本日の日記

10時に起床。

羽織の後身頃のすそを補正。
思いのほか手間取って、午後4時に補正完了。

そのあと、そで口の表地と裏地を縫い合わせてみました。
まずは当初の計画どおり、別布無しで。
かなり、くたくたな見た目になりました…。
そで口は、すそよりも視線に近い高さにあるので、くたり具合が目立ちまくりです。
これでは駄目だな、と思ったので、ここも別布式に変えます。

すその補正に使った別布が余っていたのでそれを再利用。
再利用品でまかなえるのは、そで片方分だけでした。
とりあえず先ほど縫ったそで口をほどいて、片方だけ別布を入れてみました。
やっぱり断然見た目がキレイに仕上がりました!

で、ここで問題が…。
黒羽織に使うオレンジの裏地が、もう余分が少なくなってしまい、別布の大きさを採れません。
縫い合わせて継ぎはぎすれば採れるんですけど、本来ない縫い目が入るの微妙。。
92cmの幅なので、買い足すとしたら、必要な長さはたった10cmです。
その10cmの為だけに片道1時間くらい掛けて買い物しにいくのはなぁ。。

おととい試着てみて、えりには芯を追加したほうがいいかなと感じているので、その芯地も一緒に買いに行くかな。
家にある芯地は、軟らかいものと、中肉で少しコシがあるものとがあります。
どちらの硬さがいいか、切れ端の生地に接着して確認しました。
その結果、中肉のほうに決定。
この芯地は黒色しか持っていないので、白い羽織用に白色のものを買い足す必要があります。
ちょうどよかった。
これでオレンジの裏地と、白の接着芯地を買うのをまとめてやりに行けます。

ということで、夜11時頃まで仕事していました。
今朝、残り日数を数えてみたら、あと9日でした。
もう展示会まで10日を切ったんですね…。
来週前半には羽織は仕上がるだろうと思っていたけど、品質を上げるために別布補正をしたから、来週後半の月末まで掛かりそうだなぁ。
価格表を作る時間はギリギリ取れるとは思うけど、頒布物までは用意できないかも知れないなー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示