本日の日記

10時頃に起きました。

洗濯して、部屋をほうきで掃いて、裏地から裁断開始。
裏地は薄いので、水色とオレンジ色を二枚重ねて、裁ちはさみで切ります。
そでと身頃を裁断。
これで裏地は大きい部品は終わったので、そのほかのポケットとか細かいものは明日机の上でやります。

食事をしたあと、黒の表地へ。
毛の向きを確認したあと、後身頃の型紙を置いて、型紙に描いた柄の位置を合わせました。
裁ちはさみで切り始めましたが、生地がぷるぷるして切りづらかったので、生地用のカッター(円刃を転がしながら切るロータリーカッター)に換えて裁断。
柄の位置、型紙の縁からの距離など、正確に切れたと思います。

試作1回目のときは表地も裏地もまとめて1回で切っていましたが、今回は正確に切るために表地は1枚ずつやっています。
前回は重ねたことによって、知らず知らずに型紙が斜めにずれた→生地のタテヨコの繊維の向きに対して斜めに切れた→縫製したら身頃がねじれた、という結果になりました。
今回は少なくとも黒の後身頃は垂直に切れたので、この正確度を保てれば、ねじれることはないと思います。
明日もがんばろー。

夜7時頃に今日の作業完了。
食事して日記を書いて、野球観戦。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示