本日の日記

10時過ぎに起床。

午前中はだらだらとゲーム(笑)

午後2時頃から、明日の着付け講習の持ち物を用意。
私は生徒側です。
着物の男着付けと、袴の着方をやるんだそうです。
自分で着るためのストジャパ浴衣1着と、角帯1本、昔買っておいた女物の袴1着、ゴムベルト3本、紐3本、洋服用ベルト1本、スカート吊りがあるハンガー1本、着物用の折り畳みハンガー1本。

袴はしつけ糸が付いている状態で、どのようにしつけするのか知らないので、写真を撮って、縫う順序をイラストで描きました。
袴の前身頃と後身頃にそれぞれ付いている腰紐は器用な組み方で留められていたので、紐の組み方を研究。
紐の組み方もイラストで描きました。
しつけが付いたままのほうが運びやすいので、このまま持っていくことにしました。
講習では写真に撮ることはないと思うけど、必要ならその場でしつけ糸を取り去れるようにハサミも準備。
取ったあとその場で再しつけを施すことはまずないだろうけど、念のため、裁縫用具の替わりとして安全ピンも持っていきます。

冬に和裁の本からコピーしておいた袴の図と比べてみて、男袴と女袴の形の違いが初めて判りました。

スカート吊り付きのハンガーはプラスチックと針金が組合わさった形状のものなんですが、針金がプラスチックに当たってキイキイ鳴るので、油を差しました。
ハンガーにまで油を差したのは初めてですけど、楽しい♪
講習費用 2,500円も確保。

午後6時頃に準備完了。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示