本日の日記

朝ごはんを軽く食べて、特許庁へ出発。
いつもは霞ヶ関駅で降りるんですが、地図を見たら手前の国会議事堂前駅のほうが近そうだったので、国会議事堂前で降りてみました。
そして道を間違えて、結局遠回りになるというお約束をやってしまい、午前11時に特許庁に着きました(笑)
それでも昼休みに掛からずに済んだから問題なし。

特許庁に来るのは3度目なので、さすがに入館手続きや印紙購入なども慣れてきました。
まずは国内登録窓口のほうへ行って、出願内容の補正(修正)を提出。
そのあと、国際登録窓口のほうへ行って、出願を提出。
国際窓口のほうでは春に電話で何度も応対してくれた方と初対面しました。

来る度に感じるんですけど、窓口の人や警備員さんが優しいです。
特許庁の周辺には、首相官邸や国会議事堂や文部科学省、経済産業省、自民党本部などがあって、特許庁も含めて観光客じゃない金髪の人間がフラフラ歩き回るにはとっても場違いな雰囲気の所ばかりなんですけど、ぞんざいな扱いはされずに、ド素人でも質問すれば普通に教えてくれます。
入館受付の人や警備員さんも、入退館で通る時に必ず挨拶してくれます。

イスラエルのほうがよっぽど粗末な応対を受けることが多かったですねー(笑)
こちらの身なりの違いもあるのかなぁ?イスラエルでは自分は旅行者だったので沢山荷物を持ってラフな格好をしていましたが、日本でこういうビジネス窓口に赴くときはオフィスに準じた多少落ち着きのある服装で来ています。
まぁ、窓口の係員の立場からしたら、言葉がすんなり通じるかどうかのほうがやる気に直結するのかも知れないけどw
外国人だと判った瞬間にため息をつかれるとか、そういう経験はウチら日本人が母国の日本国内で喰らうことはまずないだけに、貴重な体験だったのかも?w

さて、特許庁での書類提出が完了して、次はATAカルネの返却へ。
駅のホームで電車を待っている間にATAカルネの書類を確認したら、記入が必要な項目を発見してしまいました。
実印の捺印も必要なので、どこか机のある場所で記入したい…。

乗り換えのために大手町で降りたら、ちょうど正午頃になりました。
お昼休憩の時間帯に窓口に行っても人が少なくて十分な対応を受けられなかった、という失敗を商標国際出願のときにやっているので、お昼ごはんを食べて、そこの食卓で書類記入をすることにしました。

昼食と記入は終わりましたが、どうやら返却は火曜と木曜か受付日らしく、しかも事前に連絡しろと書いてあった…。
今日は月曜なので、持っていっても返却手続きは完了できないですね。。
ATAカルネは発行から一年以内ならいつでも使用可能なようです。
使う予定はもう無いんですけど、来年の6月まで有効期限はあるので、まだ持っておいてもいいかな、と思い返しました。

ということで、返却には行かずに、帰宅しました。
帰宅後は、交通費や出願費用の会計処理をして、そのあと Facebookの過去記事にネットショップのURLを追記したり、ネットショップの在庫表示や発送に関する注意書きなどを編集しました。
フランスに送っていてまだ帰ってきていない商品があるから、在庫のカウントや発送時期なんかが複雑な状態なんだよねー。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示