているんですけど、フィギュアスケートの記事があればそこだけ本文も音読しています。
すでにフィギュアスケートは技の名前も覚えちゃったし、シングル種目であれば選手の名前も覚えてちゃったし、演技後にどんなコメントを発したかも先に日本語のテレビ放送で聞いているので、英文記事が非常にスムーズに読めます(笑)

新聞の大きさ自体は、通常の半面分の大きさのタブロイドサイズで、日曜版ではあるんですけど、政治や経済や国際情勢の記事もがっつり載っているので、普通の記事は知らない単語が多すぎて音読するだけでもけっこう大変です。
軍事用語とか経済用語とか医療用語とか科学用語とか、知らんがな!(笑) しかし残念ながらフィギュアスケート用語は完璧 f(^_^; おれはやっぱりスケートオタクだということか…?(スケオタはもっとファン活動の深度が半端じゃなくて自分的にドン引きすることが多いので一緒にされたくないw)

すらすら英文が音読できるのはホントに気持ちいいです。自分が得意な分野の話題で英語の練習をするのが一番近道かもしれません。
夏期はフィギュアスケートの話題がなくてしんどいんですけど(笑)、冬期に入ってから英語の鍛練が楽しいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示