ファッションデザイナー生活 305日目

10時頃に起きました。
朝ごはんを食べて新聞に目を通していたら、羽生選手が時代劇の映画に出るという記事が。

しかも、江戸時代に仙台の宿屋たちが基金を設けて、仙台藩主から利息をもらって町おこしするという内容らしい。

昨日寄席で聞いたお噺がちょうど似たような内容でした。
こちらは、宿泊代を払わない客を抱える宿屋が、客が作った工芸品で大名行列から宿泊代を得る、という内容でした。

殿様の側から宿屋に赴くという筋書きまで同じで、しかも昨日私は羽生ファンの知り合いまで出来ているだけに、神様のご縁だなと思いました。

記事には雑なイラストが載っていましたが、紅白歌合戦での羽生選手の羽織袴姿を知っているだけに、ちょんまげが似合いまくっている殿様な羽生選手をありありと想像できる。。。あのままだと威厳が足りないから口ヒゲでも付けるんだろうか?
羽生選手の殿様面が頭から離れないんだけど!おかげで今日は一日変な心理状態でした(ー_ー;)

仕事のほうは、やるべきことをどの順番で進めていくかを考えました。

最初は、今週末のフリーマーケット出店を基準に予定を組もうと思いましたが、ぐぐったら天気が悪いということがわかりました。
屋根がない屋外の会場なので、中止になる可能性があります。というか、初めての参加で雨対策なんてしてないから中止になってくれよ。
ということで、フリーマーケットは重視せず、3月末のジャパンエキスポ向けの物品配送を基準にして優先順位を組んでいきました。

そのあと、フリーマーケット用の物品をスーツケースに入れました。全部持っていく必要はないんだけど、浴衣の在庫が全部入ったよ!

インスタグラムを試しに始めてみました。作業負担と広報効果のバランスを見てみて、よさそうだったら事業所アカウントを作ります。

ここ数日間はメールンをやれていなかったので、夕方からはメールンのそでの型紙を作りました。

お風呂入ってこれを書いて、いま夜9時なんですが、なんか疲労感が。
最近寝てばかりなような気がしているんですけど、それでも今日はもう何もやる気が起きません。。
自分が感じた以上に、あのエキスポ資料作りが大変だったんですかね?
それとも自分のペースを越えて頑張りすぎてたのか?
数えてみたら5日間も資料作りと海外販売用のラベル作製手配にかかりっきりだったから、自分のペースで作業するよりは大変だったかもなー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示