FC2ブログ

本日の日記

朝4時過ぎから布団の中でゲームして、朝6時から二度寝。
午前10時に起床。

午前11時から仕事。
横の棚にタブレット端末を置いて、ゲームのイベントを進めながら、です(笑)

袖本体の袖口側に、剣ボロ開きを作ります。
剣ボロと、対になる下ボロの縫い代を折って、袖本体に切り込みを入れて、切った縁を剣ボロと下ボロで包んで縫いました。
これは技術書の指示通り。

しかし、裏側を見ると、剣ボロと下ボロの付け根の見た目が何か変。
弟の見本品や、私の持っているカジュアルシャツと見比べてみると、やっぱり形が違います。
別の技術書を見てみると、切り込みの入れ方、縫い方が違いました。
そうだよなー。
服の学校でワイシャツを作ったときも、こっちの2冊目のやり方でした。

今回参考にしている技術書では、簡単に縫えるけれども、付け根に生地端のまつり縫いが見えてしまいます。
カジュアルシャツならともかく、このウイングカラーシャツは演奏会用でフォーマルなものなので、通常のきれいに仕上がる方法じゃないとね。
学校で縫ったときに、剣ボロは難しかった記憶があって、こんなに易々とはいかないよ(笑)

さて、切り込みのやり方が違うんだけど、切ったあとからの修正は可能かなぁ?
幸い、縫い代を多めに裁断しているので、ボロを5ミリ上に付けても大丈夫そうだな。

2冊目の技術書を見ながら、ほどいて縫い直し。
切り込みも追加。
最初に切った部分があるので、本来の切り込みの形よりも難しくなるけど、その部分への摩擦を極力減らして巧くやれば大丈夫だと思う。

3回くらい細かい修正をして、ついに裏側がキレイな通常の剣ボロ開きができました!
もう片方の袖も同様に剣ボロ開きを作りました。
こちらは仕上げの縫い目の高さが3ミリほどずれたので、そこを直すだけで済みました。

午後4時になりました。
夜ご飯。

夕方5時から仕事再開。
1冊目の技術書に戻って、身頃と袖を縫い合わせました。
この袖ぐりは、折り伏せ縫いという方法になります。
袖の縫い代を折って、身頃の縫い代を包んでいきます。
縫い代の幅を大きく裁断していたので、うっかり三つ巻きで包んでしまいました。
二つ折りで良かったんだった…。
でも、三つ巻きのほうが高さが出てカッコいいな。
縫い代の幅が広いせいで、二つ折りだと本来よりも幅広な折り伏せになるので、あんまりカッコよくなさそう。
ここは本の指示とは変えて、三つ巻きで折り伏せしました。

夜7時半に仕事終わり。

テレビを見ながらゲーム。
お風呂に入って、そのあと日記を執筆。
夜9時半過ぎになりました。

もう少しでゲームの切りがよくなるので、そこまで進めます。
夜11時くらいには寝られるんじゃないかな。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになったゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなくデザイン画を描いていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後、メンズ向けのカジュアル和服ブランド「ストリート・ジャパネスク」を始めました。

2015年にIT業の会社を退職し、個人事業主のファッションデザイナーになりました。起業後2年ほどはブランド運営をメインに活動していましたが、現在は、ブランドのほうはほぼ在庫発送のみです。

現在のメイン業務は、オーダーメイドでの衣服の作製です。和服・洋服・メンズ・レディース問わず対応しています。デザイン/型紙(パターン)作製/縫製を1人でやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示