昨日の日記

浴衣を買ってくれたお客さんから、胴体の部分をさらに飾るにはどうしたらいいか?と聞かれました。
帽子、洋服用のメタリックなベルトと合わせて浴衣を着ている写真を送ってくれて、すでにかなりカッチョいい状態になっていたので、これをさらに飾るとなると何ができるのか少し困りました。
肩からすそまで浴衣の生地一色という均一な状態をどうにかしたい、ということだなと判断したら、すぐにアイデアが思いつきました。
ベルトの周りにバンダナとかを挟んだり巻いたりして飾るのが良さそう。
バンダナは持っていないので、あとで100均へ買いに行こう。

早くやらなければならないことが複数あって何からやればいいのか迷いました。
オーダーメイドのワンピースの製図を少し進めましたが、やっぱりそれよりもステージ衣装の撮影をやってしまうことにしました。

ものが貼ってある壁に布を張って、人形に取っ替え引っ替えオーダーメイド衣装の服や小物を着せて、スマホで撮影しました。

撮影が完了し、衣装を梱包しました。
午後4時頃に完了したので、食事へ出発。

まずは 100均へ行って、バンダナを入手。
ファッション用品売り場などを回ってみて、さらにストールとショールと安全ピンを購入。

食事をしたあと、帰り際にふと本屋の前を通ってひらめいたので、英語教材売り場へ。
英字新聞ではどうしても旅行用の英会話が身につかないので、別途それ用の教材を買うことにしました。
あと1ヶ月あるから、作業しながら垂れ流せばある程度覚えられると思う。
NHKラジオ英語の6月号が旅行に特化した内容だったので、テキストとCDを購入。
帰宅してさっそくCDを再生し、ゲーム音楽もバックに流して、いい感じ!

人形に浴衣を着せて、100均で買ってきた品々を試して写真を撮りました。
腰周りや下半身を飾ることができたので、ファッション的なおもしろさをそこそこ出すことができました。
ツイッターでお客さんへアドバイスを返答しました。

お風呂に入ったら、次は、オーダーメイド衣装のお客さんへ返信。
衣装を作る過程をすごく楽しく感じてくれていたそうで、完成をとても喜んでくれました。よかった。
日本国内の弟さんのお宅へ発送してほしいとのことだったので、関税の心配はなくなりました。
本など別の物品と合わせてアメリカへ送るんだそうです。

さて、忘れてしまいそうなので、先ほどの浴衣の飾り方をフェイスブックにも投稿。
日本語はツイッターからコピーペーストするだけなのですぐですが、英語訳も付けたので、翻訳に2時間以上掛かりました。

投稿画像終わったら夜12時を回っていました。
しかし、ジャパンエキスポのお昼のお弁当について質問があったので、代理店さんにメールを打ちました。
通訳をつけるので、通訳さんの分のお弁当は必要なのー?と。

やっと就寝。
布団に入ってから日記を書き忘れたことに気がつきましたが、眠たかったので翌日に書くことにしました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示