ファッションデザイナー生活 314日目

朝ごはんを食べ終わったところで、フォトグラファーさんから LINEが。
いまから新千歳空港を飛び立つので、昼過ぎに私の自宅に行けるとのことでした。
印刷所でポストカード商品の打ち合わせを一緒にやろうと思っているので、印刷所に電話してそちらの都合を聞き、夕方に打ち合わせすることにしました。

洗濯して、部屋を掃き掃除。

午後からは生地の裁断をしながら到着を待ちました。
フォトグラファーさんは朝ごはんも昼ごはんも食べずに向かっているとのことなので(°Д°)、うちの最寄り駅で一緒にごはんを食べることにしました。

フォトグラファーさんと会うのは撮影以来なので、半年ぶりですかねー。
ごはんを食べたあと、ポストカード商品にする写真を二人で選定。

夕方午後5時に二人で印刷所に赴き、サイズ、紙質、枚数などを打ち合わせしました。
フォトグラファーさんはこのあと予定があるとのことで、時間が差し迫っていたので、私の家には寄らずに駅で別れました。

帰宅して裁断の続きをやっていたら、社交ダンスのドレスデザイナーさんから SMSが。
大学のダンスサークルの後輩からコスプレ服の相談を受けたらしいんですが、コスプレ服は分からんとのことで、私のほうを後輩に紹介してもいいか、とのことでした。
ついにコスプレ服の作成補佐案件が来ましたね!オッケーですと答えておきました。
後輩本人からはまだ連絡は着ていませんが、最近いろいろな引き合いが来ますねえ。
あとはそれらが受注につながってくれれば。

コスプレ衣装を作った経験はほとんどないですけど、武器や鎧などの造形工作ではなく、服の部分だけであれば、洋服でも和服でも、形をそれっぽく作ることはできるんじゃないかと思っています。
コスプレイベントでの肌の露出に関するルールとか、コスプレグッズを売ってるお店とかも少し知っているので、初めてコスプレする人にはその辺もアドバイスできると思うし。

どんなキャラのどんな服が来るんですかねぇ。とうらぶかなぁ?
わざわざファッションデザイナーさんに相談するということは、そこそこ難易度の高い服が来る予感…(^_^;)
「洋服なら似ている服を買ってきてゴニョゴニョしてどうにかできそうだけど、和服はどーにもならん!」という人、多そうだよね。

でも人気のキャラなら、和服であろうとコスプレ衣装屋さんで既製品が売られている良い時代なので、既製品が作られないようなマイナーなジャンルで、しかも中古品も出回らないようなマイナーなキャラの、難しい服がくるんだろうか?(笑)

納期や進め方も手探りになるので、もし本当に相談がきたら結構大変になりそう。
ジャパンエキスポへの浴衣在庫作成が遅れそうだなー。
ま、それでもコスプレ服の作製実績を作りたいから受けるけどね。
予想外の相談をもらえて、ドレスデザイナーさんと縁を作っておいてよかったわ~。

さて、裁断を続けながら、フィギュアスケートを観戦。
もうちょっと裁断を進めたかったですが、すでに夜12時半になっているので、今日はもう寝ます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示