ファッションデザイナー生活 311日目

商工会の海外販売無料相談会について、細かい日程調整のメールが着ていたので返信。
2月23日(火)の午後になりました。
明日確定申告を出しに行ってこようと思っていたんですが、相談会の場所と税務署が両方とも立川なので、相談会の日の午前中に確定申告を出すことにしました。

イスラエルで浴衣を買いたがっている業者さんに連絡を取るため、ジェトロのマッチングページに行きました。
うちも昨日、業者登録を済ませたので、相手の詳細が見られます。

イスラエルの業者さんの住所と、担当者の名前が判りました。
引き合いのメールが何通着ていて、開封率も見ることができました。
開封率が低かったので、2007年の登録当初は読んでいて、現在は放置になってしまっているんでしょう。
このマッチングサイトからメールを出してもダメそうなので、情報をもとにググってみました。

相手のフェイスブックを見つけました!
イスラエルのテルアビブという街で日本物品などを扱っている、NOOK Atmosphere というお店でした。
ホームページはなく、フェイスブックは頻繁に更新されているので、フェイスブック経由で連絡を取れば間違いですね。
しかも、フェイスブックに載せている、こけしとか焼き物とか水墨画の写真は、日本人が撮影していることが判りました。

フェイスブックでその人をさらに調べてみたら、京都出身の方で、イスラエル人の旦那さんがテルアビブで合気道の道場をやってるっぽい。

日本人スタッフがいるなら輸出入の商談もやりやすいですね!
お店の雰囲気や商品は、おしとやかな感じだったので、うちの品ぞろえが充実してきたら声を掛けようと思います。5月くらいかなぁ?

あーでも、見るからに男性向けのゴツくてド渋い商品にも、いいねが比較的多く着ていたので、うちのゴリゴリ退廃柄でも意外とウケるかも?
それに、今知り合いになっておけば、フランスに行った帰りにイスラエルに寄るという選択肢も取れるなあ。
5月だと代理店経由の渡航予約と同時期になるから、日程にイスラエルを組み込む余裕がなくなってるかもしれない。

明日、日本語と英語を併記した文章を作って、お店に声を掛けよう!

不思議なもので、何かとイスラエルとご縁がありますねぇ。
1月にフェイスブックをつなげたエルサレムのファッションデザイナーさんといい、今回のテルアビブの日本グッズ店といい。

しかも、うちの家族は、子供の頃にイスラエル大使館に勤務している方と交流があったんですよ。
苗字だけ覚えていて、あちらのお母さんの名前は覚えてないんですが、今日ふと、お子さんの名前を思い出しました!さっそく、ググってみました。
カタカナではアルファベットのつづりが出てこなくて、無理かな、と思いましたが、「hebrew」「names」で英語のサイトを引き当てて、つづりを見つけました!
Noa Kushnir ですね。もうアラサーになってるはずです。少なくともフェイスブックはやっていないようです。
イスラエルに寄ることになったら、この人たちの消息も追ってみようかな。
友達はいなさそうだったから日本での生活が楽しかったかどうかは判りませんが、私やウチのきょうだいと何回か一緒に遊んだし、ひなまつりの日にウチにお招きしたことがあるので、覚えているだろー。

さて、浴衣のほうは、袖を縫い付けて、夕方に縫製完了!
夜に仕上げのアイロンプレス作業をして、完成!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示