FC2ブログ

本日の日記

9時頃に起床。
洗濯。

商工会から電話がきて、製品・サービスのカタログが出来上がったそうです。
自宅へ持ってきてくれたので受け取りました。

昼12時過ぎから仕事開始。
おとといくらいに届いた郵便物も開封。
健康診断の受診票も来ました。
受診日は、来月の着物散歩イベントの翌日でした。
ちょうどいいので、翌日に予定が入ったから来月のイベント当日は午後4時までしかいられない、とメッセンジャーの実行委員スレッドで宣言しておきました。

着物散歩イベントで使った物を片付け。
コート補修の代金も封筒で受け取っているので、開封しました。
一筆箋でメッセージが添えられていたので、Facebookメッセンジャーで返事をしました。
着物散歩イベントのほうで人づてに着物の寄付を受けたので、お礼の電話を入れました。
交通費を会計処理。

片付けている間に電話が来て、出てみると、商工会の製品・サービスのカタログを見て、レースのワンピースを作ってほしいという相談が来ましたΣ(゜Д゜)
ご近所にお住まいの方で、商店街で薬局をやっているお宅の奥さんだそうです。
詳しい打ち合わせをするため、あさってに私がご訪問することになりました。

まさか反響があるとは…!
商店街の辺りには服の仕立てをやっているお店が3軒もあるので、それらを差し置いて、うちに相談してくることも驚きです。
ワンピースは、ひざ下よりも長くしてほしいとのことなので、くるぶし丈かな。
さすがに、くるぶし丈のワンピースは量産に向かないので、今どきの市販品では売っていないだろうなぁ。
そういった入手経路の事情が恐らくあるんじゃないかと思います。
電話口から直接聞いた話では、お友達とカタログを眺めていて、オーダーメイドにしては値段が安いよね?!と盛り上がったそうです。
手に入らないし、その値段だったら作ってほしい、というのが恐らく電話した動機なんだろうな。

レース生地は苦手だけど、40代より上の世代の女性には、ものすごく需要あるんだなぁというのを常々感じます。。
現代はバブル期よりも市場に出回っている衣服商品数が多いそうですが、それでも満たせない需要があるんだなと感じます。
初の地元の人からの案件だし、満足してもらえるように頑張ろう。

実際に問い合わせが来て、カタログがきっかけでお客さんがうちを訪れる可能性が出てきたので、商工会からさっき受け取ったカタログの余分を玄関外に設置して、商工会からもらったカタログと同じ内容のポスターを、玄関扉の外側に貼りました。
いつまで貼っておくかは未定だけど、とりあえず次の雨がくるまでは出しておこう。
マンションの同じ階の人たちの目に留まるので、自己紹介にもなるかな。

午後1時半頃からは、コートの縫製を開始。
着物イベントではなく自分の仕事に時間が使えるって幸せ…(笑)
糸が太巻き1駒だけなので、分割します。
ミシンを使って、下糸用の駒2個に電動で巻きました。
もう1駒は、空き駒に手動で巻きました。
手巻きなんて初めてだけど、意外と楽に巻けました。
それらの駒をロックミシンにセットして、表地の生地端をまつり縫いしました。

本縫いミシンに換えて、表地の背中心、脇、肩を縫いました。
夜7時に仕事終わり。

食事して、日記を執筆。
夜8時半になりました。
これからお風呂に入って、ゲームして寝ます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示