本日の日記

9時半に起床。

ブース名の読み仮名を書いた貼り紙を作成。
どの入場券が必要なのかを確認。
実演用のティッシュ箱や、お客さんが資料を入れられるようにA4封筒を追加。
12時少し前に出発。

展示場のブースに着いて、設営開始。
ハンガーラックとマネキン替わりの人形、机と椅子の配置を調整。
ハンガーラックの高さを調節して、ハンガーを増やして、浴衣を掛けていきました。
人形にズボンを履かせて、羽織を着せて、人形の高さを調節。

次は壁面。
ブランド名とデザイナー名が既に掲示されているので、その上にキャッチコピーを貼り、ブランド名の読み仮名を貼りました。
ブランドポスターとスタイリング写真パネルを貼り付け。

次は羽織と浴衣にポップ貼り。
羽織に施していたしつけ糸も取り去りました。

これでブースが完成。
4時間半掛かりました。
2時間くらいで終わるだろうと思っていたので全然違いましたねw

持ち帰る荷物と全部持って、ホール外へ。
届いていたお弁当を食べて、もう一度ブースへ戻りました。
床のじゅうたんに敷かれていたビニールが取り除かれて、本番仕様になっていました。
自分のブースに置いておいたミネラルウォーターを飲んで、ブースの様子をスマホで写真撮影。

今回はデザイナーエリアは上の階にもあるので、前回知り合った作家仲間のブースに寄ってきました。
夜6時半頃に会場を出ました。
帰りの電車の中で日記を執筆。
たぶん帰宅は夜8時頃だと思うので、お風呂入ってゲームして寝よう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示