本日の日記

10時に起床。

黒いほうの羽織の縫製の続き。
脇のポケットを2箇所縫い付けて、背中心を縫って、そでを作りました。

さて、そろそろ招待状のほうへ。
封筒のデザインをどうするか悩んでいましたが、透明袋のまま差し出すことにしました。
案内状が透けて見えるので、案内状冒頭の文面にある宛名を隠して、配達用の宛名シールを上から貼ろうかなと考えていたんですが、私の電話番号やメアドなども見える状態でした。
なので、全面が隠れるように、A4三つ折りと同じサイズの宛名紙を案内状の上に敷くことにしました。
印刷済みだった宛名シールは破棄して、新たにA4三つ折りサイズで配達用の宛名をデザインし直して印刷。
各小分け袋に分配しました。

そんな作業をしているさなかに、展示会主催者の営業さんから電話が。
招待状足りてる?と。
営業さんから見て、うちの招待状の請求枚数(200枚)は少ないと感じたそうです。
いわく、みんな 1000枚くらい送っているんだとか。
知り合いに10枚ずつ、片っ端から送っているらしい。
うちもその方針ではあるんだけど、送り方が足りないんですかね?(笑)
まぁ招待状はタダでくれるし、3月に食品産業の展示会に遊びに行くことになったから、営業さんに奨められるまま、300枚追加でもらうことにしました。
最初の 200枚と合わせて、合計 500枚ですね。

27人のうち、5枚で送る人が多くて 180枚という計算になったんだけど、全員に10枚ずつ送れば 270枚か。
食品展示会には、10枚を1セットにして、10セット、10ブースに配れば、100枚か。
これで 370枚なので、残り 130枚ですね。
うちの近所に外国人向けのゲストハウスがあれば営業しに行きたいので、それらにも配布する分として十分な枚数ですね。

今日の新聞で知ったんですけど、2020年東京オリンピックの開会式や閉会式の計画を練る式典委員会というのが今春に設置されるんだそうです。
ちょうど展示会が開催されるのが4月一週だから、その頃ですね。
開会式や閉会式で日本選手団が着る服をデザインするのが夢なので、いちおう招待状を送ってみたいと思います。
正直いうと、東京大会は注目度が大きすぎるから、マイナーなどっかの冬季五輪とかから滑り出したいんだけどねw

夜7時頃に作業終了。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示