FC2ブログ

本日の日記

9時頃に起床。
今日も気温が低いですが、よく晴れているので、布団を干しました。

10時過ぎから仕事。
日曜日に行ってきた着物散歩イベントの交通費と、回収したトンビコートの代金・羽織の代金を会計処理。

はんてんの試着結果を確認して、今月に追加で試作する部分を洗い出しました。
袖の形状の案3通り、ポケットはマフ型、裾を折り返し式にして着丈を調節可能に、フードを追加したいそうなので、フードの付け方を3通り。
ポケットの名前は本で確認しました。
パーカーによくある、前のウエストあたりにあるポケットは、マフポケットと呼ぶそうです。
袖、フードの各案を組み合わせて、3種類の試作品のイラストを描きました。

正午になったので昼のニュースを見て、そのあとベランダで日光浴。
もう太ももの付け根は痛くなくなりました。
今日はすっきり晴れているけど、風が昨日より強くて寒い…。
20分ほどで引き上げました。

フード付のはんてんは、イラストにしてみるとなかなかカッコよさそう。
デニム生地に黒スナップを使えば、これ欲しいという男性がほかにも現れそうです。
いっそ試作品を丸ごとデニム生地で作って、試作を兼ねた製品として、いつものイベントへ行商しに行くか?
1万5千円~2万円で買ってくれる人がいるんじゃないかな。

でもなー、試作案のどれか1つだけをデニムにしちゃうと、ほかの2つが見劣りしちゃって、形状の良し悪しが分かりにくくなるんだよね。
試作品は3つとも同じ生地にするのが好ましいので、そうなると、3着分のデニムを買って来なければならぬ。。
部屋に在庫があって無料で作れる天竺綿(シーチング)生地と比べて、生地代や買いに行く交通費など出費が6千円~2万円くらい掛かる…。

やっぱり丸ごとデニムで作るのはやめました。デニム+黒スナップは、組み合わせの風合いだけ分かればいいので、デニム生地は10センチくらいの端切れでいいかな。
シーチング+銀スナップで3着作って、デニム+黒スナップの小さい端切れ見本を用意すればいいかな。

和服では肩がつながっているので、洋服のときのような前身頃と後身頃の設計図は描かなくてもいいかな。
先日作ったはんてんと作務衣の型紙は、これはこれで汎用型紙として持っておきたいので、お客さん仕様のオーダーメイド品のために、はんてんの型紙をもう1セット作ることにしました。

身頃の型紙を作成。

午後3時に休憩。
夜ご飯。
今日からまた始まったゲームのイベントをちまちま開始しつつ、午後5時に休憩終了。

型紙は、3種類兼用にしようと思います。
どうせ3通り作るので、ポケットの深さも3種類にしてみようかな。
袖の位置2種類、ポケットの深さ3種類の線を同じ型紙上に描き入れました。
身頃の型紙がほぼ完成。
あとは裾のスナップの位置を考えて描き込むだけです。
夜7時頃になったので仕事終了。

お風呂。
そのあと日記を執筆。
夜10時になりました。
ゲームを進めて寝ます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになったゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなくデザイン画を描いていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後、メンズ向けのカジュアル和服ブランド「ストリート・ジャパネスク」を始めました。

2015年にIT業の会社を退職し、個人事業主のファッションデザイナーになりました。起業後2年ほどはブランド運営をメインに活動していましたが、現在は、ブランドのほうはほぼ在庫発送のみです。

現在のメイン業務は、オーダーメイドでの衣服の作製です。和服・洋服・メンズ・レディース問わず対応しています。デザイン/型紙(パターン)作製/縫製を1人でやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示