FC2ブログ

本日の日記

朝6時過ぎに起床。

朝8時から仕事。
裁断の続き。
縫い代が狭いのがやっぱり恐くて、型紙より5ミリくらい外側で切っています。
このままいくと、1センチくらい大きいサイズで仕上がるかな…。
身頃や袖は1センチくらい大きくても困らないけど、衿が1センチ大きいと違和感が出るかな…?
合い印は設計通りの寸法で入れているので、生地端からの幅ではなく、合い印で縫製すれば、大体、技術書の通りになるかな。
まぁ、あとから小さくすることは出来るので、5ミリ大きいまま進んでみます。

右のピンタック、後身頃を裁断。
肩ヨークの表面と裏面、左前立て、左カフスの表面と裏面を裁断。
それぞれ切った直後にチャコペンで合い印を記入しています。

昼12時半過ぎに休憩。
昼ご飯。

午後2時過ぎから仕事再開。
右カフスの表面と裏面、胸ポケット、左の袖口開きの剣ボロと下ボロ、同右、ウイングカラーの表面と裏面を裁断。
合い印付けも。
これで演奏会用のシャツの、表地が裁断できました。

床の道具を片付けて、机と椅子を元の位置に戻しました。

ピンタックの裏に使うオーガンジーを前立ての幅に裁断。
幅がギリギリだなぁ。
生地の端のほうがよれているので、アイロンをかけました。
よれは少なくなったけど、ざらついていて肌触りが良くないなぁ。
新しく買いに行ったほうがいいかなぁ?

次は芯地です。
念のため、ワイシャツ縫製のページを開いて、芯地の裁断~貼り方を確認。
いつも芯地は、表地より少し大きめに切って、全面貼り付けして、表地からはみ出た部分を裁ちばさみで切り落としています。
しかし、この技術書では、芯地は表地よりも5ミリ内側の部分に貼る仕様になっていました。

全面貼りではなく5ミリ内寸貼りはあんまりやったことがないので、経験を積むためにも今回は本に従って、5ミリ内寸貼りにしてみよう。
芯地用の型紙を作成。
その途中で、既存の衿の型紙には合い印が足りないことに気がついたので、それも追記。

表地は5ミリ大きく裁断しているので、芯地も同じように5ミリ大きく裁断して貼ると、大きな衿が出来上がります。
本来の設計に沿って合い印縫製した場合は、仕上がり線と芯地の部分が重なるので、結局全面貼りと同じになります。
衿の部品はそんなに大きくなくて、いざとなれば作り直すことが可能なので、とりあえず全面貼り同然になってもいいや。

技術書では、上衿の先端に芯地を二重貼りする仕様になっているので、それもその通りにやってみようかな。
先端用の芯地型紙も作成。
工作用はさみで紙の余白を切り落とし。
机の上にカッターマットを敷いて、ロータリーカッターで芯地を裁断。

アイロンで、衿の表面とカフスの表面に、芯地を貼り付け。
夜6時に仕事終わり。

夜ご飯。
日記を執筆。
夜7時半過ぎになりました。

これからお風呂に入って、夜は少しゲームして寝ます。
今日の夕方からゲームのイベントが始まりました。
しかも今回は好きなキャラで、報酬となるアイテムは攻略上も重要度が高い!
これは全力でイベントを走りながら仕事を進めるしかないな。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになったゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなくデザイン画を描いていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後、メンズ向けのカジュアル和服ブランド「ストリート・ジャパネスク」を始めました。

2015年にIT業の会社を退職し、個人事業主のファッションデザイナーになりました。起業後2年ほどはブランド運営をメインに活動していましたが、現在は、ブランドのほうはほぼ在庫発送のみです。

現在のメイン業務は、オーダーメイドでの衣服の作製です。和服・洋服・メンズ・レディース問わず対応しています。デザイン/型紙(パターン)作製/縫製を1人でやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示