本日の日記

ホームページのメールフォーム経由で、NPO法人さんから、インターン就業生として地域の主婦を受け入れしてみないか、という勧誘メールがきました。
うーん、ウチでは受け入れても主婦さんのお役には立てないだろうな。。。
人を雇える経営状態じゃないウチでは、インターン生を活動終了後に採用することはできないので、単なるタダ働きインターンとして労働力を搾取するだけになってしまう。
しかも、自宅の一室でやっている個人事業主でさらに事業主は金髪、という、およそ企業とはかけ離れた作業環境なので、就業準備としての経験を積むにも不充分だと思う(笑)
とはいえ、地域との接点を増やしたい気持ちはあるので、とりあえず話だけでも聞いてみることにしました。

インターン後は雇用関係ではなく、外注という形で、ウチの浴衣ブランドのレディース部門を担当してくれる人が得られるといいなと思うんですけど、それって法律や金銭管理の面で大丈夫なのか不明です。。。
相手に個人事業主になってもらって、20万円くらいの予算をつけて、売上が発生したら歩合給としてそのまま相手の懐に納めてもらう、相手には獲得した収益を確定申告してもらう、一年くらいやってもらって、期間が終わったら在庫と権利はウチが引き取る、という契約形態です。
この形態って、派遣とも請け負いとも違って、雇用や労働監督の責任が契約側にないのでどーなのよ、という論議を会社員時代に見かけましたねぇ。
雇用した労働者ではないから、労働基準法ではなく、商法になるのかしら…?

パートタイマーではなく会社員を志すような主婦さんは、やりがいだけでなく収入もしっかり得たいはずなので、この案件に魅力を感じる人はあんまり多くないかも知れないですね。
それ以前に、インターン生を送り出すNPO法人さんが納得してくれない可能性が高いw

金銭管理のほうは、予算額をそのまま渡すと持ち逃げされる可能性があるから、費用が発生したらその都度申告してもらって、小出しに支払うのがいいかな。
予算を私物に費やされないように、購入したものはウチの作業場所(つまり私の自宅)にレシートと一緒に置いてから帰宅してもらうのがいいかな。

もし外注が無理だったとして、地域との接点が得られるかというと、これもまた、難しそうなんだよね。
NPO法人さんのほうは主婦側の利益しか念頭にないようなので、インターン生を受け入れした事業所を宣伝するような媒体は持っていないようです。
インターン生が活動終了後にクチコミを拡げてくれるといいんですけど、ウチの浴衣ブランドは若い男性がメインターゲットなので、ママ友の間にクチコミを広めても受注は期待できない。。
そもそも商品のターゲット層クチコミをやる層が異なる時点でクチコミは拡がりにくいしね。
学生のインターン生を受け入れたほうがまだ受注の可能性がある、ということかね。

やろうと思えば、商品企画から営業、会計、在庫管理など、やり方や考え方を指導することもできるんですけど、インターン生の受け入れは 11月の2日間だけなので、それらをインターン中にやるには期間が足りませんね。

主婦さんの利益だけを考えるのか、それとも事業所側の利益も追求するのか。
雇用への道を重視するのか、それとも自信をつけるだけでいいのか。
ウチみたいにお金が出せないとなるとインターンの捉え方も変わってくるので、NPO側とよく話し合ってみないといけないですね。

というような事をモニョモニョ考えながら、型紙作成を続行。
Sサイズの身頃も描き上がりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示