本日の日記

起きたら午前10時過ぎでした。
この時間に起きると朝ごはんを食べて薬を服用して新聞を読み終わったら正午近くになってしまうので一日が短く感じます。
ちなみに今日の吸入薬の成功度は70%くらい。まあまあ。

ジャパンエキスポ代理店さんに、値札はOKと返信しました。
勘違いがあったことは伝えていません。
3.6倍の価値はあると判断したので、来場者に納得してもらえるように、商品の着方、たたみ方、スタイリング案、使い道や着ていく場面の提案など、しっかり説明しようと決意しました。

スーツケースに入れるべき物と入れなくてもいい物を選別。
ブランドチラシなどはジャパンエキスポ用は別に発送済みなので、置いていく。
名刺は持っていく。
展示作業用に養生テープとかも持っていきます。

そのあと、外務省の海外安全情報サイトにある「たびレジ」というシステムに滞在先を登録しました。

クレジットカードの停止方法も調べました。
2枚持っていく予定なので、それぞれの発行会社の紛失センターの電話番号を検索。
日本国内からの電話番号と、海外からの電話番号をメモ。
万が一、自分自身で停止処理ができない状態になったときに家族にやってもらえるように、それらの情報と各カードの番号を紙に書きました。
後日に実家に渡しに行かないとなー。

家族向けの旅行日程を完成させて、こちらは LINEで共有。

展示会への物品輸送で役に立つ ATAカルネを申請するか、ここ最近悩んでいました。
5月までは取得する気満々だったんですが、オーダーメイド案件に追われて、こんな時期になってしまいました。
申請してから発行されるまで 10日くらいらしいので、ギリギリ。
郵送不可で、都心の窓口に持っていかないと行けないので、風邪をひいてからは体調的に提出しに行っても大丈夫なのかも心配で、とりあえずここ数日間は様子見していました。

申請方法について見ていたところ、出張のときに携行して税関に出す物品を記入するようです。
ジャパンエキスポで販売するものは代理店へ発送済みなので関係ないですが、見本品をスーツケースで持っていくかどうかが悩みどころ。
普通は輸送業者さんがやってくれるそうなので、見本品の税関の通し方もいまいちよくわかんないんですけど、フランス渡航では団体ツアーなんだよねー。
税関でモタついているとツアー参加者さんたちにご迷惑を掛けそう…。

とりあえず ATAカルネの申請用紙は取り寄せてみますが、見本品の持ち込みとカルネ申請は今回は見送ることにしようかな。
見本品の替わりに、商品カタログで代用します。
ジャパンエキスポでは製品がブースにあるので実物をお客さんに見せながら話すことができますが、イスラエルではカタログのみとなります。
イスラエルで日本物産店に行ったときに見本品がないと辛いなと思いましたが、「後日ホームページを見て再度連絡します」と言っていた物産店側が結局連絡をくれていないので、気にしないでいいや、と思い直しました。

そこのお店に行くかどうかもまだ迷ってるんだよねー。
いちおう、行ける時間は確保してあるんだけど…。
あちらがうちの商品に興味を持ってない以上、行って何をするか悩む。
お店に陳列してある商品をながめるか、世間話をするか。
世間話をできるほど英会話できないんだけどw
日本風の物品以外もセレクトして置いているようなので、それらを見てみるかのぅ?

ATAカルネの情報を追っているときに、海外の展示会に出展するときのノウハウ説明書を見つけました。
その中に、出張持ち物リストがあったので、これを印刷。
価格表とか、発注書とか、設営用品から旅行保険証、電源プラグとかまで、いろいろ網羅してあって便利だー!

さっそく、価格表を作り始めました。

夜7時を回ったので、今日の仕事はここまで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示