本日の日記

晴れていたので洗濯しました。
昨日受け取ってきたワンピースの生地が何メートルなのか測りました。
4m 20cm 買ってきてくれたようです。これだけあれば余裕!
買い物のときの見本として持っていくために端っこを7センチほど切り取りました。

ゆうパックの箱を買ってきました。
送料を安くするためにお客さんが一番小さい箱を所望されたので、それを買ってきたんですけど、想像以上に小さかった。。
衣装の袋をつぶしてギュウギュウに詰めたらなんとか入りました!
オーダーメイド衣装の梱包を済ませて、発送しました!

そのままの足で生地屋さんへ。
ワンピースの裏地、糸、ウエスト用のゴムバンド、生地の端を飾るための帯状のレース生地を購入。
お客さんがくれた表地用のレース生地が濃紺だったために、黒や普通の紺が合わず、相性のいい裏地や飾りレースを探し出すのに苦労しました。
特に飾りレースは、やっと見つけた物が1メートルあたり 4500円もするやつで、購入するのに覚悟が必要でした。。
今回のお客さんは、多少値段が高くても気に入れば買う層の人のようなので、金額よりも見た目重視で素材を集めました。
飾りレースは、えりとすそに使うように3メートル買ったので、このレースだけで1万3千円くらい。。
今日追加購入した材料代をお客さんに請求するかどうかは納品したときのお客さんの反応次第で決めます(((^_^;)

さて、午後2時過ぎに地元に戻って、ゆっくり食事。
今月の生理が終わってから貧血気味で、体力も落ちている感じがするので、肉、チーズ、貝、ほうれん草、の料理をがっつり食べて、たんぱく質と鉄分を補給してみました。

一旦帰宅して生地などを起き、再び出発。
お腹も気持ちも満たされたし、暑いけど晴れていて外出日和なので、自転車で遠いほうのスーパーへ。
ここでしか売っていないアッサム紅茶をまとめ買いしました。
途中で通る、単線の鉄道風景はいつ見ても癒されます。田舎大好きです(笑)

さて、帰宅して、交通費と購入金額を会計処理。
メールを見てみたら、ジャパンエキスポの代理店さんからメールが着ていました。
ジャパンエキスポ公式サイトにて、伝統文化パビリオンの出展者紹介ページが掲載されたそうで、うちも載っていました。
フランス語なので文は読めないですけど、うちのホームページに載っている浴衣の写真2枚とスタイリング写真1枚が使われていました。

代理店さんに返信したついでに、メールをもらっていた国学院大学の広報課にも返信。

母親から7月の東京での販売イベントについて質問がきたので、回答しました。
リボンなどテープ状のものを巻いて作る、飾り素材の巻きバラをうちのブース飾りとして使うというので、巻きバラの搬入搬出はお母さん本人が行うようにお願いしています。
来場時間だとか、ブース番号だとか、背面パネルのレンタルなどを確認。
来週末まではワンピースで忙しいから、7月のイベントの手配作業をやっている場合じゃないんだけどなー。
まぁ、背面パネルのレンタル代をたかって、出してもらえることになったから、結果オーライかなぁ?
今年のおみくじで慎み深くあれと出ているんだけど、お母さんの願いを聞いて飾りを持ち込むのを承諾してあげたから、これくらいはバチは当たらないよね。。
同人誌とか手作り作品とかを販売した経験がある人、もしくは会社でプロデュースやマーケティングをしている人なら実感していると思いますが、ターゲット層が違う商品を、同時にそろえて結果を出すのは難しいんです。。
男性向けの浴衣と、女性好みな巻きバラを、普通に一緒に置いたら破滅したブースになるのが見えているので、うちのブースに来るなら黒バラで用意するように母に条件をつけてあります。
黒なら浴衣の色が映えるだろうし、男性も抵抗感が少ないかな、と私が判断しました。
巻きバラが飾られればより目立つブース展示になることは間違いないので、どんな結果になるか、体当たりで実験ですね。

さて、お風呂に入って、これを書いて、うわー、もう夜10時なのぉ(´д`|||)
お客さんがワンピースの見本品を貸してくれてるので、これからその細部の寸法を測ってから寝ます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示