本日の日記

午前10時に起床。
洗濯して、来週の創業セミナーまでの宿題をやろうとした矢先、セミナースタッフの人からメンズ着物をやっている会社を教えてもらったことを思い出しました。

検索してみると、ウチととてもよく似たコンセプトでメンズ和服のブランドをやっていました。
しかもあちらは、原宿に店を持っていて、資本金はうちの3倍、商品も浴衣だけでなく着物や羽織、帯や下駄まで展開していました。
コーディネート、価格、写真を使った見せ方はウチのほうに分がありますが、まともにやりあったらアッという間にウチが潰されかねないし、あちらにとっても痛いはず。
そもそもメンズ和服は市場がまだ小さいので、少ない牌を奪い合うよりも、共に盛り上げて市場を拡大して牌を増やす方向で共同戦線を張ったほうか良いでしょう。

原宿にお店があるのは非常に魅力的です。そこにウチも乗り込みたい。
そちらの商品をウチがSNSと展示会ブースで紹介宣伝するから、代わりにお店にウチの商品を置いてよ、委託販売料も払うからさ、という内容で手紙を作成しました。

メールにしたかったんですが、スタイリング写真は半分くらいしかネット上になく、商品写真とは別の場所にあったりしていて、たどりづらいので、紙に印刷してまとめて郵送で送り付けちゃうことにしました。
うちの商品画像やスタイリング写真などをA4サイズの写真用紙に印刷。
先日の展示会で配布したものはハガキサイズでしたが、今回は何としても協力引き出して営業成果を勝ち取りたいので、A4サイズです。
やはりこのくらいの大きさで見せられると迫力も3倍増になりますね。

スタイリング写真では、浴衣をどうやって着ているのかも開示しました。
これであちらも同じ着方でスタイリングを作れるようになります。
ライバルにコツを提供するという手法を取るのは、相手が和服の応用的な着方を知っても、ほかの服と混ぜてコーディネートを作るセンスは私のほうが上だという自信があるからです。
こちらの売りを提供することで、あちらの警戒心を解いて、見返りを引き出す狙いがあります。
一言で言えば、外交力です。

今回は、地銀さんをきっかけにして知り合ったことも追い風です。
あちらの登記住所はウチの隣の市で、あちらは地銀さんに補助金申請書類のブラッシュアップをしてもらったそうで、地銀さんに恩があるはずです。
創業セミナーのスタッフをやっている地銀さんが、あちらの存在を知らせてくれたので、それらの経緯に触れながら、「あなたがたは地銀さんが教えてくれた先輩企業です」と持ち上げておきました。
これであちらの着物会社さんから格別の計らいが得られたらいいな。

夜8時過ぎに郵送物の準備が完了したので、夜ご飯へ。
久しぶりにポケモンGOを同伴しました。
最後にプレイしたのは高円寺フェスの時だったので、1ヶ月近く遊べていませんでした。
やっぱり楽しいので、時々プレイして息抜きしていきたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示