ファッションデザイナー生活 307日目

浴衣の在庫作製のため、退廃風ムラ染め柄の生地で2Lサイズと3Lサイズを1着ずつ裁断。

裁断中に郵便が来て、外国用の洗濯表示タグが到着しました!
ネットバンキングでタグの代金を振り込みし、返信メールを書きました。
フランス語・英語・中国語の洗濯表示タグが並ぶと壮観です。
印刷の出来にとても満足したので、返信メールでベタ褒めして感謝の言葉をつづっておきました。

今回のやり方で、外国語の文字データさえ取得できてしまえばどんな言語でも作製可能だということが判ったので、英語から各国語に翻訳してくれる人さえいれば、ドイツ語、ロシア語、スウェーデン語、タイ語なんかもできますね!

頼りになる業者さんの存在は非常に大事です。
お客さんから愛されることも大事ですが、それと同じくらい、業者さんからも愛される存在になろうと思っています。
うちと、お客さんと、業者さんと、三者でよいものを作り上げるんだという信念が、言うなればうちのモットーですかね。

さて、裁断作業を進めていたら、ケータイがなにかを着信したので開けてみたら、5月のデザインフェスタのほうで、出展者紹介の掲載が完了して、あちらのツイッターアカウントで宣伝された音でした。
すかさずウチも事業所アカウントと個人アカウントでリツイート。

さらに裁断作業を進めていると、今度は電話が。
知らない番号で、電話が来るような用事は思い当たらないので、なんだろーと思いながら出てみると、勧誘の電話でした(^_^;)

フェイスブックからホームページを見たそうで、検索で上の方に表示させるSEO対策をやってみないか、という営業でした。
最初に聞いたときはSEO対策ってなんのことだか解らなかったので、相手の説明を聞いた後で、SEO対策に回せるお金はない、と言ったんですが、相手がしつこく食い下がってきました。
しかたなく、うちは浴衣がメインだから、夏季の4ヶ月だけとか期間限定でやれるんですか?と聞いてみました。
すると、やれない、というか期間限定でやる類いのものではない、ということを言っていたので、じゃあなおさら無理ですと言って電話を切りました。
切るときに、相手が切られまいとあたふたしてなんでも言葉を投げ掛けていたので、本音が聞けました。
「4ヶ月だけやっても意味ないからー!」だそうです(笑)

あちらとして通年でコンスタントに収入が欲しいでしょうが、オフシーズンの間もお金をかけ続けるという経営判断はナンセンスです。
外国向けに通年で表示させるという手はアリですけど、日本国内では所詮、浴衣なんて季節商品の枠を出られないから、SEO対策なんて季節商品には合わないよ。

そもそも、前々職でまさにテレアポや訪問販売の営業マンをしていた自分の経験に照らし合わせても、テレアポや訪問販売で営業してくる会社は信用ならないので、それらの会社のプランにはまず乗らないです。

勧誘営業の電話は嫌ですねー。
先日のアプリ宣伝メールのほうがよっぽどソフトでいいわぁ。
それにしても、フェイスブックで不特定多数のビジネスページを探すのってかなり大変だと思うんだけど、どうやってたどり着いたんだろう。エリアで指定を掛けて見つけたんだろうか?
うちは更新頻度は普通だし、無名だし、いいね数も少ないから、検索窓に適当にキーワードを放り込んだ程度では見つからないとオモw
つい1時間くらい前のツイッターでのデザインフェスタの宣伝ツイートは関係ないと思う。

いずれにしても、営業が掛かるようになるということは、少しは人目に触れるようになってきたということかな。
一歩前進だと前向きに捉えよう。

裁断作業のほうは、切りのいいところまで終わらせたくて、夜9時すぎまで掛けて、無理矢理全部終わらせてしまいました。
脚腰がガクガクです。。。

切り終わった生地の山を写真撮ってインスタグラムに上げてみました。
ツイッターとフェイスブックに同時に投稿できるんですね!
インスタグラムをちょびちょび触って、操作方法や機能を体験しています。
同じ写真と文章を両方に流せるのは便利だけど、ツイッターでは画像がアドレスに置き換わってしまうので、大きく宣伝したい投稿の場合では微妙だなと思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示