本日の日記

寝苦しい暑さと、生理汚れ予防の動きにくさと、夜中に水を飲んだついでに見たバングラデシュでの日本人死亡テロのニュースメールの衝撃で、昨晩はほとんど寝られませんでしたorz
2時間~3時間置きに、寝て起きて、を2セットやって朝9時になってしまったので、仕方なくそこで起床。

今日は猛暑の予報なので、今年初の冷房を起動。

さて、旅行中は新聞配達を停止してもらうように新聞社の配達営業所に電話しました。
帰国した翌日と翌々日は販売イベント出店で出かけているし、バテていそうなので、イベントが終わるまで長めに停止してもらいました。
取り置きしてもらえるそうですが、2週間以上となるとかなりの量になりそうなので、取り置きはなしにしました。

旅行向きの薄いスリッパを探すため、スーツケースを閉じてどかし、ハンガーラックを移動して、押し入れを開けました。
どこに入れたか記憶にないので途方に暮れる気分でしたが、目星をつけて、そこから探したら一発で見つかりました。よかった。

そうこうしているときに、旅行会社さんから電話が。
荷物のアドバイスや、両替金額の目安、当日の集合場所などを案内してくれました。

各空港の税関で ATAカルネを処理してもらうときに、数分から数十分くらい、独りだけ別行動になる懸念があることを伝えると、やはり添乗員をやる旅行会社さんは難色を示されました。
ほかのツアー参加者や添乗員さんにご迷惑を掛ける訳にはいかないので、思い切って ATAカルネは使うのやめることにしました。
これまでそれを使って搬入をした人はいないそうで、旅行会社さんは初めて ATAカルネという存在を知ったそうです。
普通に旅行荷物として運搬しているとのことだったので、今回は自分もそれに倣ってみることにしました。

ソッコーで、着物は重たいので荷物から減らしました。
自分や通訳さんはわたしの私物着物ではなく、一緒に持っていくストジャパのレンタル用の現品をはおってもらうことにします。
ベルトやストールなどはそのまま旅行中の防寒着や露出防止衣類として使えるので、これは増減なし。

旅行中の両替についての話のときに、はいはいと適当に流し聞きして、直後に今の説明と重複する質問を訊いてしまうという失態をしてしまいました。
よくある、お前今の話聞いてたのかよ系の失敗ですorz
今までそういう失敗をした経験はあんまりないような…?
6月から続くこのダメな感じは…自分の力量を超過しているということなのかも。。。

さて、電話が終わったあとは、押し入れを元に戻し、スーツケースも再度開いて、さらに追加したい物品を買いに行きました。
外は猛暑ですー。

洗濯物を吊るすグッズや、空ボトル、シーツ、中くらいのサイズのシャンプーとコンディショナーを購入。
さらに、旅行中の熱中症対策として、梅味の飴を買ってみました。
あとは、朝食の牛乳が無くなりそうなので、それもあと1日分だけ購入。
日曜でレストランは混んでいて使う気になれなかったので、このあと帰宅したら食べる昼食も購入。
購入物がけっこうな重さになってしまい、猛暑のなかを歩いてきたら疲れましたね。

外は何℃になっているのか知りたかったので、テレビをつけてみました。
なんかの野球を放送していて、高校野球かなと思ったらプロ野球でした。
そのままプロ野球を見ながら、昼ごはんを食べて、買ってきた物を開封。
やがて画面が縮小されて、帯表示で高温注意情報が流れてきました。36℃もあるそうです。。。

プロ野球が終わって、スーツケースへの梱包も終わって、夕方6時。
7時頃のニュースを視て、お風呂に入って、これを書いたら、あっという間にもう夜9時に。
でも冷房が効いているので今日は快適です。
昨晩は散々だったので、今日こそ熟睡して出発日に備えたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示