本日の日記

9時に起床。
手早く朝食と新聞読了をして、縫いかけだった帯の叩き縫いを再開。
上糸が絡まるなぁと思っていたら糸繰りのバーから糸が外れていました。
外れていた糸を通したら信じられないくらい快調に動き出しました。
11時に叩き縫いが完了して、帯の見本が完成しました。

その帯を荷物に入れて、展示場へ出発。
午後1時にブースに到着しました。
周りのブースさんたちと名刺交換しつつ、設営開始!
今回は広さがそこそこあって、背面パネルもパイプ椅子も机もトルソーもハンガーラックも付属しているので非常に楽でした。
照明も暑くないし、招致してくれた主催企業の営業さんが設営中も巡回してくれて、気軽に話したり聞いたりしながら進められるので、安心感がありました。

すごくいい展示会だなー。
ファッションに特化した企業向けなだけある。
しかもアマチュア向けの趣味即売会とブースの値段変わらないし。
なにより、主催企業さんが「出展者にもうけてもらう」ために、あらゆる手段を尽くしてくれていることと、その姿勢が営業さんとか全てのスタッフさんまで徹底して共有されているのが素晴らしい。
さらに、昨日は資材搬入とブース施工が目的の日だったらしく、出品製品を搬入するのは今日、と書類に書いてあったことに昨日の夜に気がつきました。
趣味向けの展示会では日時などのルールを破ると展示禁止になることもあるだけに、特に指摘もなく、むしろ「どうぞどうぞ」と営業さんに言われました。
こんなにおおらかな展示会は初めてです…。(笑)
それと、設営作業時間がとても長いのも助かります。
おかげで、心行くまで展示調整をすることができました。

ブースが完成して、会場を離脱。
午後6時近くでした。
近隣で夜ご飯を食べて、地元駅のスーパーで明日の昼食を買い込んで帰宅。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示