本日の日記

新聞を見ていたらオリンピックのサッカー男子の試合をやっていることがわかり、テレビを点けたらちょうど前半が終わったところでした。負けとるがな!
後半から観ましたが、日本選手の詰めが甘くて目も当てられない内容でした(苦笑)

さて、試合が終わった正午から浴衣縫製の仕上げ。
脇、すそを縫って、洗濯表示ラベルとサイズラベルとブランドネームラベルを付けて、そでを縫い付けて完成!
写真を撮って、撮影メンバーに浴衣が出来上がったことを投稿しておきました。
普段はこのあとアイロン掛けをやって商品としてきちんと畳むんですが、今回は撮影用なので、撮影日が近づいたら最低限の折り目を入れて軽く畳めばいいや。
しばらくはハンガーに吊るして放置しておこうw

ミシンを片付けて、旦那と昼ごはんを食べて、夕方からは別の案件を。
浴衣の型紙と生地を欲しがっているフランスのお客さんのために、型紙を作る準備をします。
身長が 165cmとのことなので、基準サイズに× 1.03 しながら、各部のサイズを算出。
10分の1 スケールで、方眼紙に仕上がりサイズを製図しました。

そのあとは、同じく方眼紙で 10分の1スケールの生地の裁断図を作成しました。
裁断までは私がやるので裁断図は要らないといえば要らないんですが、この図は型紙の設計図としても使えるので、もっぱらそちらの用途で作成してます。
頭の中だけで型紙を作ると間違えるので、この型紙設計図を用意しておくと間違い予防にとても良いです。

全然関係ないですけど、昼ごはんの帰りにコンビニに寄ったので、ゲーム雑誌のファミ通を買いました。
今日から始めた案件が終わったら新しいゲームをやりたいので、最近はどんなゲームが出ているのかファミ通を眺めて仕事終わりを待つことにしました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示