FC2ブログ

本日の日記

10時半に起床。
サッカーのアジアカップも終わったから就寝時間をを元に戻さないとな。
洗濯。

部屋のガス漏れ警報器の交換をやるというので、作業の立ち会い日時を電話で連絡しました。

昼12時過ぎから仕事。
トンビコートの縫製を再開。
本縫いです。
表地の後身頃の肩ダーツ、背中心、脇、脇ポケットを縫いました。
午後4時半に中断。

スーパーへ買い物に行って、帰宅して料理、食事。

夜7時半から仕事再開。
ケープの表地。
後ろの中心側と、脇側のを縫い合わせました。
ケープの肩の部分を縫おうとして、前身頃と後身頃の長さが合わない!
型紙の長さも合っていなかったので、図面を出して原因を探りました。
後身頃は衿ぐりから肩に肩甲骨の分のダーツがあって、衿ぐりの線が肩先のほうへ数センチ下がった位置にあるんですが、その分を含めていなかったようです。

念のため、裏地も前身頃と後身頃のケープ肩を付き合わせてみました。
後身頃側が短いはず。
しかし、なぜか裏地は肩の長さが合ってた…。
こちらは型紙も合っていたので、型紙を図面の上に乗せて調べてみました。
すると、転写する衿ぐりの線を間違えていて、たまたま同じような長さになっていただけでした…。

後身頃の図面は衿ぐりに不要な線がいっぱいあって、それが複数の間違いを引き起こしているので、ケープの線を直すついでに、後身頃は新しい紙に必要な線だけを転写して刷新しような。
背中心の辺りのケープ丈は正しいようなので、脇の部品を直すだけで済むかな。

この合わない表地のケープ脇の部品はどうしようかな。

1、長い前身頃側を切り落として、後身頃に合わせる
→丈が短くなって、お客さんの希望と合わない製品になります。

2、後身頃側のケープ裾に継ぎ足しをする
→後身頃の脇側だけ縫い目ができます。柄もズレた場合は見た目に違和感が出るかも。

3、もう一度生地を買ってきて、該当の部品だけ作り直す
→生地代、交通費、時間を費やします。買った時にはまだお店の反物に残りがあったけど、あれから1ヶ月以上経つので、売り切れている可能性もあります。

今回は納品日も決まってなくて時間には余裕があるので、この際、3にしようかな。
マントとか、次の案件の人たちも、このトンビコートは見るので、良い仕上がりにならなければ次につながりません。
商売繁盛してほしいと願っている弟のためにも、品質第一にしなければ。
経費がかさむのは私の失敗のせいなので、これも経験だと思って、ケチらずに、諦めて出費するべきだな。

まだどこかに問題が隠れているかも知れないので、図面直しや材料購入に取り掛かる前に、胴着などの進められる所は縫製を進めてみよう。

夜9時半過ぎに仕事終わり。

お風呂。
日記を執筆。
夜11時過ぎになりました。

いつもやっている3種類のゲームのうち、イベントで苦労しているキャラゲーで、今日からまたイベントが始まりました。
でも今回は嫌いなキャラのイベントだし、報酬アイテムもそんなに欲しくはない物だったので、たまーに進める程度でいいかな。
イベント中は、ゲームしながら合間に仕事する感じで逆転生活になってしまいます…。
仕事が山盛りだから、そろそろゲーム時間を減らさないとな。
スルーして仕事を進めるには丁度いいかも。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになったゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなくデザイン画を描いていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後、メンズ向けのカジュアル和服ブランド「ストリート・ジャパネスク」を始めました。

2015年にIT業の会社を退職し、個人事業主のファッションデザイナーになりました。起業後2年ほどはブランド運営をメインに活動していましたが、現在は、ブランドのほうはほぼ在庫発送のみです。

現在のメイン業務は、オーダーメイドでの衣服の作製です。和服・洋服・メンズ・レディース問わず対応しています。デザイン/型紙(パターン)作製/縫製を1人でやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示