本日の日記

風邪が自然治癒してくれないので風邪薬を投入。
かなり楽になりました。

ワンピースを縫製。
裏地と表地を縫い合わせて、えりぐりにレースを付けました。

前身頃の、前合わせの部分に苦戦しました。
縫っては人形に着せて確認、歪んでいるのでほどいて縫い直し、を3回くらい繰り返しました。
表地の前合わせがずれていることに気がついて、そこを直したら歪みも直ったみたいです。

そのあとそでを付けました。
そでが付いたらかなり雰囲気が良くなりました!
スカートを縫って、ウエストの内側にゴムベルトを縫い付けて、スカートのすそにもレースを付けて、首の後ろ側に目印のリボンを縫い付けました。

予定していた縫製はすべて完了しました。夜8時半でした。
レースが余ればそでぐちにも付けようと思っていましたが、残念ながら足りなくて付けられませんでした。
そでぐちにもレースがあったほうが断然良さそう。
引き渡しは日曜で、スケジュールを確認したら明日まだ1日余裕があったので、明日レースを買い足して付けようと思います!

今回使っている縁飾り用のレースは、普段着にするにはすんごく高価ですけど(4500円/1m)、ここは奮発して、見た目重視!
今回のお客さんはそんなにケチケチするタイプではないし、シャンソンのチケットをくれた方が、「ワンピースの出来を見てから自分も作ってもらうか決める」と言っているので、このワンピースの出来で次の仕事が来るかどうかが決まります。

ハープ奏者の方も、反物で洋服は作れますか?とか、着物風のドレスは作れますか?とかチラチラ聞いてくるので、仕上がりが気に入ったら演奏時の衣装を作ってほしいと言ってくるかも知れません。
よいものができれば結果はあとからついてきますからねえ。
午後に風邪薬が効いてくるまで、喘息がかなり出ていて、とても息苦しかったんですけど、このワンピースは頑張りどころです。ものすごく頑張りました。

レースが付いている衿元がすで圧倒的な存在感と優雅で上品な雰囲気を醸し出しているので、そでぐちにも付いたら、ずっと観ていたくなるような仕上がりになりそう。

縫製に奮闘している途中、郵便が着ました。
ジャパンエキスポ関係の請求書と、出展者ツアーの行動が詳細に書かれた冊子が届きました。
さっそく振込。出展関係と渡航関係は別々の請求になっていたので、まずは出展関係のほうを振込ました。
渡航関係も振込しようとしたんですが、一日の振込上限に当たってしまったので、こちらは明日にします。
冊子もひととおり目を通しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: No title

ありがとうございます

> いいね

No title

いいね
プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示