本日の日記

10時に起床。

羽織のえりの部分の表地と裏地をしつけ留め。
そのあと、えりに芯地を貼ります。

未縫製の試作品用のえりを使って、芯地を試し貼りしてみました。
どの生地でも、芯貼りすると、下敷きとして使っているツルツルの薄い生地に糊が移り付くんですけど、その下敷き生地についた糊が、えりの生地を傷めることが判りました。
この糊を下敷きから落とせるか、ティッシュで試してみました。
この糊は長年の悩みの種でもあります。
アイロンの鉄板面にも付いてしまうんですけど、80℃以上でないと取れないので、安全に取り去る方法を見つけたい。

糊の上にティッシュ敷く。
アイロンで押さえて、糊を熱で軟らかくする。
スチームを吹きかけつつ、アイロンでティッシュを糊にこすりつけて、糊を拭い去る。
ボロボロになったティッシュくずを捨てる。

この方法でかなり糊が落とせることが分かりました!
何年も前に付いた糊も、数年ぶりにほぼ落ちました♪

下敷きがきれいになったところで、本番の生地へ。
おととい買ってきた芯地を裁断して、貼り付けました。
縁の余った部分の芯地を切り落として、芯貼り完了。

買い物と食事をしたあと、テレビでフィギュアスケートを流しながら、ホックやスナップを付ける位置に糸で印をしていきました。
夜9時半に印付け完了。

日記を書いて、夜10時になりました。
お風呂入ろう~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示