ファッションデザイナー生活 271日目

今日はギリギリ 8:40に起きました。10分ずつ早めていきたい…。

昨日検索して見つけた帽子掛けを購入手続きし、神道式のレンタル椅子も見積り手続きをしました。
フリーマーケットの参加申し込みもしたかったんですが、まだ1ヶ月以上あるせいか、受付が始まっていませんでした。

フリーマーケットでブースのレイアウトに使うレジャーシートと、購入者に渡す領収証用紙を買いにホームセンターへ。

レジャーシートは一番小さいのでも 2m×3mくらいからしか置いてなかったですが、とりあえずそれを買いました。
フリーマーケットでの標準的なブースサイズはそれくらいだし、大は小を兼ねる。。

領収証用紙を見ていて、そういえば収入印紙はどんなときに必要なのかを調べてないことを思い出しました。
その場でググッてみたんですが、小難しくてすぐには解らなさそうだったので、とりあえずよく見掛けるシンプルなのを買いました。

そのほかに、カイロや、文房具や、市のごみ収集袋を買いました。
食材スーパーが併設されているので、昼ごはんの鍋食材も購入♪
最寄りのスーパーにはない種類の緑茶ティーバックや、紅茶のアッサムティーがあったのでそれらも購入♪

帰宅して昼ごはんを食べ終わったあと、ブース内に置く看板のデザインを作りました。
カード支払いOKとか、品物一覧とか、事業所のロゴとか、そういったものです。

デザインが出来上がってふとメールを見たら、レンタル椅子の見積りが着ていました。
中身を見てビックリ!送料が往復2000円含まれて、3400円くらいになっとる。。
神道式の折り畳み椅子(胡床(こしょう)と呼ばれているもの)は買っても1万円弱なのと、2月、3月、4月、5月と少なくとも4回は使おうと思っているので、毎回レンタルするよりも買っちゃったほうがいいなと判断しました。

見積りしてもらった方には丁重にキャンセルの返信をして、胡床を検索。
ブースでは自分が立ち上がれば胡床がお客さんの目に入るので、黒色の漆塗りで、座面がきらびやかな錦布のものを。
中国や韓国の物と並んだときには白木のほうが日本らしさが出るんですけど、欧米の外国人観光客にとっては、漆塗りで華麗な錦布のほうが直感的に日本らしさを感じてもらいやすいと思うので。

5000円程度で見つけたので購入手続き。
座面の錦布の、色や柄は詳しく見られませんでしたが、そこは日頃生地を扱っている人間として、別の生地に付け替えることは可能なので、キニシナイ(*´∀`)

メールンのそでを進めて寝よー。

毎日ちょっとずつでもメールンドレスが進んでいくのは嬉しいです。
スマホで日記を打った直後では、頭がまだ速めに回転していて、なかなか鎮まってくれないんですけど、製図や縫製ではそれほど頭は使わないので、脳が静かな状態でほとんど何も思案せずに就寝できます。

メールンをやってもまだ少し興奮しているときには、ゲームして鎮めています。

ゲームの中という別の世界のことに浸ると、頭の中を切り替えるのが楽です。
しかも大抵は寝る前で、部屋の照明を半分以下にしてプレイしているので、パブロフの犬みたいに、ゲーム始めると反射的に心身とも、もうすぐ寝るんだぜモードに入ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示