本日の日記

10時に起床。

羽織の縫製。
黒いほうの羽織で、両脇のファスナーに裏地を縫い合わせました。
昨日は出掛けていたとはいえ、平日も休日も仕事してると嫌気が差してくるわー。
でも自分がやらないとほかに誰もやってくれないのが個人活動の辛いところ。
展示会までのなるべく早いうちに新作の羽織が完成しないと安心できないし。
イライラしながら作業を進めました。

脇の裏地縫い合わせが終わったら午後3時になりました。
昨日実家から庭木に成ったザボンという大型の柑橘類を4個もらったので、ひとつむいて食べました。
品種改良されていないワイルドな果物なので、皮をむくのがとても大変。
外皮の厚みがなんと2センチもあるし。
1時間半も掛けて、1個分をまるごと食べ終わりました。
結構おいしくて、ひまつぶしにもなる良いおやつだけど、お腹一杯だ…。

食休みしながら日記を執筆。
これから午後5時になります。
両脇ファスナーの始端と終端の余分を切り落とす作業までやっておこうかな。

終端はそでが付くのでそんなに問題なし。
ファスナーの務歯(むし)上に、かんぬき止めと呼ばれる縫い目を入れて、終端金具をペンチで固定。
余りの部分をはさみで切り落としました。

始端のほうは、すそになるんですけど、思い描いた通りになるか心配だったので、ファスナーの余分を切り落としたあと、すそを少し縫ってみました。
まぁまぁいい感じで、すそが作れることが確認できました。
夜6時になったので、今日の作業はここまでにしよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示