本日の日記

今日の起床は午前 9時半でした。
昨日よりも咳が減りました。

ワンピースの生地を裁断しました。
裁断が下手だった頃は、輪裁ちをすると下側の生地が歪んで寸法が変わってしまってしまっていたので、これまであまり輪裁ちはやっていませんでした。
今回は逆に、輪裁ち用の型紙を作ったので、輪裁ちにしなきゃいけないのを危うく間違えるところでした。
途中からなんとか軌道修正できました。

前身頃を裁断するときになって、ふと気がつきました。
Vネックのえりぐりにレースのふちを使うためには、通常のV字をしている型紙ではダメだった。
なので、Vネックのえりぐりと前中心が一直線になるように型紙を描き直しました。
そうすると自然にウエストラインが曲線になるため、サンプル品のワンピースのウエストが妙にたわんでいる理由が解りました。
そういうことだったのか。
Vネックに生地の端を使うなんて、レースの生地でないと体験し得ない事なので、レース生地ならではの型紙の形状について、勉強になりました。

表地が終わったあとに裏地も裁断し、完了したのは午後3時でした。
ワンピースの裁断に丸1日掛かるとは…。
食事して、ミシンのセットをして、表地の縫製を始めました。
隙間が大きいレースを縫うのは初めてです。
思ったよりスムーズにミシンが生地を送ってくれましたが、伸縮しながら進むので、5ミリくらいずれた場所が何ヵ所かできてしまいました。。
裁断のときに5ミリくらいずつ多めに切っておいてよかった。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示