FC2ブログ

本日の日記

8時半頃に起床。
イベントで着た長着を洗濯。

午前10時半から仕事。
大判のカッターマットを敷いてコートの裏地を裁断。
2着分の身頃を裁断しました。

1着目は表地がさほど伸びない生地なので、背中心の余分は1センチ入れました。

2着目は柄に方向があったので、型紙を裏返して使えるように、型紙の裏側にも合い印などを記入しました。
このコートを裁断するときは生地を中表にして右半身と左半身を一度に裁断しています。
柄に向きがある場合、中表にすると生地の方向が片方の半身だけ逆さまを向いてしまうので、2着目では、中表にはせずに、半身ずつ裁断しました。

前身頃が終わって、後身頃を片方裁断し終わってから、背中心に余分を入れ忘れたことに気がつきましたorz
この2着目のコートは伸びる表地なので、このコートこそ、余分を 1.5cmずつ入れたかったのに…。
型紙通りのサイズで裁断してしまいました。
柄の方向は合っているので、そこを間違えるのに比べたら、言われなきゃ分からないくらいの些細な着心地の違いだけなので、そんなに心配することはないんだけども。。
残る後身頃のもう半身に余分を入れると、背中心の位置がずれるので入れられない…。

どうにも追加できないので、型紙通りのサイズで作って、納品書に「裏地が窮屈に感じた場合は背中心のところに生地を継ぎ足しできますのでご連絡ください。」と書くことにしました。
忘れないようにメモ。
型紙通りというのは、先日補修を終えて納品した見本品と同じ裏地サイズだし、表地と裏地が離れている「振らし」仕立て方法なので、窮屈に感じることはほぼないと思うんだけどね。

午後4時頃に身頃の裁断が完了。
食事へ。
その道の途中で、明日行くお客さんのお宅の場所を確認。
すぐに発見できました。

食事したあと、レストラン店内で日記を半分執筆。
午後6時頃に帰宅。
ニュースを観たあと、明日お客さんのお宅に赴いたときの挨拶を予行練習。
靴を用意して、タブレット端末にオーダーメイド製品の写真を入れておきました。
そのあとお風呂。

テレビで野球を流しながら、夜9時頃から仕事を再開。
ボタンの作成を開始しました。
表地を丸く切って、金具にはめてみました。
今回の生地も厚すぎてはまってくれなかったので、接着剤を塗って、重しを置いて、一晩乾燥へ。
接着剤で固めるのは今日は1個だけですが、生地を切るところは3つ分やっておきました。

裏地の残りで、ポケットの生地を裁断。
これも、方向がある生地は型紙の裏に線を追記して、生地を裁断。
夜11時過ぎに2着分を裁断完了。
これで明日はロックミシンから進められる!

日記に追記。
夜11時半になりました。
そろそろ寝よう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示