ファッションデザイナー生活 330日目

風呂敷を作ってみました。
生地をほぼ正方形に裁断して、端をほつれないように三つ巻きして縫うだけなんですが、キレイにやろうとすると意外と難しかった。

ミシンの部品で三つ巻き用の押さえ金があるんですけど、あらかじめ生地端をアイロンで折り目を付けておかないとキレイに折れませんでした。

1センチくらいの折り幅があれば折りやすいんですけど、たった2ミリや3ミリで生地端を折るのがけっこうやりづらい。
この折る作業にやたら時間を取られました。。

最初に作った布は風呂敷にするには厚地すぎたらしく、包みにくい風呂敷が出来上がりました
。。
むしろテーブルクロスにするといい感じの大きさと厚さです。
三つ巻きも、アッラーすぎてあんまり上手く出来ず、風呂敷商品としてはヤバい感じ…。
大判で厚地で、角がある物を包むのに向いてるよ、テーブルクロスにしてもいいよ、という売り文句をつけるかねぇ。。とほほ。

2種類目の生地は薄いので風呂敷らしい感じに仕上がりました!
三つ巻きもまあまあキレイにいって、これならセーフかな。

三つ巻き押さえはほぼ初めて使ったので、何度か使って慣れていくしかないですねえ。

夜からは野球を見ていました。
お葬式の時から食べ過ぎていて、すっかり体型が リバウンドしています。。
明日から腹八分に抑えよう。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示