本日の日記

9時半に起床、洗濯。

帯の作成を再開。
緑の糸は何種類かあったので、どれがいいか試し縫いしてみました。
その結果、意外にも緑よりも白っぽい灰色が一番おしゃれなことが判明しました。
光の当たり具合にもよるんですけど、おおむね良さそうなので、見える部分の縫製にはその灰色を使うことにしました。
昔使って残っている緑の糸があるので、見えない部分には残り物の緑を使うことにしました。

生地を横に裁断していて短くなっているので、3枚を横に継ぎ足していって、3メートルほどの長さを確保しました。
継ぎ目の縫い代をアイロンで倒しました。
思ったより継ぎ目が目立たなくて良かった。

そのあと、1本にアイロンで接着芯地を貼ってみました。
ここまでは良さそうです。
この緑の生地では柄の雰囲気を損なわないように、叩き縫いではなく両面接着紙で裏側の生地を留めてみようと思います。
とりあえず接着紙を出したところで、午後3時半を回ってお腹が空いたので、創業セミナーの宿題を持って、食事へ。

食べ終わったあと、宿題をやりました。
事業名を30文字程度で書くのと、事業概要を100字~150字で書きました。
私の場合はすでに開業しているので、自分のやりたい事をおさらいしつつ、「融資や助成金を受けるときに審査官を説得するための提出文書」のつもりで書きました。
メールンまで持ち出すと字数に収まらないので、ストジャパの分だけ。

それと、任意で「創業のきっかけと経験」「提供する商品サービスについて」という項目も出されていたので、これらも書き出してみました。
「商品サービスについて」のほうはイマイチ何を書けばいいのか趣旨が不明瞭でしたが、とりあえず現在そろえつつある商品ラインナップの傾向と、販売方法を書いておきました。

レストランを出て、夜8時半に帰宅。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示