本日の日記

呼吸器科のある病院を探して、受診してきました。
内科も診れる方で、しかも家から近かったので幸運でした。
晴れていれば自転車で12分くらいなんですが、雨だったので歩いて行きました。

診断結果は、風邪+軽度の喘息でした。
問診のときに熱を測ったら 37.5℃もありました。
歩いていて暑いなとは思いましたが、家では軽装で寝ているせいか36℃台半ばしか表示されないので、驚きました。
今日も安静で確定ですね。

お医者さんの雰囲気が叔父に似ていたので、心理的にも癒しになりました(笑)
抗生物質、たんの切れをよくする薬、アレルギー炎症の鎮静剤、喘息の吸入薬を処方してくれました。

帰宅して、お昼ごはんを食べて、薬を服用。
喘息の診察を受けるのは初めてだったので、吸入薬も初めて使用しました。
お医者さんいわく、喘息は湿気で悪化しやすいらしく、逆に、砂漠地域など乾燥した場所に行くと症状が和らぐことが多いそうです。
フランスも夏は湿気が少ないし、イスラエルも北部のティベリヤ以外は乾燥した地域なので、もし治りきらなくても、吸入薬の携行だけで乗り切れるかもしれないですね。

就寝を試みたものの、午後2時だし、眠くなかったので、起きて軽い作業をやることにしました。
会計処理をして、スーツケースのなかの販売用品を出して、旅行荷物を入れられる状態にしました。
明日あたりに昨日洗濯した浴衣をアイロン掛けるので、床を掃き掃除。

そこまでやって午後5時過ぎになり、ちょっと疲れたのでまた横になりました。
夜7時頃に起きてきて、夕食。

スマホを開けたら、浴衣を買ってくれたお客さんが、「コーディネートが出来上がった!」と写真を送ってきてくれました!
先日私が提案した 100均商品で腰周りを飾るアイデアや、洋服と合わせるための着方などを駆使して、ストジャパの「男子が着られる・甘すぎないかわいさ・そしてカッコよさ」を見事に再現してくれていました。
コーディネートのセンスの良いお方なので、見せていただく度に私もよい刺激になります。

ブランドの方向性について一言もお話ししたことないのに、浴衣の雰囲気や、チラシの雰囲気、ツイッターの背景に使っているスタイリング写真などの視覚情報から感じ取ってくれているんですかね?
阿吽の呼吸のごとくブランドの方向性を汲み取ってくれていることに、いつも驚きます。
そしてそのブランドのテンションに一緒にノッてくれるお客さん、一緒にブランドを作り上げてくれるお客さんがいることは、本当に恵まれています。感謝しきりです。

許可をもらってコーディネート写真をリツイートさせてもらいました。
お客さんもコーディネートが宣伝されたことを喜んでくれていました。
趣味の合うお客さんは本当に宝物です。

お風呂に入って、これを書いて、夜9時になりました。
このあとはゲームで遊んで寝ます。
ワンピースの悪夢から放れられるようにストレス発散しないとね(*´∀`)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示