本日の日記

9時に起床。

縫製工場さんから昨日の夜に届いた物品を開封。
浴衣と帯の仕上がりを確認。
縫う方法、縫う場所、縫い代の倒し方、きせと呼ばれる折り目に余分を持たせる箇所など、本で学んだ方法とは異なる所がいろいろあり、和裁のプロといえどもいろいろなやり方があるんだなあと勉強になりました。
縫製工場さんが「こんなにきれいに縫えない」と散々言っていたので、もっと雑な仕上がりの物が出来上がるのかと思っていたんですが、びっくりするほどチョーきれいじゃん!
特に、縫い目で柄の位置を合わせる「柄合わせ」はほぼ完璧な合わさり具合で、見ていて惚れ惚れしました。

請求書を確認してネットバンキングで振り込みしました。
縫製工場さんに電話して、仕上がりにびっくりしたことや振り込みが完了したこと、小売店さんに今後どのように意思確認するかの見通しを伝えました。
私が縫製したほうの見本浴衣にはアイロンを掛けて、2着とも押し入れに収納。

これで商談関係は待ちの状態になって手を放れたので、次は何からやろうか。
トイレを何ヵ月も掃除していなくて汚れ放題になっているのと、夏仕様のままで便座に何も被せていなくて、座るたびに冷たくて体温を持っていかれる状態になってます。
トイレを使うたびにテンションが下がるので、トイレ掃除をしました。

掃除するとストレスがたまるらしく、家に居たくない気持ちだったので、商工会がやっている小規模事業者持続化補助金の募集要項と申請書を印刷して、ファミレスに持っていって、食事のあとにその要項を読んで申請書に下書きを記入してみました。
事業に係る経費を記入する欄で、いつからいつまでの分を書けばいいのか解らなかったので、商工会事務所に聞きに行かないとな。
たぶん来年やりたい事業についての補助金だと思うから、今年の展示即売会の出展費用とかは対象外なんだろうなぁ…。

ひととおり申請書に下書きし終わって、椅子でお尻が痛くなってきたので帰宅。まだ夜6時。
国際商標出願助成金の申請書も半年以上放置になっているので、帰宅後はこっちも書き直してみました。
創業セミナーではこういう補助金の申請書の書き方も教えてくれているので、そこで得た、各項目を記入するときの考え方に関する知識がとても役に立ちました。
春に1人で書いていたときよりもずっと相手への訴求力がある紙面構成が思いつくようになってきました。
創業セミナーはただの暇潰しのつもりで参加したんですけど、思わぬ収穫になりました。

夜8時過ぎに申請書直しの作業を終了しました。
お風呂に入って日記を書いて、夜9半ですね。
ゲームして遊ぼ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示