本日の日記

今日は9時でした。
朝ご飯のあとに洗濯。

さて、かつて服飾学校に行っていたときに赤い裏地を使って、その残りがあったはずなので、押し入れから出してきました。
表地の生地と色の組み合わせを比べてみました。
黒い表地に対しては、裏地はワインレッドよりも鮮やかな赤色のほうが良さそう。
白い表地に対しては、紫よりも青いほうが良さそう。

生地を押し入れから探し出したついでに、生地収納袋の中を整理。
次に、手持ちの糸の色を確認。
白い生地は正確に言うと銀色なので、手持ちの明るい灰色の糸を使い回せそうでした。
材料をその都度買っていては費用も余りも増える一方なので、なるべく残留物品から使うようにしよう。

午後はまた羽織の図面作成。
明日買い付けに行きたいので、鬼畜羽織の Lサイズだけを優先して取り組みました。
まともに描いていては明日までに間に合わなさそうなので、生地の所要量だけを見積もれるように、最後は飛ばし飛ばしで進めました。
途中夜ご飯を食べて、夜9時に鬼畜羽織 Lサイズの表地、裏地の生地量が判明しました。

でも、これまでの経験上、この一連の羽織の図面では修正が必要な箇所がたくさん隠れているので、描いてから間髪入れずに材料購入へ進んでしまうのは心配だな…。
と思っていたら、案の定、裁断図面で胸ポケットがひと組、足りない事に気がつきました。
飛ばした部分もしっかり描いてからの良さそうだなー。
日暮里は遠いので、買ってから不測の事態が起こっては交通費や材料費の損失が増えてしまう。

決めました。明日買い付けに行くのはやめよう。
友人の展覧会は来週の火曜日までやっているので、来週の月曜日か火曜日に行く目標に変えよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示