本日の日記

土曜に見学した染色工房を紹介してくれた人にお礼の電話をしました。
感想やお礼を言うだけだったので冒頭に電話してても大丈夫か聞き忘れてしまい、会議中なのでと言われて、しまったと思いました。
最近自分、失言とかの軽い失敗が多いので気をつけないとなぁ。

続いて、近所の刺繍工房に電話。
展示会で知り合ったマレーシアの腕時計ブランドさんが、腕時計のベルトに和柄の刺繍を入れたいと言っていたので、刺繍のプロに聞いてみようと思います。
午後に訪問して、尋ねてみました。
そこの工房に有った工業用の刺繍ミシンは、縫い位置のガイド線や、生地の固定具などがほとんどなく、細いベルトへの刺繍は難しいそうです。
生地に刺繍してもらってからその布をベルトに仕立てる方法もありますが、腰用のベルトならともかく、腕時計のベルトでは細すぎて、刺繍して盛り上がった生地を縫製するのが難しそうだということも分かりました。
ということで、腕時計ベルトの件は断念しました。
ずっと前からいつかは訪問してみたいと思っていた刺繍工房さんとついにお知り合いになれたので、これはこれで良し。

そのほかの時間は浴衣の仕立て直し作業をしていました。
身頃とおくみを Sサイズに裁断して、再縫製。
6割くらいまで来ましたかね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示