本日の日記

9時に起床。
食事して、新聞を読んで、今日の仕事へ。

浴衣の生地の裁断です。
身頃とおくみを切り終わりました。
合い印も転写紙で書き付けました。
切り込み式の合い印と比べて3倍くらい時間が掛かりました…まぁ仕方ない。

午後4時近くになって疲れたので今日の作業はここまでにして机などの配置を戻し、食事へ。
一旦帰宅して、40分ほど休憩。
そのあと、納品するワンピースを持って出発。

寄席が終ったあとにお客さんにワンピースを渡しました。
今日はすぐ帰ろうと思っていたので、お客さんにその場で対応をお願いしました。
試着はせずに見た目だけでとりあえず良さそうに見える、ということで、ワンピースを受理してもらえました。
お客さんが生地の余りの部分でさらに何か追加の作製依頼を持ち掛けてきましたが、ほかのお客さんを待たせているので、と断りました。
まだ頂いた封筒の中身を確認していませんが、たぶん1万円を包んでくれたんだと思われます。

寄席のスタッフさんたちはみんなフランス出張とイスラエル旅行の感想を聞きたかっただろうとは思いますが、私はとても歓談する気分ではなく、早くこのワンピースの案件を終わらせたくて、歓談には加わらずにそのまま帰りました。

今は何も信じられない。何も信じる気になれない。
ここの寄席にはもう来ないつもりです。
これで良かったのかは分かりません。どちらかといえば良くないのかも知れません。

お客さんは今日も似たような紺色のカーディガンや紺色のレースのスカートを履いていました。
見本品として貸してくれた紺色のレースのワンピースといい、似たような服をたくさんお持ちのようです。
既に持っているのと同じような服を作るなら、私が作業をすることに私自身が価値を感じられません。ましてや健康を損なってまでやるべきことではありません。

自分のブランドをやるために会社員を辞めたのだ、という思いが頭をよぎっています。
ストジャパはともかく、メールンはもうご無沙汰しすぎてて消え掛かっている存在ですね。。

浴衣材料の発送と撮影が終わったら心身ともに静養して自分のペースで作品を作ろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示