FC2ブログ

本日の日記

昨晩は疲れて夜9時に床に入りました。
寝付いたのは夜12時くらいでしたが、温かい布団の中に長い時間居たから、身体は休まったみたいです。
9時に起床。

びっくりするほど体が軽い!(°Д°)
昨日までのは何だったのかと思うほど(笑)
今日が体力100%とすると、昨日は30%くらいです(笑)
やっぱり疲れていたんだな。
昨日ストレッチのほかにいくつか対処したのが効いたのかな。

この3日間は台風の北風で涼しくて、冷房を消して自然風を部屋に入れていたんですが、風が強くて体がやや冷えすぎていました。
それから、エネルギーが足りない感じがしたので、昨日の夜ご飯は炭水化物を摂るために、久しぶりにラーメンを食べました。
それから、昨日は緩めのボクサーパンツを履いていたんですが、寝返りを打ったときに腰に負担が掛かっていたみたいで、朝起きたときに疲労感がありました。
今日はちょうどいい下着にしていたので、ぐっすり眠れたようです。

午前10時頃から仕事。
あんなに億劫だったのが嘘みたいに、すいすいしつけできました。
ミシンの針と糸を外して、縫わずに布を送るだけの状態にしてみました。
袖口や肩など、表地の縫い目がある部分にはミシンを入れることが可能なのか、試運転してみました。
そでの表地が邪魔だけど、当て布の縁には一応ミシンが入ることが判りました。
袖口の部分は入らなかったので、ここは手縫い確定ですね。

手縫いする袖口は、何縫いでやろうかなぁ。
一番丈夫な、返し縫いで5センチほど縫ってみました。
手縫いはあんまり上手じゃないので、縫い目の長さが不揃いで、見た目がガタガタしています。
この袖口の部分には元の裏地の擦り切れが無いので、そこまで丈夫にしなくても良さそうだな。
時間も掛かるし。

返し縫いをほどいて、次は並み縫いにしてみました。
少ない時間ですんなり縫い終わったけど、糸が目立つので、いまいち美しくない。。

縫い針に残った余り糸で、反対側の袖口に、別の縫い方をしてみました。
何縫いと呼ぶのか解りませんが、「まつり縫い」と「くけ縫い」を組み合わせたような縫い方です。
縫い糸が生地の繊維と同じ斜めを向いてくれたので、目立たない見た目になりました!
しかも、下の元の生地をしっかりとすくっているので、元の裏地も見えなくてキレイ!
この縫い方で確定だな。
時間はそんなに掛からない縫い方なので、袖口だけでなく、脇の部分もこの縫い方でいいかもしれないな。

午後3時になりました。
食事へ。
日記を半分執筆。
午後5時半になりました。

帰宅して、仕事の続き。
試し縫いを外して、くけまつり縫いしました。
縫い目が目立たなくて、キレイです!
生地の繊維の向きに合わせるよりも、生地端と直角にするのがより目立たないことが判りました。
そうすると縫い目がたった1ミリくらいになるのと、糸端が表地の起毛に消えていってくれるおかげでした。

片方のくけまつり縫いが終わりました。
夜7時半でした。
続いて、最初に縫ったほうの並み縫いを外しました。
こちら側も、くけまつり縫い。
夜8時半に完了。
今日の仕事はここまで。

お風呂に入って、少しゲームして、日記の続きを記入。
夜10時過ぎになりました。
もう少ししたら寝ようかな。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになったゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなくデザイン画を描いていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後、メンズ向けのカジュアル和服ブランド「ストリート・ジャパネスク」を始めました。

2015年にIT業の会社を退職し、個人事業主のファッションデザイナーになりました。起業後2年ほどはブランド運営をメインに活動していましたが、現在は、ブランドのほうはほぼ在庫発送のみです。

現在のメイン業務は、オーダーメイドでの衣服の作製です。和服・洋服・メンズ・レディース問わず対応しています。デザイン/型紙(パターン)作製/縫製を1人でやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示