本日の日記

9時半過ぎに起床。

半年ぶりくらいに、朝食で紅茶を飲みました
(これまではノンカフェインのルイボスティーでした)。
以前の暮らしが戻ってきた感じ。

SNS投稿を実施。

メールを開けてみると、大学のイベントでの展示企画に許可が降りてました!!
展示に使う教室も割り振られていて、教室番号が通知されました。うおー!
さらには、イベントの告知をあちらのFacebookページや大学のホームページなどに掲載するので、原稿を送ってほしいとのこと。
画像データをくれと書いてありましたが、体裁については全然言及されていなかったので、画像サイズ、枚数、文字数などの質問を返信。

まずは Webと学内掲載チラシなどを想定して、横長1枚構成で原稿を作り始めました。
展示名称、教室番号、メイン写真(7月に撮ったバーでのパーティー風写真)、サブ写真(浴衣の製品写真2枚)、キャッチコピー2種類、を盛り込み中。

今日の夜は浴衣の男着付け講習なので、夕方午後5時に原稿作成をやめて、出かける支度。
午後5時半に出発。
電車の中で日記を執筆。

講座では自分でストジャパ浴衣を着て、初めて自分自身で角帯を締めました。
それと女袴を使いましたが、男袴の着方も初めて自分で着てやりました。
股割りも正しいやり方を教わりました。
それと、裾を帯に挟み込んで活動的な姿にする「尻はしょり」なども教わりました。
たまたま、私の今日の服装と浴衣と尻はしょりの相性が抜群だったらしく、写真を撮られるほどスポーティーでカッコいいと人気でした。
これはストジャパのコーディネートにも使える!

今日の講座の Facebookのイベントページに、来月の私の大学での展示を告知する投稿を載せていいよと言ってくれました。
なんと優しい!
うちの角帯の硬さがスタッフさんから喜ばれました。
女性の生徒さんで、おしゃれな柄の角帯がほしいんだけど売ってないから作ってほしいかも、と言っていた人もいました。

講師さんは着物屋さんの男性だったんですが、たまたま縫製の話になると私のことを「かっけぇ」と連呼していした。
着物販売のプロからみて、縫える人はカッコよく見えるのか…。
私は独学且つかなり自己流で型紙作製と縫製をしているので、かっけぇなんて言ってもらえるとは恐れ多いです(^_^;)

講習費 2,500円だったけど、いろいろと収穫の多い講習だったので、参加してよかったです!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示